葉酸と早産リスク

全ての妊婦さんにとって、健康な赤ちゃんを出産する事が何よりの願いですよね。
妊娠中に意識しなければならないのは、どうすれば早産のリスクを軽減させる事が出来るかという事です。

せっかく授かった命ですから、早産を防ぐために妊娠中に出来る事はしておく必要があります。
そこで今回は、葉酸は早産のリスクを減らす事が出来るのかについて、検証していきたいと思います。

早産になる原因とは?

早産とは、22週~37週未満の赤ちゃんが、未熟な状態のまま産まれてしまう事を言います。
おなかの中でしっかりと育たないまま産まれてしまうと、赤ちゃんは病気や障害になる可能性が高くなるのです。

本来ならば、お腹の中にいる時期に早めに外に出てきてしまうので、早産の赤ちゃんは小さく成長は十分ではありません。
早産の場合、NICU等での治療により成長する事になります。

早産の原因は、明確な原因がない場合も多いのですが、母体にある事がほとんどだと言われています。
妊娠中の身体の冷え、過労やストレス、そして、子宮筋腫や子宮頸管無力症などの病気が原因で、早産になってしまう事があります。

早産のリスクは?

早産のリスク

日本産婦人科学会では、日本の全出産のうち5~6%が早産と言われています。
早産のリスクというのは、週数によっても症状が異なります。

妊娠22週から28週未満での早産に関しては、網膜が未発達で失明の危険性があります。
また、28週から36週未満の場合、肺が未発達という事で、自分で呼吸する事が出来ない場合が多いと言えます。

34週を過ぎると臓器が完成しますが、呼吸障害などの障害が引き起こるリスクもあるため注意が必要です。
ただ、34週を過ぎていれば、比較的リスクが少ないと言えます。

早産リスクによる症状は、下記のような例が挙げられます。

  • 呼吸が上手く出来ない
  • 消化器官の未発達
  • 肺の未発達
  • 網膜未発達
  • 感染症になりやすい
  • 栄養不足

早産による低体重の赤ちゃんのリスクは?

早産の場合、低体重になる場合が多くあります。
2,000g未満の低体重で生まれた場合には、健康障害が起こる場合が考えられます。

また、1,000g未満の場合には、脳性麻痺・精神発達遅滞になるリスクもあり、定期的な検診が必要となります。
早産の場合には、新生児集中治療室での治療になる事もあります。

体重が1,500~1,000gの場合の生存率は95%、1,000g未満の場合は90%となっています。

葉酸は早産リスクの予防に役立つ

葉酸は早産リスクの予防に役立つ

葉酸は、造血作用があるので早産予防に効果的です。
葉酸には、血液を作り出す作用により血液が多く良く作られて、赤ちゃんに十分な栄養や酸素を届ける事が出来ます。

また、子宮の環境を整えるので、正常な妊娠になるように助けてくれるのです。
葉酸を摂取して血液がたっぷりと作られると、全身の血行が良くなり、冷えが解消させるので早産の予防になります。

葉酸を十分に摂取する理由として、厚生労働省は神経管閉鎖障害を予防のためとしています。
つまり、葉酸を摂取し続けると先天性の障害が予防でき、早産・流産のリスクを減らす事が出来るのです。

葉酸は自律神経を整えて早産リスクを防止する

葉酸はビタミンB群の一種で、自律神経を整えて、早産の原因となるストレスを緩和します。
脳の神経細胞の回復効果もありますので、ストレスによって傷付いた神経細胞を正常な状態に戻す効果があります。

葉酸は、脳の神経系までに反応するので、精神の安定効果が期待出来るのです。
妊娠中の自律神経の乱れは早産になりやすいので、定期的に葉酸を摂る事が早産予防になるわけです。

しかし、葉酸は医薬品ではないので、飲んですぐにストレスへの効果が現れるわけではありません。
妊娠中に仕事をしている方や精神的に不安な方は、継続的に葉酸を摂取して早産予防に備えましょう。

葉酸は妊娠中の過労やストレスを解消する

葉酸は気分をリラックスさせて疲労回復させ、ストレスを解消します。
妊娠中は、様々な身体や体調の変化から、精神的に不安定になりやすいものです。

人間は強い不安やストレスを感じると、眠りを司る副交感神経とは逆の交感神経が優位になります。
それにより、妊娠中にストレスが溜まると、睡眠障害を引き起こす可能性があり、流産にも繋がりかねません。

葉酸には、気分をリラックスさせて心を落ち着かせる作用があります。
妊娠中に情緒不安定から来るストレスを感じやすい方は、流産防止のためにも、特に葉酸の摂取が大切になります。

葉酸は早産リスクの予防に安く役立つ研究結果

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、妊娠経験があり、過去に流産の経験がない女性1万人を対象に、葉酸と早産のリスクとの関連を研究しました。
その結果、葉酸を多く摂っている女性ほど早産のリスクが低い事が分かりました。

そして、妊娠前から葉酸サプリを摂っていた女性は、葉酸サプリを飲まなかった女性に比べて、早産のリスクが20%軽減しました。
この他、妊娠中の葉酸不足は、早産、流産、低出生体重児、胎児発育遅延のリスクが高くなるという研究結果も出ています。

早産リスクを予防するには葉酸サプリがオススメ

早産リスクを予防するには葉酸サプリを利用しよう

厚生労働省が、妊娠中の女性に推奨している1日の葉酸摂取量は400μgです。
葉酸は、レバーやうなぎ、緑黄色野菜など、葉酸を豊富に含む食品は数多くあります。

しかし、水溶性ビタミンである葉酸は水洗いや加熱に弱く、その調理過程中に、栄養素は約半分ほどが失われてしまう性質があります。
また、食品に含まれる葉酸の体内吸収率は、約50%以下しかありません。

ですから、思ったよりも、食品からは葉酸を体の中に取り入れる事は出来ないのです。
毎日の食事だけで、妊娠中に必要な葉酸をまかなう事はとても難しいと言えます。

一方、葉酸サプリに含まれる葉酸は、約90%と高い吸収率となっています。
そのため、妊娠中に必要な葉酸を、確実に葉酸を摂り続ける事が出来るのです。

早産の予防のためにも、しっかりと体内に吸収出来るサプリから葉酸を補う事をオススメします。

葉酸と早産リスクのまとめ

葉酸と早産リスクのまとめ

赤ちゃんの生死や障害にも関わる早産の原因は、冷え、子宮の病気、ストレス、過労など、母体側にある事が多いと言われています。
葉酸は造血作用やストレスを緩和する働きがあり、早産の原因とされる冷えやストレスを解消し、早産のリスクを下げる事が出来ます。

妊娠中は、毎日のバランスの取れた食事が基本ですが、吸収率の良い葉酸サプリを併用していく事をオススメします。
葉酸サプリは、数多くありますが、あまり添加物や危険な原料を使用したものは、早産リスクの予防になりませんので、注意して選ぶようにしてください。

妊娠中は継続的に葉酸サプリを摂取して、元気な赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。