妊娠中にグレープフルーツジュース

妊娠中は味覚が変わり、酸味があるフルーツやジュースを食べたくなる方が多いのです。
その原因は妊娠により、身体のホルモンが変わり、胃や口の中をサッパリさせたい気持ちになるためだと言われています。

特にグレープフルーツジュースは、つわりが辛い時でも飲みやすいと言われ、妊婦が好む飲み物です。
それでは、妊娠中にグレープフルーツジュースを飲む際の注意点を見ていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した葉酸サプリを見てみる。

妊娠中に100%グレープフルーツジュースを飲んでも大丈夫?

妊娠中に100%グレープフルーツジュースを飲んでも大丈夫ですので、心配はいりません。
グレープフルーツには、ビタミンC、クエン酸、ナイギリンといった栄養成分が豊富に含まれていますので、妊娠中にオススメです。

妊婦は鉄欠乏性貧血になりやすいので、ビタミンCは積極的に摂りたい成分のひとつとなっています。
ビタミンCは摂取しすぎても、尿となって排出されるので、副作用もありません。

そして、グレープフルーツ1個あたりのカロリーは約80kcalですので、ヘルシーですからカロリーオーバーの心配もないのです。
食欲がないつわりが辛い時も、さっぱりと食べやすいので、つわり時期は、グレープフルーツでビタミン補給をしながら乗り切りましょう。

妊娠中にグレープフルーツジュースはどのくらい飲んで良い?

妊娠中にグレープフルーツジュースはどのくらい飲んで良いのか

果汁100%のグレープフルーツジュースの葉酸含有量は、葉酸がより多いとされるピンクグレープフルーツのジュースであっても、100gあたりたった約15μgだけです。

グレープフルーツジュースを飲み過ぎても、葉酸の過剰摂取の心配はなく、健康被害が起こることはありません。
グレープフルーツジュースを飲む時は、ビタミンが豊富なストレートタイプか濃縮還元タイプの果汁100%を選ぶようにしましょう。

そして、妊娠中に、グレープフルーツを食べてももちろん大丈夫ですが、国立栄養・健康研究所によると、果物の1日の摂取目標は200g程度です。
1日にグレープフルーツを食べる量は、1~3個が適当となります。

そして、妊娠中はグレープフルーツジュースだけでなく、色々な果物や野菜をバランスよく食べることがとても大切です。

妊娠中のグレープフルーツジュースの防カビ剤に気を付けよう

妊娠中のグレープフルーツジュースの防カビ剤に気を付けよう

日本で現在、市販されている多くのグレープフルーツは、フロリダや南アフリカからの輸入品です。
グレープフルーツやオレンジなどの輸入柑橘類には、防カビ剤が使用されています。

あまり気にするほどではありませんが、妊娠中に防カビ剤を多量に摂取すると、胎児に先天性障害のリスクが高くなります。
輸入物のグレープフルーツを食べる時は、皮をむく前に、表面を水で10秒ほどこすり洗いしましょう。

グレープフルーツをよく食べる妊婦は、国産やオーガニックを選ぶと安心です。

妊娠中に100%グレープフルーツジュースを飲むと嬉しい効果とは?

妊娠中に100%グレープフルーツジュースを飲むと嬉しい効果

グレープフルーツジュースには、食欲を押さえてくれる食欲抑制、満腹感、そして、風邪等を引きにくくしてくれる免疫力の低下を防ぐ効果があります。
グレープフルーツを食べたり、グレープフルーツジュースを飲むと感じる苦味成分ナリンギンは、食欲を抑えたり、満腹感を与えてくれます。
 
さらには、妊娠中に気持ちを安定させるリラックス効果、さらに、老廃物や余分な水分を排出するため、むくみ予防効果があります。
赤ちゃんが体内にいる事や思うように運動が出来ない場合には、グレープフルーツに含まれるカリウムがむくみ防止に繋がります。

グレープフルーツジュースは妊娠中に必要な葉酸が含まれている?

グレープフルーツジュースは妊娠中に必要な葉酸が含まれているか

グレープフルーツジュースにも葉酸が含まれています。
しかし、妊娠中に必要な葉酸の量をグレープフルーツジュースで補う事は出来ません。
厚生労働省が推奨している妊娠中の葉酸摂取量は1日400μgです。

グレープフルーツの葉酸の量は、15μg/100gですから、グレープフルーツひとつ(平均210g)を食べた場合は約30μgとなります。
これは、妊婦が1日に必要な葉酸の量のたった約6%です。

妊娠中の葉酸不足は赤ちゃんの先天性奇形などのリスクを上げてしまうため、推奨量をしっかりと摂ることが重要です。
厚生労働省は葉酸の摂取は、葉酸サプリメントを推奨しています。

妊娠中にグレープフルーツを食べることで、葉酸は摂取出来ます。
しかし、十分な量とは言えないので、サプリメントとの併用がオススメです。

⇒管理人も実際に利用した葉酸サプリを見てみる。

妊娠中のグレープフルーツジュースのまとめ

妊娠中のグレープフルーツジュースのまとめ

グレープフルーツには葉酸やビタミンCなどが含まれ栄養価が高く、つわりが辛い妊娠初期などのビタミン補給にオススメです。
しかし、グレープフルーツジュースだけで推奨量の葉酸を摂ることは難しいので、サプリメントなどで補う必要があります。

妊娠中の葉酸は、バランスの良い食事と葉酸サプリ、そしてグレープフルーツジュースを組み合わせて、うまく必要摂取量を取りましょう。

当サイトの管理人も利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを選ぶ際には、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。