葉酸米

「食事から簡単に葉酸を取り入れられたらな」と思った事はありませんか?
毎日の献立を考える時に、毎回「この食材には葉酸が含まれているのかな?」と気にするのも大変ですよね。

実は、そんな手間を解消させてくれる葉酸米という食品が、今話題になっています!
今回は、その葉酸米とは一体どのようなものなのか、妊婦に大切な葉酸の栄養補給にも役立つのかなどについて解説していきます。

葉酸米とは?どんな成分なの?

葉酸米とは、読んで字のごとく、葉酸などの栄養素が含まれるお米の事を言います。
お米を炊く時にこの葉酸米を混ぜて炊くだけで、味や香りを損ねる事なく、手軽に栄養補給ができる優れものです。

栄養成分としては【葉酸、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12】などが配合されており、妊婦や健康が気になる人にオススメの商品として販売されています。
では、なぜ水溶性ビタミンで熱や水に弱いはずの葉酸やビタミンB群を炊飯しても、栄養が損なわれる事なく摂取する事が出来るのでしょうか。

葉酸米の製造方法などについて、ご紹介していきます。

女子栄養大学と共同開発されたハウスの葉酸米

葉酸米は、栄養士などを目指す人が通う埼玉の女子栄養大学と、ウコンの力やC1000タケダでおなじみのドリンクを販売しているハウスウェルネスフーズが共同開発した栄養強化米です。
国産の白米を独自の技術でコーティングする事で、いつものお米と一緒に炊いた状態でも、熱で葉酸などの栄養素がほとんど壊れないようになっています。

また、販売元のハウスウェルネスフーズのHPでは、葉酸米を妊婦や授乳中の人、子供が食べても問題がないと公表しているので、安心して食べる事が出来ます。
さらに、お米を冷凍したりタイマー予約で炊飯をしても、栄養価はほぼ変わらないという事なので、忙しいママにも取り入れやすい食品だと言えます。

妊婦が葉酸米を食べるメリットは?

妊婦が葉酸米を食べる1番のメリットは、「手軽さ」と「飲み忘れ防止」にあります。
昨今では共働き家庭が増えて、妊娠している人でも育休取得までは働くという女性も多くいるはずです。

そうなると、大きいお腹を抱えながら、お兄ちゃんお姉ちゃんの育児、さらには仕事や家事とママの負担はどんどん増えています。
そんな大変なママが、葉酸サプリを飲み忘れてしまった時や、栄養バランスを考えた食事を用意出来ない時のサポートをしてくれるのが葉酸米です。

主食であるお米からも葉酸などの栄養が摂れるようになれば、少しでも安心して妊娠期間を過ごす事が出来ますよね。

葉酸米の販売店はどこを選べばいい?

葉酸米の販売店

どこで葉酸米を購入するか迷った時は、「販売元を信頼できるか」「価格」「自分が購入しやすいか」などをチェックしましょう。
以下は、わたしが調べた公式通販ハウスダイレクト、Amazonでハウスの「新玄 葉酸米(50g)」を購入する時のポイントです。(2017年5月29日時点)


ハウスダイレクト:価格1,600円(定期最大15%OFFの場合は1,360 円)

販売元の公式通販のため、商品の信頼性は確かだという事が出来ます。
定期購入を選べば葉酸米を送料無料・最大15%OFFで購入出来ますが、他サイトに比べて値段が高い事が気になります。


Amazon:価格約600~700円(Amazon内でも価格が違う)

送料無料で価格の安い葉酸米が多く販売されていました。(販売元や場所によっては、送料がかかることもあります)
また、価格に惑わされ過ぎずに口コミが良いものを選べば、配送が遅すぎたり商品が傷付いた状態で送られてくる心配が少なくなります。

もし販売元に心配がある人は、Amazonの商品画面に表示されている販売元の名前をインターネットで検索してみると、その販売元が信頼に値するのかなどが分かるかもしれません。

葉酸米はコストパフォーマンスに優れている

いくら栄養を手軽に補給できる葉酸米とは言え、すぐに無くなってしまうようであれば、コスパが悪く、毎日の食事で気軽に使う事は出来ませんよね。
実際のコストパフォーマンスはどうなっているのでしょうか。

葉酸米は、1箱で約10㎏のお米に利用が可能で、3合のお米に対して小さじ1/2杯(2.25g)を加えるだけで良いようです。
そのため、1日あたり3合のお米を炊いて葉酸米を混ぜたとしても、1ヶ月弱はもってくれる計算になるので、一般家庭でも取り入れやすくコスパの良い商品だという事が分かります。

価格が気になる人は、Amazonなどで安く購入する事で、1ヶ月当たりの費用を約600~700円に抑えて葉酸米を使う事が出来るので、神経質にならずに済みますね。

葉酸米に含まれる栄養素の量は?

葉酸米に含まれる栄養素の量

冒頭でご説明したとおり、葉酸の他にもビタミンB群が含まれている葉酸米ですが、肝心の栄養素の量はどうなっているのでしょうか。
厚生労働省では「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で、妊婦の葉酸やビタミンB群の1日必要量を、以下のように公表しています。

成分 必要量
葉酸 400µg
ビタミンB1 1.0mg
ビタミンB6 1.2mg
ビタミンB12 2.3µg

この数値から、葉酸米を妊婦が1日あたりどのくらい食べればいいのかを、ハウスの公式サイトに掲載されている葉酸米の栄養成分を元に考えてみましょう。

葉酸米は1日どのくらい食べればいいの?

以下は、1合のお米に葉酸米を0.75gを加えた場合の栄養成分の量です。

成分 含有量
葉酸 200µg
ビタミンB1 1.4mg
ビタミンB6 0.5mg
ビタミンB12 2.4µg

この数値をみると、葉酸米を含むお米を1日1合食べたとしても、葉酸やビタミンB6が必要量に満たない事が分かります。
1日に食べるお米の量を2合に増やせば、葉酸の必要量を摂る事が出来ます。

しかしながら、現実的に成人女性が毎日2合のお米を食べるのは厳しいと言えます。
そのため、ある程度妊娠期の補助的要素で、葉酸米から栄養を補充した方が良いでしょう。

妊婦の葉酸の摂取は葉酸米とサプリどちらが意味がある?

ここまでご説明してきた通り、葉酸の摂取を簡単に出来る葉酸米ですが、葉酸のサプリメントと比べると、どちらが妊婦にとっては意味があるのでしょうか。
葉酸米に含まれる葉酸の量などを考えると、しっかりと必要量の400µgを配合してくれているサプリメントを選ぶ方が妊婦にとっては良いでしょう。

また、ベルタ葉酸サプリやAFCの葉酸サプリのように、葉酸の吸収率が良くなるモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を使用しているサプリメントは特にオススメする事が出来ます。

葉酸米と妊婦の関係

葉酸米と妊婦の関係

葉酸を日々の食事からも手軽に取り入れられる葉酸米は、妊婦にとってありがたい食品ですよね。
しかし、効率的に栄養補給をするという観点で葉酸を選ぶのであれば、葉酸米よりも葉酸サプリを選んだ方が妊婦にとっては良いでしょう。

ただし、どうしてもサプリの飲み忘れが多くなってしまう人は、葉酸米から葉酸を摂取するようにしておくと、忘れずに毎日葉酸を補給する事が出来ます。
自分の生活スタイルと照らし合わせながら、葉酸サプリと葉酸米をうまく使い分けてみてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。