葉酸とうつ

妊婦の健康や出産のために、様々な効果が知られる葉酸の働き。
最近の研究では、葉酸がうつ病の症状など、心の乱れを改善する効果あるとして最注目を集めています。

うつ病は、長い間、気分が落ち込んだ状態が続いて、睡眠障害や意欲の低下など様々な症状を引き起こす病気です。
現在のうつ病患者は、糖尿病患者よりも多いのです。

よって、誰もが早くからうつ病への予防・対策をとっておく必要があります。
うつ病の原因は様々ありますが、葉酸を摂取し続けると、うつ病の症状を改善する効果があると言われています。

そこで今回は、葉酸はうつ病にどのように関わるかについてご紹介致します。

うつ病の予防に役立つビタミン「葉酸」とは?

葉酸には、DNAの生成や貧血の改善、健康な皮膚を保つ、代謝を良くするなど、様々な働きがあります。
そして現在は、葉酸は精神面でも働く事が注目され、医療現場でも抗うつ剤と一緒に、葉酸を摂取する事を薦める医師もいます。

葉酸は、ビタミンMとも呼ばれていて、Mはメンタル(Mental)のMからの由来という話もあります。
よって、葉酸がうつのようなメンタル的な働きとして関連していると言えるのです。

では、具体的に葉酸は、どのように精神面に影響するのかを見ていきましょう。

うつ病の原因とは?

通常は、気持ちの落ち込みや憂鬱な気分になったとしても、数日間のうちに回復していきます。
しかし、原因が解決しても、落ち込んだ状態が続いて長期にわたり強い憂鬱感がある場合は、うつ病を発症している可能性があるのです。

うつ病の直接的な原因については明確には分かっていません。
しかし、脳の神経伝達物質が上手く働かなくなる事は分かっています。

また、ストレスや病気、環境の変化など様々な出来事が重なり、引き起こされると考えられています。
性格によっても、生真面目、几帳面、仕事熱心、責任感が強い、相手の気持ちに敏感な人は、うつ病を発症しやすい傾向にあるようです。

うつ病になると、日常生活や社会生活に支障をきたす事もあるのです。

葉酸はうつ病にどのように働くのか?

うつ病患者は、葉酸が不足している事が指摘されています。
国立精神・神経医療研究センター神経研究所で行われた研究では、全体の約25%のうつ病患者の血液中の葉酸値が、健康な人と比べて低い、という結果が出ました。

うつ病とはの心の病ですから、一言で原因を追求するのは困難と言えます。
しかし、ビタミンB群の不足が関わりをもっているのではないか、という話は有力になってきています。

ピルなどの女性ホルモンを飲んでうつ病になった人に、ビタミンB6を投与した所、うつ病の症状が改善されたというデータがありました。
葉酸には、気分を落ち着かせ安定させる脳神経の働きを保つ作用があると言われます。

抗うつ剤があまり効果なかったという人に、葉酸と同時摂取を促した所、抗うつ剤の反応がめざましく上がったとの研究結果も報告されています。

葉酸の量をしっかり摂るとうつになりにくい

葉酸の量をしっかり摂るとうつになりにくい

葉酸が欠乏して、脳内のモノアミンという物質が減少する事が原因により、うつの症状が発生するのではないかという説が言われています。
調査データでは、男女ともに葉酸の摂取量が増加するほど、うつの症状が減少しています。

また、葉酸を多く含む緑茶を良く飲む人は、あまり飲まない人に比べて、うつ病を発症するリスクが低い事も分かっているのです。
よって、葉酸を日頃から摂取するのを意識する事で、うつ病予防の効果も期待出来ると言えます。

特に、アルコールの飲酒頻度が多い方や、アスピリンといった内服薬を飲んでいる方は、葉酸が欠乏しやすい傾向にあるので、日頃から野菜中心の食生活を心がけるようにしてましょう。
葉酸を多く含む食品は、レバー、緑黄色野菜、果物、豆類などをしっかりと食べ、ジャンクフードやインスタント食品は避けるだけでも、うつ病の症状は改善されていきます。

葉酸は男女共にうつ病を改善する

うつ病がビタミンB群と密接な関係にある事に関して、数多くの報告があります。
葉酸は妊婦に欠かせない栄養素として知られますが、男女共にうつ病の改善のために効果的な栄養素なのです。

葉酸には気分を落ち着かせ、神経システムの正常を保持する働きがあります。
抗うつ薬の効果が現れない患者に対して、抗うつ薬と同時に葉酸も一緒に摂取する事によって、抗うつ薬の反応が正常に得られたという報告もあります。

うつ病患者の8割以上は、葉酸不足が見られたという研究データがある事から、うつ病と葉酸不足には何らかの関係があると考えられているのです。

NHK「あさイチ」放送の「食事でうつ病の改善」の内容

日本人の20人に1人は掛かるといううつ病を、食事で改善するという方法が紹介されました。
これまで、うつ病の治療は、薬と休養が最も有効だと考えられてきました。

しかし、実際には抗うつ薬が効かない患者が3割もいて、長期的な闘病生活を送っています。
そして最近、最新栄養学に基づいたうつ病を改善する食事が注目を集めてるのです。

重度のうつ病患者が最後に訪れる場所とも言われる精神疾患専門の高度医療センターによると、栄養指導によって、症状が改善したというケースが続出しています。
スタジオには精神科医の功刀浩さんが登場されて、糖尿病などの生活習慣病は、「食生活が原因という事が昔から分かっていたが、食事が脳にも影響するという事がだんだん分かってきた」と語っていました。

うつ病を改善するビタミンB群とは?

葉酸はビタミンBの一種ですが、同じくビタミンBのビタミンB6にも、精神を落ち着かせる働きや、神経システムを正常に保つための働きがあります。
ビタミンB6は、神経伝達物質を生成する際に利用される栄養素であり、うつ病にも覿面です。

その他にも、動脈硬化や認知症の延引となるホモシステイン濃度が高くなった時には、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12が治療のために用いられます。
また、ビタミンB6が不足すると、うつ病や不眠症が起こるという事が分かっており、ビタミンB12 にも気分を落ち着かせる作用や神経システムを健常に保持する働きがあります。

葉酸、ビタミンB6、B12は気分を落ち着かせる働きがある栄養素となっています。
うつ病の改善・予防のため役立つ栄養素であると言えるでしょう。

うつ対策のための葉酸の摂取方法

うつ対策のための葉酸の摂取方法

厚生労働省による日本人の食事摂取基準によれば、葉酸の一日の必要摂取量は、成人の男女共に240μgです。
そして妊婦は480μg、授乳婦は340μgの摂取が推奨されています。

葉酸を240μgを食品から摂るには、パセリ100g(220μg)、茹でたブロッコリー100g(120μg)、茹でたほうれん草100g(110μg)になります。
葉酸240μgを食事で摂取するには、野菜中心の食生活を心がければ、十分に摂れる量です。

しかし、外食やコンビニの食生活が中心になっている方は、葉酸不足になりやすいと言えます。
そのため、葉酸サプリメントを利用するなどして、うつ病の改善と予防の対策をしていきましょう。

うつ病を予防するために葉酸サプリを利用しよう!

葉酸は、普段の食事からも簡単に摂取出来るものです。
しかし、妊婦さんや抗うつ剤を服用している方は、通常よりも多く葉酸を摂取する必要があり、そこで便利なのが葉酸サプリです。

抗うつ剤には、葉酸の消費を早める傾向があります。
そのため、うつ病の改善効果が低下してしまう可能性が考えられます。

よって、葉酸サプリを一緒に摂取する事で、抗うつ効果は高まります。
葉酸サプリは1粒で100μgから200μg含まれているので、自分で飲む量を調整する事が出来ます。

そして、葉酸サプリは、飲み過ぎると過剰摂取になります。
逆効果になるので、気を付けなければなりません。

葉酸とうつ病のまとめ

葉酸とうつ病のまとめ

うつ病は意欲の低下の他、便秘や不眠など身体にも様々な影響が出てきます。
うつ病の予防には、まずはリフレッシュや趣味の時間も大切にして規則正しい食生活を送るようにしてみてください。

今でこそ、葉酸は妊娠・妊活時に必須ビタミンと言われています。
しかし、それ以外にも、葉酸は人間の精神面の色々な機能のサポートに関連している事が分かっています。

今後は葉酸の有効性が専門家や研究機関によって立証されていくのでしょう。
精神的に不安定な自覚がある方は、葉酸を始めとしたビタミンB群を積極的に摂取していきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。