妊婦以外の葉酸

葉酸サプリと言えば、妊婦さんが飲む物というイメージがありますよね。
葉酸は、今まで妊活・妊娠中の女性やお腹の赤ちゃんに必要な栄養素と思われてきました。

もちろん、妊婦さんにとって大切な栄養素ではあるのですが、実は葉酸サプリは、妊娠以外にも様々な効果が期待出来る事が分かっています。
男女の体調の悩みに、年代を問わずに飲めるのが葉酸サプリなのです。

そこで、今回は妊娠以外にも葉酸サプリが必要な理由と、その健康効果について、ご紹介していきたいと思います。

なぜ葉酸サプリは妊婦以外にも必要なの?

葉酸サプリは、妊婦さんの健康と元気な赤ちゃんを産むために必要な栄養素を補給するものとして有名です。
しかし、葉酸は血液やタンパク質の生成に役立つ栄養素ですから、妊娠していない人や男性も摂取の必要があります。

実際に葉酸は妊婦さんに限らず、性別や年齢に関係なく全ての人に必要なビタミンなのです。
厚生労働省の基準として、1日に200μgの摂取が推奨されています。

葉酸サプリを摂取し続けると、血液の働きを正常にするという効果があり、女性の場合、月経によって引き起こされる生理痛を軽減する役割があります。
また、子宮頸がんなどのがんのリスクも減らすという研究結果もあります。

そして、葉酸サプリは免疫力を上げて、新陳代謝を改善するため、腸の働きが良くなり、便秘の解消にも繋がります。
つまり、妊娠以外でも、葉酸というビタミンは、私たちの身体で様々な活動をしているのです。

葉酸サプリは妊婦以外にも効果的?

葉酸サプリは妊婦以外にも効果的

葉酸サプリは、男女共に人間の健康に対して効果的ですが、美容の面でも注目されています。
葉酸サプリを摂る事によって、血液の循環がよくなり、代謝が改善される事で肌も綺麗に改善されます。

人の細胞は常に分裂を繰り返しながら、新しいものと入れ替わっています。
しかし、加齢によって新陳代謝が鈍化して、細胞の入れ替わりが遅くなるため、シミやそばかすが消えないのです。

そこで葉酸サプリを摂取すると、肌の生まれ変わりを促進させて、健康的で美しい状態に保つ事が出来るのです。
ですから、葉酸は美肌やアンチエイジングの面でも注目されています。

葉酸サプリは妊娠以外にもダイエットに役立つ

葉酸を摂取し続けると基礎代謝が上がるので、消費されるカロリーも増えていき、ダイエットにも繋がります。
葉酸はホルモンバランスを整えるため、偏ったエネルギーの消費を改善します。

ホルモンバランスの乱れは、男性にも起こり得ます。
そのため、男女共に葉酸サプリによってバランスの乱れを正して、ダイエット効果に繋げる事が出来るのです。

葉酸サプリは妊婦以外の妊活サポートになる

葉酸サプリは妊活や不妊のサポートにも役立ちます。
葉酸は、子宮の状態を正常に整えて、子宮内膜に受精卵が着床しやすい環境にする働きがあります。

また、男性が葉酸を摂取すると、精子の質を向上させ、染色体異常を減少させます。
つまり、妊活カップルが葉酸サプリを飲む事で、卵子や精子の質を良くして、受精卵を作りやすくなるのです。

葉酸サプリを飲むと、血流が良くなり、卵巣で卵胞がしっかりと育ちます。
そして、卵胞がしっかり育つと、卵子の質がアップして妊娠率がアップするというわけです。

精子においては、葉酸サプリを飲むと、染色体異常のある精子が減少する事が分かっています。
不妊や染色体異常は、実は精子の方に問題がある個とも多いので、妊活中には男性も積極的に葉酸サプリを飲むと良いでしょう。

葉酸サプリは妊婦以外の認知症と動脈硬化の予防になる

葉酸の注目すべき働きには、赤血球を作るのに必要な栄養素であり、造血作用があります。
葉酸は、血液中の「ホモシステイン」というアミノ酸の濃度を下げて、心臓病のリスクを減らす事が出来るのです。

そして、ホモシステインは心臓病だけではなく、動脈硬化も促してしまいます。
葉酸が不足すると、ホモシステインが増加して血管壁に衝突し、動脈硬化を誘発してしまいます。

そこで、葉酸サプリを摂取すると、ビタミンB6・B12 がホモシステインを良いアミノ酸に変え、動脈硬化を予防出来るのです。
葉酸サプリを摂取する事によって、その濃度を減らし、血管と血の巡りを良くして動脈硬化を予防します。

さらに、葉酸によって血流が良くなると、脳内も血が回り、認知症などの脳の疾患や難聴などを予防する効果も期待出来ます。

妊婦以外の正しい葉酸サプリの飲み方

妊婦以外の正しい葉酸サプリの飲み方

葉酸を含む食品は、主に緑黄色野菜や大豆製品、そしてレバーや乳製品などがあります。
しかし、食品に含まれる葉酸は、水や熱によって栄養素が半減し、さらに体内への吸収率が半分しかないので、結局約25%しか摂れません。

そのため、葉酸を摂るには、葉酸サプリを利用するのが効率的です。
葉酸サプリは吸収率が90%以上あり、定期的に葉酸を摂取出来ます。

妊娠以外の適切な葉酸摂取量は、15歳以上の成人男女の基準値は、1日200μgです。
しかし、摂取量の上限は1000μgまでが目安とされているので、過剰摂取にならないように気を付けましょう。

妊娠以外の人が葉酸サプリと一緒に摂ると効果的なビタミンは?

ビタミンB12は、遺伝子情報を伝達する核酸を生成する効果を高め、赤血球を作る働きがあります。
そして、ビタミンB6は葉酸と一緒に摂る事で、ホモシステインの血中濃度を下げる効果を高め、動脈硬化の予防をします。

鉄分は、特に貧血予防に必要です。
そのため、葉酸サプリメントに鉄分が含まれていると別に摂る必要がないので、体に負担を掛けません。

ビタミンCも葉酸と一緒に摂る事で、鉄分・葉酸両方の吸収率を高めます。
また、細胞の活性化を促し、新しい細胞の生成を増強します。

妊娠以外の人が葉酸サプリと一緒に摂ってはいけないビタミンは?

逆に、葉酸サプリと一緒に摂ってはいけないものは、抗炎症薬や抗生物質です。
これらは、葉酸サプリと一緒に服用する事で、葉酸の効果が低下してしまいます。

また、抗てんかん薬「フェニトイン」と一緒に服用すると、けいれん予防の効果が半減してしまうので注意が必要です。

葉酸の妊婦以外のまとめ

葉酸の妊婦以外のまとめ

葉酸サプリには、妊娠している人以外にも、様々な健康効果がある事が分かりました。
葉酸は、ホモシステイン濃度を下げる働きがあるため、動脈硬化や認知症などの予防にも役立つのです。

そして、葉酸を飲む事で、子宮内膜の壁を厚くして着床率をアップし、妊活や不妊にもサポートしてくれます。
その他、葉酸サプリは脳の神経系を安定させる効果があるため、うつ病などの精神疾患にも効果的であると言われています。

葉酸はサプリを利用して、1日の摂取量、200μgを意識して摂っていきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。