葉酸と豆腐

豆腐は高タンパク低カロリーの食べ物で、健康のために日頃から食べている人も多いのではないでしょうか。
また、妊娠中初期には葉酸を積極的に摂取するよう厚生労働省でも推奨されており、母子手帳にも記載されるほどです。

では、豆腐に妊娠中に必要な葉酸は含まれているのでしょうか。
豆腐に葉酸が含まれていれば、栄養もとれて一石二鳥のような気もしますよね。

しかし、豆腐の食べ過ぎは、妊娠中思わぬ悪影響を与える事があるので、注意も必要なのです。
そこで、今回は豆腐の葉酸含有量と、妊娠中の食べ過ぎによる注意点について詳しく説明していきます。

豆腐の葉酸含有量はどのくらい?

葉酸が多く含まれている食品の中で多く挙げられるのが納豆ですが、同じ大豆製品の豆腐にはどのくらいの葉酸含有量があるのでしょうか。
豆腐には、100gあたり12μgの葉酸が含まれています。

妊娠前から妊娠初期にかけて推奨されている葉酸摂取目安量は1日400μgなので、遠く及ばない数値となります。
つまり、豆腐から葉酸を摂取しようとしても微々たる量しか取り入れられないという事ですね。

豆腐は加工する過程で大量の水を使用します。
葉酸は水溶性ビタミンの一種なので、豆腐を作る段階でほとんどが溶け出してしまっているため、ここまで葉酸含有量が少ないのです。

そのため、同じ大豆製品でも納豆にはその10倍の葉酸含有量があるので、豆腐を食べるなら納豆の方が効率は良いと言えます。
どちらにしても豆腐や納豆からのみでは、1日に必要な葉酸を十分摂取するのは難しいと考えて良いでしょう。

葉酸が必要な妊娠中に豆腐を食べても大丈夫?

葉酸が必要な妊娠中に豆腐を食べても大丈夫

赤ちゃんの器官が出来あがるまでの初期の時期に、葉酸を摂取する事で先天異常のリスクを下げる事が出来ます。
そのため、妊娠初期は特に、葉酸を積極的に摂らなければなりません。

そんな妊娠中に豆腐を食べても問題はないのでしょうか。
つわりで食欲がない時など、豆腐ならばつるんと食べられて喉越しも良いので1日1回は食べている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、食べ過ぎに気を付けて1日半丁くらいまでにしておけば問題ありません。
大豆製品は他にも納豆や豆乳などがありますが、これらを豆腐とともに食べる場合は豆腐1丁だと過剰摂取になりがちだからです。

納豆には葉酸が多く含まれていますが、豆腐にはあまり含まれていません。
そのため、出来れば大豆製品をとるなら豆腐より納豆が妊娠中はオススメです。

妊娠中の豆腐は大豆イソフラボンに注意

妊娠中に豆腐を食べるのは、一見健康に良い事のように思えます。
しかし、食べる量に注意しないと、赤ちゃんに悪影響が出る場合があるので気を付けなければなりません。

豆腐には大豆イソフラボンという、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用を持つ成分が含まれています。
なんと豆腐を1丁食べれば、1日に必要なイソフラボン摂取量をほぼクリアしてしまうほどです。

このイソフラボンを摂り過ぎてしまうと、妊娠中のホルモンバランスが変化してしまいます。
この事で赤ちゃんの生殖機能に異常が出たり、遺伝子異常が起こるリスクが上昇してしまうのです。

妊娠中は体がデリケートな状態にあるので、豆腐が健康に良いからと食べ過ぎてしまうと逆に悪影響になってしまいます。
豆腐は葉酸含有量も少ないので、ほどほどに抑えておきましょう。

葉酸を摂取するなら豆腐よりもサプリを飲もう

葉酸を摂取するなら豆腐よりもサプリを飲もう

葉酸を摂取するために豆腐を食べるのは、あまりに含有量が少な過ぎて効率的ではありません。
では、妊娠中に効率よく葉酸を摂取する方法は、他にどんな事があるのでしょうか。

実は食べ物に含まれている葉酸は「天然葉酸」といい、体への吸収率が50%と低いのです。
それに対して「合成葉酸」は体への吸収率が90%と高い数値になっています。

ベルタの葉酸サプリには天然由来成分を使った合成葉酸が含まれているため、妊娠中に効率よく葉酸を摂取するのに最適なのです。
つわりで体調が悪くても、水でサッと飲むだけで1日に必要な葉酸400μgを取り入れる事が出来ます。

また、妊娠中のデリケートな体でも安全に飲めるように、合成添加物を使用しないのもベルタの葉酸サプリの特徴です。
毎日長く続けられる安心感があるので、葉酸を豆腐から摂取するよりもずっと安全で効率的なのですね。

また、ベルタの葉酸サプリは葉酸以外にも、妊娠中に摂取したい栄養素がバランスよく含まれています。
ビタミンやミネラルが不足しないように栄養補給が出来るので、豆腐よりも葉酸を摂取するならサプリがオススメです。

葉酸と豆腐のまとめ

葉酸と豆腐のまとめ

豆腐の葉酸含有量は、100gあたり12μgとかなり少ない事が分かりました。
これは葉酸が水溶性のビタミンで、豆腐に加工する段階で栄養分が溶け出しているのが原因です。

また、豆腐を妊娠中食べ過ぎる事で、赤ちゃんに悪影響が及ぶ事もあります。
大豆イソフラボンというエストロゲンに似た成分がホルモンバランスを崩してしまい、赤ちゃんの生殖機能の発達や遺伝子に異常をきたす可能性があるのです。

豆腐は1日半丁程度に抑えて、ほどほどの量にしておくのが安全でしょう。
また、豆腐からでは葉酸がほとんど摂取出来ないので、食べ物から摂取するよりも吸収率が良い合成葉酸を配合した葉酸サプリを飲むのがオススメです。

ベルタの葉酸サプリは無添加で、さらに葉酸以外の栄養素も含まれているので妊娠中の栄養補給に最適と言えます。
妊娠中の豆腐は少しの量に抑えて、他の食材とバランスよく摂取しながら葉酸サプリを活用していくのが一番ですね。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり