葉酸とキャベツ

スーパーに行くと必ずあり、メイン料理や副菜にも使えるキャベツは、とても使い勝手が良い食材ですよね。
食卓に、キャベツを使った料理を並べる事が多い妊娠さんも多いと思います。

葉酸の含有量、キャベツに含まれるその他の栄養価や妊婦に嬉しい効果はどんなものがあるのでしょうか。
今回は、キャベツと葉酸、妊娠中に食べるメリットについて、ご紹介していきます。

キャベツの葉酸含有量は?

妊娠中は、胎児の先天性病気を防ぐために多くの葉酸を食べ物から摂取しましょう。
食卓に並ぶ 頻度が高いキャベツは、どれだけの葉酸量があるか気になりますよね。

キャベツに含まれる葉酸含有量は、100gあたり78μg、芽キャベツは220μgです。
小さな芽キャベツの方が普通のキャベツよりも3倍近くあります。

キャベツを食べるなら芽キャベツを選ぶと良いでしょう。
キャベツは煮たり焼いたり生で食べる事も出来て、様々な献立に使う事が出来て便利な食材です。

また、一個100円以下と大変安いため、経済的で一年中手に入れられるメリットもあります。

葉酸含有量はキャベツとレタスのどちらが多い?

レタスの葉酸含有量は100g当たり73μgに対して、キャベツは78μgです。
ですから、レタスもキャベツのほとんど葉酸含有量が同じと言えます。

基本的に葉物野菜には葉酸が多く含まれているので、積極的に摂るようにしましょう。
ただし、基本的に食品に含まれる葉酸は合成葉酸なので、熱や水に弱く調理中に葉酸が流れ出てしまうというデメリットがあります。

ですから、キャベツもレタスも、煮たり炒めたりすると葉酸が減ってしまいます。
キャベツに含まれる合成葉酸は体内への吸収率も50%と少ないので、食べ物から葉酸を摂取するのは意外と難しいのです。

そのため、厚生労働省は食べ物以外に、サプリメントから400μgの葉酸を摂取するように推奨しています。

キャベツに含まれる葉酸以外の栄養素とは?

キャベツに含まれる葉酸以外の栄養素

キャベツに含まれる栄養素葉酸以外に、ビタミンCとカルシウムが豊富です。
キャベツにはビタミンC含有量は100gあたり44mgもあるのです。

ビタミンCを多く摂取すると、体内の活性酸素を除去してくれるため、風邪予防や免疫力が上がります。
ビタミンCも葉酸と同じく水溶性ビタミンのため、熱や水に強いというデメリットがあります。

そのため、妊娠中生で食べると栄養補給に効果的です。
妊娠中にカルシウムが不足してしまうと、胎児が脳や骨、歯、髪の形成が上手く働きません。

そして、低体重や流産になってしまう可能性があります。
キャベツには、妊娠中に必要な葉酸やビタミンC、カルシウムが多く含まれているので、積極的に食べていきましょう。

キャベツは尿酸値を下げる効果がある

キャベツは、痛風の原因となる尿酸値を下げる効果があります。
痛風とは脂質や糖質などコレステロールの高い食生活により、血液中の尿酸値が上がってしまう病気です。

痛風になると、体の節々に 非常に我慢出来ないほどの痛みを伴います。
痛風の方は、アルカリ性のキャベツを食べる事によって尿酸値を下げる事は出来るのです。

日頃から乱れた食生活をしている方やアルコールを多く摂取する方は、キャベツを多く摂取する事で、尿酸値を下げて痛風を予防する事が出来ます。

キャベツで不足する葉酸はサプリから摂ろう!

キャベツだけでは不足する葉酸はサプリから摂ろう

キャベツには、100gあたり78μgの葉酸を配合しています。
しかし、妊娠中には400μgの葉酸を摂取しなければなりません。

どんなにキャベツを多く摂取していても、妊娠中に必要な葉酸量をキャベツだけで摂取する事は出来ないのです。
それは、キャベツなど食べ物に含まれる葉酸は天然葉酸のため、吸収率が半分以下しかありません。

そのため、厚生労働省も妊娠中は葉酸は食べ物からだけではなく、サプリメントから摂取するように推奨しています。
サプリメントに含まれる葉酸は合成葉酸のため、90%以上も体内に摂取する事が出来るのです。

毎日キャベツばかり大量に摂取する事は現実的ではありません。
妊娠中に必要な一日の葉酸摂取量は、食べ物だけでなくサプリメント併用して取っていくようにしましょう。

葉酸とキャベツのまとめ

葉酸とキャベツのまとめ

キャベツに含まれる葉酸やビタミンCやビタミンUは、熱や水に弱いという性質があります。
よって、加熱調理に水に漬けておくと、栄養がどんどん流れ出てしまい、半分以下の栄養になってしまいます。

栄養素が失われるのを防ぐためにも、キャベツはサラダやコールスローなど生で食べた方が効率的です。
他には、ロールキャベツやポトフなどの煮込み料理は、溶け出てしまった栄養もスープでしっかり摂れるような工夫をすると良いです。 

キャベツはクセのない味なので、妊娠中はぜひ冷蔵庫に常備して、料理に使っていきましょう。
そして、妊娠中は葉酸を必要量しっかり取るためにも、キャベツだけに頼らす、葉酸サプリを併用するのがオススメです。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり