葉酸入り牛乳

最近スーパーマーケットに行くと、葉酸入り牛乳というのを見かけますよね。
葉酸は、葉物野菜のイメージが多いのですが、もともと牛乳には葉酸が入っています。

そして、葉酸入り牛乳となると、通常の10倍以上配合!というCMまであります。
では、妊娠初期に必要な葉酸量は、葉酸入り牛乳だけ飲んでいれば、足りるのでしょうか?

葉酸入り牛乳の葉酸含有量は?

葉酸入り牛乳の気になる葉酸含有量を調べてみました。
スーパーでよく見かける雪印メグミルクと、明治ラブの表示を見てみます。

メグミルクは、コップ1杯(約200ml)あたり120μg、明治のラブには100μgの葉酸が含まれています。
通常の牛乳には、平均でコップ1杯あたり10μgの葉酸が含まれていますので、確かに約10倍の葉酸が含まれています。

葉酸入り牛乳の特徴は、葉酸以外にも、カルシウム、鉄分、などが配合されているので、妊娠中に牛乳を飲むなら、葉酸入り牛乳を選びたいですね。
そして、葉酸入り牛乳は、低脂肪乳で低カロリー、そしてクセがなくさらりとしているので、つわりの時期でも飲みやすいと人気です。

妊娠初期は葉酸入り牛乳だけで必要量を摂れる?

妊娠初期は葉酸入り牛乳だけで必要量を摂れるのか

葉酸入り牛乳の葉酸含有量をコップ1杯あたり約100μgとしましょう。
妊娠初期に必要な葉酸量は1日400μgですから、コップ4杯で足りる事になります。

しかし、牛乳には葉酸やカルシウムの他に、脂肪分などを多く含んでおり、カロリーも高いのです。
体重管理が厳しい妊娠中に、コップ4杯もの牛乳を飲む事はオススメ出来ません。

また、日本人の多くは牛乳に対する消化能力が低いと言われています。
毎日沢山の牛乳を飲む行為は、下痢を引き起こす原因にもなるでしょう。

そして、何より牛乳に含まれる葉酸は吸収率が低ため、葉酸入り牛乳だけでは妊娠初期に必要な量を補う事は難しいのです。

葉酸入り牛乳のからだへの吸収率は?

牛乳に含まれる葉酸の身体への吸収率は50%ですので、あまり効率的な葉酸の摂取方法とは言えません。
妊娠初期に必要な葉酸の摂取量400μgをしっかり摂るためには、葉酸サプリメントを飲むことが一番確実。

なぜなら、サプリメントに含まれる合成葉酸の身体への吸収率は約90%もあるので、大変効率よく葉酸を摂取出来るからです。
特に妊娠初期は、葉酸はDNAの形成を助ける働きをサポートして、赤ちゃんの脳や脊髄が作られていくので、葉酸不足に気を付けなければなりません。

妊娠初期は、葉酸入り牛乳だけで葉酸を摂るのではなく、確実に体内へ葉酸を吸収させるために、高品質の葉酸サプリメントを利用する事をオススメします。

葉酸入り牛乳は加熱すると葉酸は減る?

葉酸入り牛乳は加熱すると葉酸は減ってしまうのか

葉酸は、脂溶性ビタミンの一種で、熱や水に弱い性質を持っています。
牛乳を温めたり料理に使うと、残念ながら葉酸含有量が減ってしまいます。
葉酸入り牛乳を飲む時は、加熱したり調理には使わずに、そのまま飲んだ方が、葉酸をしっかり摂取できます。

妊娠中に葉酸入り牛乳を飲むメリットとは?

妊娠中に葉酸入り牛乳を飲むメリット

葉酸入り牛乳を妊娠中に飲むメリットは、妊娠中に不足しがちなカルシウムや鉄分が一緒に摂れることです。
メグミルクにはコップ1杯分あたり340mgのカルシウムと3.4mgの鉄分が、明治のラブには350mgのカルシウムと3.8mgの鉄分が配合されています。

カルシウムは、妊娠・出産に大量消費されます。
カルシウム不足になると、赤ちゃんの骨や歯が丈夫に育たず弱らせてしまう事になるので、気を付けなければいけません。

また鉄分は、不足すると貧血になりやすくなり、お腹の中の赤ちゃんに送られる鉄分が減ると、成長に影響を与えて未熟児になってしまう場合もあります。
毎日1日1杯から2杯の葉酸入り牛乳を飲むことは、妊娠中に手軽に栄養補給出来るのでオススメです。

妊娠中に理想的な葉酸の摂り方とは?

妊娠中に理想的な葉酸の摂り方

葉酸入り牛乳は手軽に多くの栄養素が摂取できて、メリットがいっぱいあります。
しかし、先程も述べたように、妊娠中に必要な全ての葉酸摂取量を、葉酸入り牛乳から摂ることは、カロリーや吸収率の面から難しいと言えます。

妊娠中はバランスの良い食事と葉酸入り牛乳を適度に飲みながら、葉酸サプリメントを主体にして、葉酸を摂っていくのが一番効率的な方法です。

妊娠中の葉酸入り牛乳のまとめ

妊娠中の葉酸入り牛乳のまとめ

葉酸入り牛乳は、妊娠中に嬉しい多くの栄養素が含まれているので、オススメの飲み物です。
しかし、妊娠中は、葉酸入り牛乳だけで必要な摂取量を摂るのは、あまり適切ではありません。

妊娠中の葉酸摂取の基本は、バランスの良い食事と葉酸サプリメントで、しっかり身体に吸収させる必要があります。
そして、妊婦中に牛乳入り葉酸を飲みすぎると、カロリーオーバーや脂質の取り過ぎとなり、妊婦の身体の負担になりますので、気を付けなければなりません。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり