葉酸 ワーファリン

妊婦さんは飲めませんが、ワーファリンという薬があります。
これは血液をサラサラにする効果のある薬で、主に血管が詰まりやすくなっている人に処方されます。

怪我をした時に血が出てしまっても、気がつくと自然に止まっていますよね。
これは体の中にあるビタミンKの働きによって、血液が固まっているのです。

しかし、ワーファリンを飲んでいると血液が止まりにくくなるので、下手をすると大変な事になるリスクがあります。
妊娠中はワーファリン服用は厳禁となっているため、血液が固まりやすい人は葉酸の摂取が大切になるのです。

そこで、今回は葉酸とワーファリンの共通点と、血栓予防効果が期待される理由について詳しくご紹介していきます。

葉酸とワーファリンの共通点とは?

葉酸とワーファリンというのは、一見何の結びつきも無いように感じますが、実は共通点があります。
それは葉酸がワーファリンほどではないにしても、血液をサラサラにする作用がある事です。

妊娠中というのは人によって静脈瘤が出来てしまうほど、血栓が出来やすい傾向にあります。
妊婦さんに多く分泌されているエストロゲンが、血液を固まりやすくする作用があるためです。

しかし、ワーファリンは胎盤を通過するため、赤ちゃんへの影響を考え妊娠中の服用が禁止されています。
そのため、血液をサラサラにする効果が期待出来る葉酸を飲む事で、母子へのリスクを減らしながら健康維持が出来るのです。

葉酸とワーファリンは似ているようで違う

血液をサラサラにするという点では、葉酸とワーファリンは似ているように思います。
しかし、葉酸は栄養素、ワーファリンは立派な薬なのでその作用は全く異なるのです。

葉酸はビタミンB12やB6と共に、血液中のホモシステインという血栓の原因物質を代謝する働きがあります。
しかし、ワーファリンは、血液を固める作用のあるビタミンKの働きを抑える作用がある薬です。

葉酸とワーファリンは同じ血液をサラサラにする効果とは言っても、作用の仕方が全く違うのですね。
ましてや葉酸は食べ物などにも含まれる栄養素ですから、より体には安全性の高いものになります。

安全性が高いからこそ、デリケートな状態にある妊娠中でも続けて摂取する事が出来るのです。
むしろ妊婦さんは、普段の倍くらいの葉酸摂取を推奨されています。

葉酸はワーファリンと併用出来る?

葉酸はワーファリンと併用出来る

食事やサプリなどで、葉酸を日常的に摂取している人は多いと思います。
しかし、葉酸はワーファリンと併用しても大丈夫なのでしょうか。

ワーファリンと相性が悪い栄養素は主にビタミンAとE、そしてビタミンKが挙げられます。
葉酸はワーファリンと特別相性が悪いというわけではないので、適量ならば併用しても問題はありません。

しかし、葉酸が多く含まれている食べ物の中で、ひとつ注意が必要なものがあります。
それは、葉酸を豊富に含む納豆で、実は同時にビタミンKも大量に含まれている事。

つまり、ビタミンKを抑えるためにワーファリンを服用しているのに、葉酸摂取目的で納豆を食べると薬の効果と反発してしまうのです。
ワーファリン服用中は、納豆やクロレラなどのビタミンKを含む食材は食べてはいけない事になっています。

葉酸との併用は出来ますが、この点だけ注意しましょう。

葉酸はワーファリン同様血栓予防に効果的

葉酸はワーファリンと作用は違うものの、血液をサラサラにして動脈硬化などの血栓予防に効果が期待出来ます。
葉酸が足りなくなると、ビタミンB12やB6と共に血栓の原因であるホモシステインを変換していく事が出来なくなるのです。

ホモシステインの量が増えると血栓が出来やすくなり、動脈硬化などのリスクが上昇します。
しかし、葉酸だけを摂取しても、ホモシステインを変換する事は出来ません。

そのため、共に働くビタミンB12やB6も一緒に摂取する事が大切です。
葉酸サプリで栄養補給をする場合には、葉酸の他にもビタミンB12やB6が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

作用の仕方は違っても、ワーファリンの服用が出来ない妊婦さんにとっては良い栄養素と言えます。
もちろん、医師の判断なしでワーファリンを勝手に服用中止する事は出来ません。

きちんと相談した上で、妊娠の計画をしていきましょう。

ワーファリン服用者が葉酸サプリを飲む際に注意する事

ワーファリン服用者が葉酸サプリを飲む際に注意する事

ワーファリン服用中の人が、葉酸サプリで栄養補給を行うケースも多いですよね。
葉酸とワーファリンは相性が悪くはないので、なおさら注意点は気になる所です。

葉酸サプリとパッケージに書かれていても、実は他の栄養素もバランスよく配合してある物もあります。
葉酸の働きを助けるビタミンB12やB6ならば、ワーファリンと併用しても問題はありません。

しかし、注意したいのは、ビタミンAやEなどが配合されたマルチビタミンと葉酸の複合サプリの場合です。
これらの栄養素はワーファリンの作用を弱めてしまう恐れがあるので、葉酸サプリの成分欄を確認しましょう。

また、葉酸サプリ以外にも青汁などはビタミンKも含まれています。
そのため、ワーファリンとは併用しないようにしてください。

葉酸とワーファリンのまとめ

葉酸とワーファリンのまとめ

葉酸とワーファリンの共通点と、血栓予防効果が期待される理由について詳しくご紹介してきました。
葉酸もワーファリンも血液をサラサラにする作用がありますが、その作用の仕方は全く異なります。

葉酸は栄養素であり、妊娠中も摂取を薦められています。
しかし、ワーファリンは赤ちゃんに悪影響がある薬なので服用は厳禁です。

そのため、妊娠中の血栓や動脈硬化を防ぐには、葉酸を積極的に摂取する事が大切と言えます。
また、基本的に葉酸とワーファリンは併用しても問題ない組み合わせです。

しかし、葉酸サプリの中には、ワーファリンと相性の悪い栄養素が含まれている場合もあります。
そのため、葉酸サプリを選ぶ際には含まれている栄養素を確認し、念のため医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。

葉酸とワーファリンお互いの作用を知って、安全に服用していきたい所です。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり