葉酸と高齢出産

厚生労働省のデータによると、実際に35歳以上の年間出産数が、ここ数年で増加しているそうです。
現代の女性の社会進出や晩婚化により、従来よりも女性の出産時の年齢が上がってきています。

最近では、芸能人で高齢出産を経験した方も増えていますから、高齢出産に積極的に取り組むご夫婦も多いかと思います。
しかし、テレビや雑誌では高齢出産の様々なリスクが報じられているので、正直不安な方も多いでしょう。

また、高齢出産は胎児のダウン症リスクになる確率は高いとも言われています。
そこで、今回は高齢出産とダウン症のリスクとの関係について検証していきます。

また、妊活中から妊娠中の間にしっかりとした準備をしておく事で、高齢出産のリスクを下げる方法もご紹介しましょう。

高齢出産によるダウン症の確率とは?

高齢出産の定義は35歳以降の出産を言い、35歳未満の出産に比べ、母体や赤ちゃんに与える影響が多くなります。
ダウン症になる主な理由は、精子または卵子が出来る時の分裂異常によります。

または、発育初期の受精卵の分裂異常によって、胎児の染色体に異常が現れるからです。
染色体異常とは、母親と父親の卵子や精子の老化が原因のひとつ。

女性が一生のうちに身体で作り出せる卵子の数は決まっていて、年齢と共に数が低下し、また卵子の老化が始まります。
この卵子の老化が不妊の原因になり、不妊治療が必要になる場合があるのです。

ダウン症や発達障害の原因は、卵子の老化だけではありません。
しかし、母体の出産年齢が上がるにつれて、ダウン症の発症率が高くなっています。

40歳の出産では、約100人にひとりの割合でダウン症を発症しています。

葉酸が高齢出産のダウン症リスクを軽減する理由

葉酸が高齢出産のダウン症リスクを軽減する理由

葉酸には細胞分裂を促す働きがありますから、卵子や精子の老化を緩める効果が期待出来ます。
しかしながら、ダウン症の染色体異常と葉酸に関しては、先天性の異常のように、高い効果が確立されているわけでありません。

先天性の異常は、葉酸を摂る事で70%軽減出来るとされています。
ところが、ダウン症の染色体の異常については、まだ医学的な研究結果が発表されていないのです。

高齢出産の方は、ダウン症予防のために、染色体の異常リスクを減らすという目的で葉酸を摂取しなければなりません。
そのためには、染色体異常を防ぐため、妊活中である妊娠する前に、夫婦それぞれが葉酸を摂る事が大切になります。

ダウン症の染色体の異常は、受精卵になった時点で決まってしまうので、その前からの予防をする必要あります。
高齢出産の方は、妊活中の卵子と精子の段階で十分に葉酸を摂り、それぞれの質を高めていきましょう。

葉酸は加齢による卵子の老化の進行を緩和する

妊娠力を上げるには、卵子の量と質が関係しています。
しかし、女性は加齢により卵子の量が減り、質が劣化するために、その過程で損傷したり機能が低下したりします。

こうして、高齢になればなるほど妊娠力が低下していくのです。
高齢出産の方は、卵子の劣化により卵子の成長が妨げられたり、染色体異常を持つ卵子が増えるリスクがあると言えます。

ただ、妊娠中に必須のビタミンである「葉酸」は、実は卵胞の発育を良くする事が、オランダのメディカルセンターにより報告されています。
つまり、葉酸を摂取すると、卵胞を大きくする事が分かりました。

そのメカニズムは、葉酸は新陳代謝によって血中に出来るホモシステイン濃度を下げるので、血流を良くするという事です。
高齢出産に望む方は、葉酸を摂取する事で、卵子の老化を緩めて妊娠力を上げる事が出来ます。

葉酸は加齢によるホルモンの減少を抑える

葉酸は、細胞分裂を助ける働きをする事で知られていますが、造血作用もあります。
葉酸を摂取すると、体の造血機能が活性します。

すると、臓器の働きが活発化するので、新鮮な血液によって臓器が元気になるのです。
その結果、体の血行が良くなるため、自律神経の働きが正常化され、ホルモンバランスが整えられていきます。

つまり、葉酸を摂取すると、ホルモンバランスを整えられる効果があるのです。

高齢出産によるダウン症リスクは葉酸が役立つ!

高齢出産によるダウン症リスクは葉酸が役立つ

葉酸は、染色体のコピー複製に必要な栄養素です。
もし、妊活中から妊娠中に葉酸が不足してしまうと、染色体コピーに失敗する確率が高くなります。

これが、胎児の染色体異常リスク、つまりダウン症になる可能性が高くなってしまうのです。
そして、世界7カ国が合同で行った臨床実験の結果でも、葉酸を十分な摂取する事によって、70%もダウン症のリスクが軽減されたというデータもあります。

葉酸がダウン症のリスクを軽減出来ると証明されるのは、医学的にはこれからの段階ですが、期待は出来ると言えます。
葉酸が不足すると、遺伝子のコピーに失敗するリスクが高まる事は事実です。

そのため、高齢出産の方はしっかり葉酸を摂取していきましょう。

高齢出産によるダウン症予防は葉酸サプリで対策!

高齢出産の方がダウン症予防のために、葉酸を十分に摂取するためには、どうすれば良いでしょうか?
葉酸はもちろん食品にも含まれています。

しかし、水溶性ビタミンのため、水や熱に弱く、調理段階で栄養が流れてしまう性質があります。

それだけでなく、食品に含まれる葉酸は、吸収率が50%しかありません。
妊娠初期に必要な葉酸は、1日あたり400μgとされています。

緑黄色野菜のほうれん草は葉酸を沢山含んでいますが、それでも毎日1kgもの量を食べなければなりません。
そこで、葉酸を十分に摂取するためには、葉酸サプリを摂取する事をオススメします。

厚生労働省も、通常の食生活に合わせて、サプリメントからも1日あたり400μgの葉酸を摂取する事を推奨しています。
葉酸サプリの合成葉酸は吸収率が90%以上もあるために、とても身体に効率的に取り入れる事が出来ます。

葉酸と高齢出産のまとめ

葉酸と高齢出産のまとめ

最近の医学の進歩により、高齢出産の危険は、減りつつあると言われています。
ダウン症などの胎児に関するリスクについても正しく理解し、妊娠出産の準備を進めていく必要があります。

今回分かった事は、葉酸を摂る事で、染色体の異常リスクは軽減する事が出来るという事です。
高齢出産に望む方は、バランスの良い食生活だけでなく、葉酸サプリからもしっかりと葉酸を補給しましょう。 

妊娠に欠かせない栄養素は、胎児の発育や成長を助ける葉酸だけではありません。
貧血を予防するための鉄、ビタミン、ミネラルなど多くあります。

日常の食生活を見直す事はもちろん、サプリメントからも足りない栄養素を積極的に摂取する事が求められてきます。
妊娠中から出来る事をして、少しでも染色体異常のリスクを減らしていく事が大切です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。