葉酸と早産

健康な赤ちゃんを産むためには、妊娠中に出来る事を全てやっておきたいですよね。
妊娠中は、早産になってしまわないか心配する妊婦さんも多い事でしょう。

妊娠中に早産のリスクを減らすために出来る事はあるのでしょうか。
そこで今回は、葉酸と早産の関係について記載していきます。

早産になる原因とは?

早産とは、おなかの中で成長しなければいけない期間に早めに出産される事を言います。
早産の赤ちゃんは22週未満で生まれるために、小さな体で生まれてくるのです。

本来は、母体の中の中でもっと成長しなければならないはずが、早く生まれてきてしまうため、体が弱かったり、障害を伴う場合も多くみられます。
早産になってしまう決定的な原因は、まだ明らかにされていません。

しかし、基本的には母体の栄養不足、高齢出産、婦人科系の病気によるものが影響していると考えられています。

早産のリスクは?

早産のリスク

日本産婦人科学会では、日本の全出産のうち5~6%が早産と言われています。
早産のリスクというのは、週数によっても症状が異なります。

妊娠22週から28週未満での早産に関しては、網膜が未発達で失明の危険性があります。
また、28週から36週未満の場合、肺が未発達という事で、自分で呼吸する事が出来ない場合が多いと言えます。

34週を過ぎると臓器が完成しますが、呼吸障害などの障害が引き起こるリスクもあるため注意が必要です。
ただ、34週を過ぎていれば、比較的リスクが少ないと言えます。

早産リスクによる症状は、下記のような例が挙げられます。

  • 呼吸が上手く出来ない
  • 消化器官の未発達
  • 肺の未発達
  • 網膜未発達
  • 感染症になりやすい
  • 栄養不足

早産による低体重の赤ちゃんのリスクは?

早産の場合、低体重になる場合が多くあります。
2,000g未満の低体重で生まれた場合には、健康障害が起こる場合が考えられます。

また、1,000g未満の場合には、脳性麻痺・精神発達遅滞になるリスクもあり、定期的な検診が必要となります。
早産の場合には、新生児集中治療室での治療になる事もあります。

体重が1,500~1,000gの場合の生存率は95%、1,000g未満の場合は90%となっています。

葉酸は早産の予防に役立つ

葉酸は早産の予防に役立つ

葉酸が早産のリスクを予防してくれる理由は、造血作用がある事です。
葉酸を摂取すると血液がたっぷり作られるようになるので、血流が良くなり、全身に血液がしっかり行き渡るようになります。

そのため、胎盤を通してしっかり子供に栄養素が行き渡り、細胞分裂がしっかり行われるようになります。
そして、おなかの中で胎児が健康に育つ事が出来ます。

しかし、葉酸不足になってしまうと、胎児がしっかり母体から栄養素を摂取出来ないため、細胞分裂の際に正常に行われずに低体重や早産の原因になってしまうのです。
妊娠初期に葉酸を摂取すると、早産だけでなく神経管閉鎖障害の予防と 自閉症やダウン症のリスクも軽減出来る事が分かっています。

葉酸は自律神経を整えて早産を防止する

葉酸はビタミンB群の一種で、自律神経を整えて、早産の原因となるストレスを緩和します。
また、葉酸は脳の神経系までに反応するので、精神の安定効果が期待出来るのです。

妊娠中の自律神経の乱れは早産になりやすいので、定期的に葉酸を摂る事が早産予防になるわけです。
しかし、葉酸は医薬品ではないので、飲んですぐにストレスへの効果が現れるわけではありません。

妊娠中に仕事をしている方や精神的に不安な方は、継続的に葉酸を摂取して早産予防に備えましょう。

葉酸は妊娠中の過労やストレスを解消する

葉酸の造血作用によって、体中に血液がたっぷり行き渡り、自律神経が整ってきます。
葉酸を摂取すると、副交感神経が働いて妊娠中による精神的なストレスを緩和する事が出来るのです。

つまり、妊娠中に葉酸サプリは不安やストレスの解消となり、精神的な安定にも役立つと言えます。
妊娠中は様々な心境の変化があるため、ストレスを多く感じます。

ストレス過多は交感神経が働いて流産や早産のきっかけになってしまうので気を付けなければなりません。

葉酸は早産の予防に安く役立つ研究結果

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、妊娠経験があり、過去に流産の経験がない女性1万人を対象に、葉酸と早産のリスクとの関連を研究しました。
その結果、葉酸を多く摂っている女性ほど早産のリスクが低い事が分かりました。

そして、妊娠前から葉酸サプリを摂っていた女性は、葉酸サプリを飲まなかった女性に比べて、早産のリスクが20%軽減しました。
この他、妊娠中の葉酸不足は、早産、流産、低出生体重児、胎児発育遅延のリスクが高くなるという研究結果も出ています。

早産を予防するには葉酸サプリがオススメ

早産リスクを予防するには葉酸サプリを利用しよう

葉酸は早産のリスクを予防してくれる事が分かりました。
葉酸を摂取する事で、しっかり血液が作られます。

そして、全身に栄養素が行き渡り、胎児は栄養素を吸収して健康に育つ事が出来るのです。
葉酸は食品にも多く含まれています。

しかし、食品に含まれている葉酸は天然葉酸のため、吸収率が50%しかないというデメリットがあります。
葉酸サプリを摂取すると、体の中に90パーセント以上を効率的に取り入れる事が出来るのでオススメです。

厚生労働省は妊娠中に1日に必要な摂取目安量を400μgとしています。
妊娠中は早産を予防するためにも、葉酸サプリを利用して定期的に葉酸を摂取していきましょう。

葉酸と早産のまとめ

葉酸と早産のまとめ

早産の原因は、冷え、子宮の病気、ストレス、過労など、母体側にある場合が多いと言えます。
葉酸は造血作用やストレスを緩和する働きがあり、早産の原因とされる冷えやストレスを解消し、早産のリスクを下げる事が出来ます。

妊娠中は、毎日のバランスの取れた食事が基本ですが、吸収率の良い葉酸サプリを併用していく事をオススメします。
葉酸サプリは、数多くありますが、あまり添加物や危険な原料を使用したものは、早産リスクの予防になりませんので、注意して選ぶようにしてください。

妊娠中は継続的に葉酸サプリを摂取して、元気な赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり