葉酸と腹痛

葉酸といえば、妊活中や妊娠中の女性にとって重要な栄養素です。
通常よりも多めの量を摂取する必要があり、体の調子を整えたり母子の健康には欠かせないものです。

しかし、中には葉酸を摂取した事で腹痛の症状を訴える人もいます。
葉酸を摂取して腹痛が起こる場合は、どうしたら良いのでしょうか。

また、なぜ葉酸によって腹痛が起こるのか、原因も気になりますよね。
葉酸を安全に摂取するために、妊活中や妊娠中に注意したい事があるのです。

そこで、今回は葉酸で腹痛が起こる原因、そして妊活中と妊娠中の注意点について詳しく説明していきます。

葉酸を飲んだら腹痛が起きる原因は何?

葉酸を飲んで腹痛が起こる事は、実はそれほど頻度が高いものではありません。
しかし、体質や葉酸の飲み方、そして葉酸以外の原因が隠されている事もあるのです。

特に多いのが葉酸の過剰摂取によるもの。
次に多いのは、葉酸によって腹痛が起こっていたと思っていたら、実は他の原因があったというケースです。

葉酸は妊活中や妊娠中の女性に多く飲まれていますから、妊活中特有の理由や妊娠中のデリケートな体調が関係している場合もあるでしょう。
妊活中で不妊治療をしていて排卵誘発剤を使っていたりすると、葉酸が原因でなくても腹痛が起こるリスクが高くなります。

また、妊娠中は普段と体調が異なりますから、いつもは何でもない添加物などに反応してしまう場合があるのです。

妊活中の葉酸と排卵誘発剤の併用が腹痛の原因?

葉酸は、妊娠初期の赤ちゃんの重要な器官が形成される時に起こる先天異常を防ぐ働きがあります。
そのため、妊活中からの摂取が推奨される栄養素です。

ですが妊活中といっても、病院に通っていて排卵誘発剤を使用している場合には注意が必要になります。
排卵誘発剤の副作用で腹痛が起こる場合があり、これを葉酸が原因だと勘違いしてしまう事かあるのです。

内服薬の排卵誘発剤は、そこまで副作用が重くはありません。
しかし、注射の場合は副作用が強く出る傾向にあります。

排卵誘発剤と葉酸は相性が悪いというわけではありません。
むしろ葉酸が体の調子を整えてくれるので妊娠率上昇が期待出来ます。

副作用の強い排卵誘発剤を使っている場合には、念のため医師に葉酸の摂取について確認しておくと安心でしょう。

妊娠中はつわりの時に葉酸で腹痛が起きやすい?

妊娠中はつわりの時に葉酸で腹痛が起きやすい

妊娠初期は、最も葉酸の摂取が重要とされる時期ですが、つわりが辛い時期でもありますよね。
つわりの時は食欲がなく鼻も敏感になるため、口に何か入れても嘔吐してしまう場合があります。

そんな時に葉酸サプリを飲む事で、空っぽの胃腸に刺激が加わって腹痛が起こる場合があるのです。
つわりの時には無理に飲む事はやめて、飲めそうな時に飲むのが一番でしょう。

「飲まなければならない」というストレスが余計に腹痛を悪化させる事もあります。
また、出来れば空腹時は避けて、何か少しでも口にしてから葉酸を飲む事で胃腸への負担を少しでも減らす事が出来ます。

葉酸サプリを飲む時は添加物にも注意し腹痛を防ぐ

妊娠中には、葉酸サプリの摂取が推奨されています。
しかし、いつも以上にデリケートな時期なので、成分などもきちんと確認する必要があるでしょう。

例えば、添加物は使われているのか、天然由来の吸収率が良い葉酸が使われているかなどです。
ベルタの葉酸サプリは、無添加で天然由来の合成葉酸が配合されているので、腹痛などのリスクは低いでしょう。

デリケートな妊婦さんでも活用出来るので、腹痛が心配な場合でも安心です。
また、ベルタは葉酸以外にも妊婦さんの健康を考えた栄養素が多く含まれています。

単に葉酸の摂取というより、幅広く栄養素を摂取出来るサプリと言えます。
妊娠中の貧血や骨の健康の維持なども考えると、ベルタの葉酸サプリがオススメです。

葉酸で腹痛が起きないように摂取量にも気を付ける

葉酸で腹痛が起きないように摂取量にも気を付ける

葉酸は飲み方さえ間違わなければ、基本的に腹痛を起こす事はほぼありません。
しかし、サプリは吸収率が良いため、用量を守っていないと過剰摂取で腹痛が起こる場合があります。

妊活中や妊娠中の女性は、葉酸を1日あたり400μg摂取する事が推奨されています。
そして、上限摂取量は1000μgです。

よほどサプリなどを過剰摂取しない限りは上限を超える事はまずありません。
また、食材にも葉酸は含まれていますが、食事からでは葉酸の吸収率が悪いのです。

毎日の食事だけで、過剰摂取による腹痛が起こる可能性は低いと言えるでしょう。
葉酸サプリを利用している人は、1日に飲む量などをきちんと確認してから服用する事が重要です。

葉酸と腹痛のまとめ

葉酸と腹痛のまとめ

葉酸で腹痛が起こる原因、そして妊活中と妊娠中の注意点について詳しく説明してきました。
葉酸で腹痛が起こる頻度は高くありません。

しかし、妊活中に排卵誘発剤を使用している場合は、葉酸が原因でなくても腹痛が起きやすくなります。
また、妊娠中のつわり時期に体調不良が起こって胃腸に負担が掛かったり、添加物に反応してしまう事も腹痛の原因なのです。

葉酸サプリを摂取する際は用量の1日400μgを守るようにして、過剰摂取には注意します。
そして、葉酸サプリの成分も確認して、出来るだけ無添加で天然由来の合成葉酸を使っているものを選びましょう。

腹痛を起こさないためにも、安心して飲める葉酸サプリを使っていきたい所です。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり