葉酸と中期

葉酸は妊娠前から初期の時期に摂取するのが一番良い、そういったイメージがありますよね。
確かに葉酸を最も必要とするのは妊活中や妊娠初期です。

妊娠初期に摂る事で、赤ちゃんの先天性奇形の一部のリスクを下げてくれる事が分かっています。
しかし、葉酸の働きはそれだけではありません。

妊娠中期以降、産後の授乳期まで必要な栄養素なのです。
一方で、妊娠後期以降に葉酸を摂取すると、赤ちゃんの喘息のリスクが上がるという噂も聞きます。

葉酸は妊娠中を通して摂取を薦められているのに、摂る事によってリスクになるような事があるのは心配です。
そこで今回は、葉酸が妊娠中期からも必要な理由と、後期以降に飲む事で喘息になりやすくなるのかを詳しく説明していきます。

葉酸は妊娠中期からも必要なの?

葉酸は妊娠初期を過ぎて中期に入ったら、あまり重要視はされなくなってしまいます。
しかし葉酸は妊娠中期に入っても、体にとって非常に良い働きをしてくれるのです。

妊娠初期の場合は、葉酸を1日400μg摂取する事で、お腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ作用が期待出来ます。
妊娠中期に入ると赤ちゃんのほとんどの器官は出来上がっているので、奇形などを防ぐ作用は期待できません。

しかし、ずっと葉酸を摂取していたのに中期に入った途端やめてしまうと、栄養が不足してしまう事が考えられます。
中期以降でも毎日葉酸を摂り続ける事は、赤シャンの発育と妊婦さんの健康維持に必要です。

多くの葉酸サプリには、妊娠初期の1日の摂取目安量である400μgの葉酸が含まれているので、サプリから摂取すれば十分な量が摂れるでしょう。

葉酸で妊娠中期に期待出来る効果とは?

葉酸で妊娠中期に期待出来る効果とは

葉酸を摂取する事で、妊娠中期以降に期待出来る効果はどんなものがあるのでしょうか。
まず葉酸は、赤ちゃんの先天異常を予防する事の他に、赤血球を作るサポートをする働きがあります。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を送るために血液量が増加するため、赤血球が少なくなりがちで貧血が起こりやすくなるでしょう。
そのため葉酸を摂取して、赤血球をどんどん作っていく必要があるのです。

葉酸はビタミンB12と力を合わせて赤血球を作る働きがあるので、妊娠中期以降に増えてくる貧血のリスクを下げてくれます。
これは後期以降でもずっと役立つ作用なので、葉酸を引き続き摂取する事のメリットでもあるのです。

葉酸を妊娠中期・後期に飲むと喘息のリスクが上がる?

葉酸を妊娠中期・後期に飲むと喘息のリスクが上がる

葉酸は妊娠中期や後期でも体に良い作用が期待出来るのですが、ひとつ心配な話を聞きます。
それは、妊娠中期からもずっと葉酸を多く摂取していると、子どもが喘息にかかるリスクが上がるというものです。

しかし本当に葉酸を妊娠中期や後期以降に飲むと、喘息のリスクが上がるのでしょうか。
オーストラリアでの研究によると、妊娠中期以降にサプリメントなどから葉酸を積極的に摂っていた母親から生まれた子どもは、そうでない場合に比べ喘息の発症率が高かったとあります。

葉酸サプリに問題があるというよりは、サプリの過剰摂取が喘息のリスクを高めると考えられるでしょう。
葉酸の1日の上限摂取量は1,000ugですから、妊娠中期以降もそれを超えないように摂る事が大切です。

妊娠中期以降も葉酸サプリで効率よく摂取しよう

妊娠中期以降も葉酸サプリで効率よく摂取しよう

妊娠初期から効率的に葉酸を摂取するために、サプリメントを利用している人はとても多いものです。
中期からも摂取し続けるなら、天然葉酸の方が喘息のリスクは確かに少なくなります。

しかし、天然葉酸は吸収率が低いというデメリットがあるため、摂取しても十分な量が摂れないのです。
そのため、できれば初期から後期まで合成葉酸(モノグルタミン型葉酸)をサプリで摂取する事が推奨されます。

合成葉酸と言われると、なんだか体に悪いイメージがありますよね。
ただ合成といっても化学物質由来ではなく、天然の物から抽出した合成葉酸は安全性が高いので、妊娠中や授乳中でも飲む事が出来ます。

そんな葉酸サプリの「中身」が気になる人が中期や後期になるべく安心して飲めるものがあるので、この後ご紹介していきますね。

妊娠中の葉酸摂取はベルタのサプリがオススメ!

妊娠中も安心の、無添加で天然由来の合成葉酸にこだわっている葉酸サプリがあります。
無添加で天然由来の合成葉酸なら、中期以降に飲む場合でも安心出来るでしょう。

その気になる葉酸サプリが、ベルタのサプリです。
その特徴はやはり合成添加物を使用せず、天然由来の酵母葉酸が100%使用されている事。

他にもカルシウムや鉄、ビタミン類など葉酸の働きを助ける栄養素が詰まっているので、貧血に悩む中期以降の妊婦さんから支持を得ています。
ベルタの葉酸サプリは妊娠中の健康を支えてくれる、妊婦さんのパートナーとして愛されているのです。

小粒で飲みやすく続けやすいといった意見も、出産経験のある社員さんが話し合って考えたというだけありますよね。
ベルタの葉酸サプリは通販専売品ですが、妊娠中期以降も産後もずっと続けられる定期購入などもあります。

葉酸と中期のまとめ

葉酸と中期のまとめ

葉酸が妊娠中期からも必要な理由と、後期以降に飲む事で喘息になりやすくなるのかを詳しく説明してきました。
葉酸は赤ちゃんの先天異常のリスクを下げる以外にも、血液を作る働きがあります。

そのため、妊娠中期以降も飲み続ける事で、この時期から多くなってくる貧血を予防出来るのです。
中期だけでなく後期でも貧血にはなりやすい状態なので、葉酸は欠かせない栄養素と言えるでしょう。

しかし、葉酸の中でもサプリを多く摂取し過ぎ場合には、子どもの喘息のリスクが高くなるといわれています。
そのため葉酸サプリは用量を守って飲む事が大切です。

そこで今回はベルタの葉酸サプリをオススメさせていただきました。
無添加で天然酵母葉酸100%なので、妊娠中期から後期でも安心して飲む事が出来ます。

成分にこだわって葉酸サプリを選んで、妊娠中期以降も健康的な体を作りましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。