妊活と排卵

「赤ちゃんがほしい」と考えている妊活中の男女は、妊娠しやすい日や時期を把握しておくと成功の近道になります。
妊活中は、タイミングよく排卵日を狙うと効果的です。

そこで、毎月の生理の仕組みを理解しておくと、妊娠しやすいタイミングが掴めます。
そこで今回は、生理後の妊娠しやすい排卵日とはいつなのか、生理前後の何日目に妊娠可能性が高まるのかについて検証していきます。

妊活中の排卵日の過ごし方

旦那さんとセックスをしていれば、簡単に妊娠出来ると考えている方もいるかもしれません。
しかし、妊娠するという事は、難しい事でもあります。

それは、生理周期において妊娠出来るタイミングは月に1回と決まっており、妊娠しやすい期間も限られているからです。
妊娠とは、女性の体内で排卵が起こり、飛び出た卵子と精子が受精して、その後成長しながら卵管を通ります。

そして、女性の子宮内膜に受精卵が着床するまでの事を言います。
この排卵のタイミングは、月に1回しかなく、卵子の寿命はだいたい1日しかもたないのです。

その24時間以内に精子と出会えなければ妊娠は成立しません。
そのため、排卵が起きる前数日間に、セックスを行うのが妊娠しやすい時期となります。

妊活中は排卵検査薬で排卵日を予測しよう

妊活中に排卵検査薬で排卵日を予測して、タイミングを合わせると妊娠しやすくなります。
基礎体温による排卵予測が一般的ですが、排卵検査薬を使って排卵日を予測する方法もあります。

排卵検査薬とは、尿中のLH濃度の上昇をとらえる検査薬です。
LH濃度の上昇が始まってから36時間以内に排卵が起こります。

その仕組みを利用して排卵日を予測します。
28日周期の生理の場合、14日目前後2日位で排卵する事が多いようです。

排卵は個人差があるので、自身の排卵パターンに合わせて、検査してみると良いでしょう。
その他にも、病院でエコーによる卵胞チェックによる排卵日予測などもあります。

妊活中の排卵日はおりもので予測しよう

排卵直前にはおりものの量が多くなり、粘着性があって長く伸びるようになります。
色は基本的には透明ですが、少し白くなる事もあります。

一般的に、おりものが少し減った頃に排卵が起きます。
しかし、精子は透明なおりものがある時の方が子宮に到着しやすくなります。

そのため、妊娠を目指すのであれば、透明なおりものが一番多くなる日にセックスを行うと効果的です。
おりものの量が増えて透明になり、指でつまむと伸びるようなら、排卵日が近いと言えます。

状態が変わり始めてから排卵までの時間には個人差があります。
そのため、基礎体温や排卵検査薬などの方法を組み合わせて確認すると良いと言えます。

そして、排卵日をより正確に知りたいという方は、婦人科に相談するのが一番です。
超音波検査で、卵胞の成熟度を見て排卵日を判定してもらう事が出来ます。

妊活中の排卵日は何回で成功する?

妊活中の排卵日は何回で成功するか

妊活してから、何回目の排卵日で妊娠出来るかどうかは、やはり個人差がありますので一概にはいえません。
1発的中の方も人もいれば、何年たっても妊娠出来ないという方もいるからです。

それでもセックスは回数が多いと、妊娠率がアップすることがわかっています。
病院で医師に不妊の相談して、1日おきがベストだと言われた女性が、セックスの頻度を増やしただけで、すぐに妊娠したというケースがあります。

毎月の生理周期が安定している方は、基礎体温表を見るとどのタイミングが排卵日なのかが、分かりやすいのです。
だいたい排卵日だと思う2日前から2日後の間で、4日間が良いタイミングと言えます。

妊活中の排卵中は着床しやすいつて本当?

妊娠した人の中には、妊娠した日を明確にするために、受精した日を知りたいという女性も多いようです。
受精日は、卵子と精子が結びついた日ですが、だいたい排卵日と同じ日と考えて問題ありません。

生理周期が安定している人は、次回生理開始日の約14日前の日です。
生理周期が不安定な時は、受精日を正確に計算するのが難しくなります。

最後の生理が来た日から、およそ14~21日ほど経過した日と考えて良いでしょう。
生理不順の場合、排卵日が予測しづらく、1週間くらいの誤差は生じますので、だいたいで問題ありません。

妊活中は排卵日前に性交すると効果的

排卵期で大切な事は、いつセックスのタイミングを取ればよいかという事です。
まずは、基礎体温やおりもの、排卵検査薬、病院での卵胞チェックなどで、排卵日の予想をしましょう。

基礎体温とおりものを基本して、まずは自分の体から出るサインを見逃さない事です。
排卵日は生理周期が安定している方なら、次回生理予定日の12日~14日前になります。

基礎体温から見るなら、低体温の最終日~体温が上がりだす2日間です。
おりものでみる場合は、水っぽい伸びるおりものが増える頃になります。

一番妊娠しやすいのは、排卵日の2日前~排卵日と言われています。
その頃を見計らって、セックスのタイミングを取ると良いでしょう。

ただし、排卵日が近づくと、ご主人とちゃんとセックスのタイミングが取れるか心配になります。
しかし、男性にあまりプレッシャーを与えるないようにしましょう。

妊活中に妊娠しやすい期間は排卵日5日前から

妊娠の可能性があるのは、排卵までの6日間前後とされています。
排卵までの3日間のセックスは、最も妊娠の確率が高くなります。

また、排卵の3日前から排卵日にセックスを行った時は、妊娠率が最も高い事も分かっています。
月経サイクルが順調な女性の場合、月経が終わった直後から排卵日までセックスを続ける事が望ましいと言えるでしょう。

セックス後は、精液が流れないように安静にして、女性のお尻を少し高めにしておきましょう。
精液が膣外に出にくくなり、妊娠しやすくなります。

妊活中の排卵誘発剤の副作用は?

妊活中の排卵誘発剤の副作用

排卵誘発剤は、不妊治療の現場ではよく使われる薬です。
排卵誘発剤とは、下垂体から分泌される卵胞を育てる働きがある卵胞刺激ホルモンを刺激します。

あるいは、卵巣から分泌される卵胞ホルモンを直接刺激する事で、卵胞を育て排卵しやすくさせる薬です。
無月経や無排卵周期症、ときどきしか排卵しない散在性排卵周期症、多嚢胞性卵巣症候群などの排卵障害に使用されます。

黄体機能不全や沢山の卵胞を育て、妊娠率をアップするための人工授精や体外受精の前にも使用されるものです。
副作用としては、卵巣が過剰に刺激される事で卵巣が腫れて、お腹の張りや腹水、胸水、呼吸がし辛さなどの症状が出る事があります。

軽症の場合は安静でよくなる事もありますが、重症になると入院して治療が必要になります。

妊活中の排卵期に良い食べ物は?

妊活中の排卵期に良い食べ物

妊活中は、体を温めて良い食材を摂るように心掛けましょう。
体を冷やさないという事は、妊活中の基本です。

体が冷えると、血流が減り、黄体ホルモンが減少したり、卵子が育ちにくい子宮・卵巣環境を作ってしまうのです。
にんじんやごぼう、かぼちゃなどの根菜類、黒豆や小豆などの豆類、しょうがやねぎなどの薬味類も良いでしょう。

果物であれば、りんご、さくらんぼ、オレンジなどが体を温める食材として有名です。
特にたんぱく質は体の20%を占め、筋肉・皮膚・髪やホルモン・免疫体など体の重要な要素を構成しています。

また、胎児の成長にもたんぱく質は欠かせません。
たんぱく質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品などの食材に多く含まれています。

妊活中は、たんぱく質の豊富な食材を食事に取り入れましょう。

妊活中の排卵日は飲酒・お酒を控えよう

妊活中の方は、着床時期の行動が原因で、着床に失敗したらと心配になる事もあるでしょう。
しかし、日常生活の範囲で着床に影響を与える行動はほとんどありません。

例えば、着床した可能性のある時期に飲酒をしてしまったとしても、過度なものでなければ心配し過ぎる必要はないのです。
ただし、妊娠中の女性が過度に飲酒すると、生まれてくる胎児に低体重や奇形などの胎児性アルコール症候群を引き起こすリスクがあります。

妊娠した後のことを考えて、妊活中から飲酒を控えておくと安心です。
良く飲酒に関して言われているのは、妊娠が分かった時点で、飲酒は止めるという事です。

妊活中の排卵後に生活する上での注意点

妊活中の排卵後に生活する上での注意点

排卵前後にセックスすると、着床がアップすると分かりました。
では、妊活中の排卵後に生活する上での注意点は何でしょうか。

いつも通りの生活を送る事が基本ですが、過度な運動は避けなければなりません。
登山やフルマラソンといった、体に強い負荷の掛かる運動は避けた方が良いと言えます。

ただし、ジョギングやヨガなど、適度に体を動かすものであれば、体調を整えるので大丈夫です。
また排卵後にタバコを吸う事は、血行が悪くなり、十分な栄養が子宮へ届かなくなってしまう恐れがあります。

妊活中に喫煙の習慣がある人は、妊娠を考え始めた時点で、禁煙を始めるようにしてください。
妊活中は飲酒や喫煙を控えて、睡眠・食事・適度な運動を心がけて、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

あまり考え過ぎず、大切な人たちとの何気ない時間を大切にしましょう。

妊活中の排卵日は風邪薬を飲んでも大丈夫?

妊活中に風邪薬を飲むと、妊娠した時に胎児に奇形の可能性や障害が残るのではないか、と心配になるかもしれません。
薬にも種類が様々で一概には言えませんが、ほとんどは心配ありません。

もし心配するなら、特に超妊娠初期は細胞分裂をしている時期ですので、風邪薬は避けた方が良いでしょう。
市販の薬はたいてい2日あれば、体外に排出されますから、そこまで神経質になる必要はありません。

普通の風邪薬程度であれば、結果的に問題なかったという事もあります。
しかし、アルコールやたばこは、風邪薬以上に気を付けた方が良いと言えます。

どうしても心配な場合は、病院で妊活中であること、妊娠している可能性があることを、医師に伝えてから薬を処方してもらうようにしましょう。

妊活中の排卵後は運動を避けるべき?

平均的な生理周期の場合、生理開始日から2週間後に排卵日を迎えて、それから約1週間で着床します。
激しい運動をすると、着床が妨げられるのではないかという不安もあるでしょう。

しかし、多くの場合、普段通りの生活を送っていて問題ありません。
過去に流産の経験があったり、体質的に妊娠しにくいなど事情がある場合は、意識的に運動を控えた方が無難です。

ジョギングやヨガ・ストレッチといった軽い運動は問題ありません。
しかし、腹筋など子宮により負荷が掛かる運動は避けましょう。

妊活中の過度なストレスは排卵に悪影響

あまりにストレスを感じると、不正出血に悩む女性が多くいる事も確かです。
強いストレスにより、自律神経の働きを乱してしまう事があります。

交感神経と副交感神経のバランスが保たれず、体の緊張状態が続いてしまうからです。
それにより、血行不良を引き起こす事で体を冷やし、子宮周辺の血流を滞らせてしまいます。

妊活中は、受けたストレスを早めに解消する事が大切と言えます。
副交感神経は夜間に働きやすいため、夜は早めに夕食をとり、リラックスして時間を過ごしましょう。

バスタイムに、好きな香のアロマオイルなどを取り入れる事も効果的です。
また、夜間は暖色系の間接照明が自然な眠りを促すとされ、朝まで良質な睡眠を導きます。

妊活と排卵のまとめ

妊活と排卵のまとめ

排卵日のタイミング法で、精子と卵子が上手く出会い、受精・着床がうまく行けば、妊娠する事が出来ます。
そのためには、自分の排卵日を狙って、妊娠率をアップしていきましょう。

そして、妊活中は卵の質を良くするための体作りをしてください。
適度な運動や冷えとり、食事、そして妊活サプリによる体質改善を心がける事が大切です。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。