葉酸とぶどう

ジューシーで酸味のあるぶどうは、つわり中もお世話になったという妊婦さんが多いのではないでしょうか。
しかし、ただ美味しいだけではなく、葉酸などの必要な栄養素も含まれていたら嬉しいですよね。

りんごやバナナなどと並んで、妊娠中に食べる果物としては医師にも推奨される事の多いぶどう。
果たしてどんな成分が含まれていて、葉酸などの栄養素の含有量はどのくらいなのでしょうか。

またぶどうに含まれる葉酸の量だけで必要な分は足りるのか、そしてぶどうの食べ方に関する注意点なども気になります。
そこで今回は、ぶどうの葉酸含有量と、妊婦さんにオススメな理由を詳しくご紹介していきます。

ぶどうの葉酸含有量はどのくらい?

ぶどうは妊婦さんにとって好まれやすい果物ですが、葉酸含有量は100gあたり4μgと多い方ではありません。
妊娠中は普段の葉酸摂取量に加えて、さらに400μgを摂取する必要があります。

そのため、ぶどうを100g食べたとしても100分の1ですから、全然足りません。
ぶどうからでは1日に必要な葉酸を摂取するのは、まず不可能だと考えて良いでしょう。

果物の中で葉酸含有量ナンバー1のドリアンですら100gあたり150μgなので、果物から十分な量の葉酸を摂取する事は現実的に難しそうですね。
また、葉酸は水溶性ビタミンなので、体への吸収率があまり良くはありません。

葉酸を体に効率的に取り入れるには、吸収率の良い合成葉酸の含まれた葉酸サプリなどを活用するのが一番なのです。

ぶどうジュースに葉酸は含まれる?

ぶどうは最初に期待したよりも、かなり少ない葉酸含有量でした。
では、ぶどうジュースにはどれだけの葉酸が含まれるのかと言うと、コップ1杯200mlあたりたったの2μgになります。

ぶどうジュースにすると葉酸はさらに半分の量になってしまい、ますます十分な摂取が難しい状態になってしまうのです。
そして、ぶどうジュースは甘みが強いので、コップ1杯で100キロカロリーを超えてしまいます。

体重管理がひとつの課題である妊婦さんにとって、ぶどうジュースは毎日飲むようなものではない事が分かりますね。
葉酸以外にもジュースからは十分な量の栄養は摂取出来ないので、妊娠中は控えた方が良さそうです。

ぶどう以外から葉酸を摂取するにはサプリがオススメ

ぶどう以外から葉酸を摂取するにはサプリがオススメ

ぶどうからは葉酸の摂取があまり期待出来ないという事で、効率的に体に取り入れるには葉酸サプリがオススメです。
例えば、ベルタの葉酸サプリには1日に必要な400μgの葉酸が含まれており、その他にも妊婦さんに必要な栄養素をバランスよく含んでいます。

また、ぶどうのように体に吸収されにくい葉酸と違って天然由来の合成葉酸を配合しているので、より効率的に吸収されるのです。
妊娠中は食欲が減退する時期が多いので、葉酸サプリを使って手軽に飲む事が出来れば栄養面での不安は解消されますね。

サプリメントと聞くと添加物などを心配している人も多いかもしれませが、ベルタの葉酸サプリは無添加で余計なものは入っていません。
本当に必要な栄養素のみを凝縮しているので、デリケートな妊婦さんでも安心して飲む事が出来ます。

葉酸の必要な妊婦さんにはぶどうがオススメな理由

葉酸の必要な妊婦さんにはぶどうがオススメな理由

葉酸の摂取のために妊婦さんがぶどうを食べるのはオススメしません。
しかし、ぶどうには葉酸以外に体に良い効能があります。

ぶどうに豊富に含まれるブドウ糖は、お腹の赤ちゃんが成長していくために欠かせない成分です。
妊娠中は、なぜか無性に甘いものが欲しくなったりする方もいると思います。

その理由は、赤ちゃんがお母さんのブドウ糖をどんどん吸収して、栄養として取り入れているからなのです。
その栄養補給としてお菓子を食べるよりは、ぶどうを食べた方がカロリーも少なく適しています。

また、ぶどうはワインの原料というだけあって、酒石酸という成分が含まれます。
酒石酸は腸内環境を整えて、妊婦さんに起こりがちな便秘を改善してくれる効果が期待出来るのです。

葉酸を目的としなくても、ぶどうには妊婦さんにとって嬉しい効能を持つ成分が豊富に含まれています。

妊婦さんのぶどうの食べ方の注意点

妊婦さんのぶどうの食べ方の注意点

妊婦さんにとって葉酸摂取を目的としなくても、ぶどうはとても良い果物だという事が分かりました。
しかし、食べ方の注意点を把握しておかないと、場合によっては体に危険が及ぶ可能性があるのです。

まず、ぶどうは必ず良く洗ってから食べるようにしてください。
皮にはリステリア菌やトキソプラズマ菌が付いている可能性があり、妊婦さんが感染するとお腹の赤ちゃんに先天異常や流産を引き起こします。

ぶどうだけに限らず、野菜や果物は良く水洗いしてから食べるのが妊娠中の鉄則です。
また、ぶどうは果糖が含まれているので、食べ過ぎると体重が増えてしまう事があります。

巨峰であれば1日10粒程度までにしておいて、食べ過ぎには注意しましょう。
葉酸など他の栄養素に関しては、葉酸サプリで効率的に補えば大丈夫です。

葉酸とぶどうのまとめ

葉酸とぶどうのまとめ

ぶどうの葉酸含有量は100gあたり4μgと、かなり少ない事が分かりました。
また、ぶどうジュースにした場合、コップ1杯で2μgとますます期待出来ない数値になります。

むしろカロリーの方が高くなってしまうのですね。
そのため、ぶどうでは葉酸の摂取は期待せず、葉酸サプリで効率的に体に取り入れていくのがオススメです。

ベルタの葉酸サプリは、葉酸以外に妊婦さんに必要な栄養素も含まれるので、毎日の栄養補給に最適と言えます。
ただ、ぶどうは葉酸以外に妊婦さんとって良い効能があり、お腹の調子を整えたり赤ちゃんの成長のもとにもなります。

葉酸サプリとぶどうを合わせて取り入れる事で、妊婦さんの栄養をサポートする事が出来るのです。
ぶどうは妊婦さんの場合、食べ方の注意点を確認して、より安全に食べていきたい食べ物と言えます。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり