葉酸とエストロゲン

妊活には様々な方法がありますが、できれば自然妊娠が一番理想的ですよね。
自然妊娠するためには、まず基礎体温を計り、自分の排卵日を特定する事から始まります。

すると、自然妊娠の確率が高くなるわけです。
しかし、忙しい現代の女性は様々な要因により、ホルモンバランスが乱れやすく、基礎体温が安定していない人が多いのです。

この基礎体温と深い関わりがあるのが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンです。
不妊症に悩む方は、たいてい基礎体温の乱れにより、エストロゲンの分泌量が少なくなっています。

このエストロゲンの分泌量を増やすには、妊婦さん必須の栄養素として有名な「葉酸」が役立つと再注目されています。
そこで今回は、葉酸はエストロゲンにどう影響するのかについてご説明しましょう。

不妊症はエストロゲンの分泌量が少ないのが原因

エストロゲンとは、別名「卵胞(らんほう)ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンの一種です。
エストロゲンは、排卵と深い関わりがある女性ホルモンのひとつです。

エストロゲンがしっかり分泌していれば、妊娠力は確実にアップします。
基礎体温の低体温期は、正常であれば2週間前後です。

しかし、3週間以上続く場合は、不妊の可能性があります。
低体温が長くなる理由は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が少ないからです。

それは、身体の冷えや睡眠不足、また偏った食事によって、自律神経の乱れてしまい、栄養不足になっていることが原因です。
もし、基礎体温がバラバラのままだと、いつ排卵しているのかタイミングが掴めなくなってしまいます。

葉酸サプリでエストロゲンが増えて妊娠力がアップ

葉酸サプリはエストロゲンを増やして妊娠力をアップする

では、本当に葉酸によって、エストロゲンを活性化させる事は出来るのでしょうか。
オランダの医療機関より、葉酸は卵胞の発育を良くするというデータが発表されています。

卵胞の発育は、エストロゲンによって行われます。
つまり、葉酸を摂取して、卵胞の発育を良くなれば、エストロゲンの分泌量を増やせるというわけです。

このように、葉酸は低体温期が長い不妊症の改善にも、効果的と言えるのです。

葉酸サプリは基礎体温を整えてエストロゲンを増やす

葉酸は「造血ビタミン」とも呼ばれ、血液のもとになる「赤血球」を作る働きをします。
そして、葉酸はビタミンB12と同時摂取する事で、造血作用をさらに高めます。

不妊症の方は、ほとんどが血行不良で貧血や冷え性のため、基礎体温が低めです。
基礎体温が低いままでは、エストロゲンが分泌されません。

そのため、不妊症となり、不妊治療をしなければならなくなります。
そこで役立つのが、葉酸とビタミンB12の造血作用です。

葉酸とビタミンB12は共に働き、赤血球を作り、血液を増やす作用があります。
血液が増えれば、自然と基礎代謝が高まるので、それに合わせて、卵巣や子宮の働きが良くなります。

葉酸には、このように自律神経のバランスを整える効果もあります。
そして、卵巣機能の活性化も期待出来るのです。

葉酸サプリはエストロゲンを増やしてホルモンバランスを整える

私たちは、よく女性ホルモンという言葉を聞きます。
これは主に「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量のバランスを指しています。

プロゲステロンには基礎体温を上げる役割があり、逆にエストロゲンには下げる役割があります。
このエストロゲンとプロゲステロンは、常にどちらかが優位に立ち、排卵から月経までの周期を整えている大切なホルモンです。

妊活のために、基礎体温を記録するのは、どちらのホルモンが優位に立っているのかを想定して、排卵日を予測するためです。
つまり、ホルモンバランスが整っている人は、基礎体温の高温期と低温期がしっかりと二層に分かれています。

基礎体温が安定しない不妊症の方が葉酸を摂る事と、たっぷりと血液が作られ、冷えが改善されていきます。
すると、エストロゲンの分泌量が増える事により排卵が促されます。

そして、ホルモンバランスが整い始め、基礎体温が安定してくるのです。

葉酸サプリはエストロゲンを増やして更年期障害を改善する

更年期障害は、自律神経の乱れによるホルモンバランスの乱れが原因です。

ホルモンバランスが正常ではないため、エストロゲンの分泌量が激減しています。
実際に、自律神経は、ホルモンバランスと対になって働いています。

つまり、自律神経を整える事により、自然とホルモンバランスが整ってきます。
そして、エストロゲンの分泌量も次第に増えてくるのです。

また、自律神経とは、臓器等の働きをコントロールしている神経でもあります。
葉酸をしっかりと摂る事で自律神経を整えて、エストロゲンの分泌量を増やす効果が期待出来ると言えるでしょう。

エストロゲンを増やす葉酸はサプリから摂ろう!

エストロゲンを増やして、基礎体温を安定させるためには、毎日しっかりと葉酸を摂る事が大切です。
厚生労働省は、妊活中から1日400μgの葉酸を毎日サプリから摂取する事を推奨しています。

食品から栄養素を摂る事は、理想的と言えます。
しかし、葉酸は水溶性ビタミンであるため、水洗いや加熱に弱く、調理中にその多くが失われる弱点があります。

また、食品に含まれる葉酸の体内吸収率は約50%です。
そのため、食品から葉酸をたっぷり摂る事は難しいと言えます。

葉酸はサプリから摂ると、吸収率が約90%もあります。
そのため、確実に体内に摂りいれる事が出来ます。

そして、葉酸サプリには、妊活や妊娠に必要な栄養素がバランス良く配合されているので効率的です。
つまり、葉酸サプリなら、エストロゲンを増やす葉酸の効果も期待出来ると言えます。

葉酸とエストロゲンのまとめ

葉酸とエストロゲンのまとめ

不妊症の方は、葉酸サプリを飲む事で基礎体温が整い、不妊症が改善される事が分かりました。
その理由は、葉酸は造血効果があるため、血行と代謝がアップして基礎体温が上がるということ。

そして、卵胞ホルモンの分泌が良くなり、低体温期が正常になります。
注意したい事は葉酸は薬ではなく、あくまでもビタミンです。

そのため、飲んですぐ効果が出るような即効性はありません。
しかし、身体は口に入る栄養素から作られています。

葉酸サプリを継続して飲み続ければ、妊娠力を確実にアップする事が出来ます。
体を作っている血液や細胞が、生まれ変わるサイクルは約3ヶ月です。

そのため、最低でも3ヶ以上は試してみてください。
妊活中は妊娠に向けて、サプリを利用して、葉酸を積極的に摂っていきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。