葉酸サプリと染色体異常

妊娠したら、誰もでも元気な赤ちゃんを生みたいというのは、共通して感じる事だと思います。
そのためには、出来る事は全てしておきたいと思うのが親心でしょう。

妊娠中に欠かせない「葉酸」は、赤ちゃんが健康に生まれるために働く大切な栄養素です。
そして、葉酸には「先天性異常」の発症リスクを軽減する事が分かっています。

では、葉酸は染色体異常・ダウン症の予防も出来るのでしょうか?
今回は、葉酸サプリで染色体異常・ダウン症の予防が出来るのか検証していきます。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

葉酸と染色体異常・ダウン症との関係

染色体異常が原因の先天性の疾患である「ダウン症」。
出生児の1000人に1人の割合で生まれるとも言われています。

ダウン症と言っても、その原因には遺伝など様々なものがあります。
しかし、細胞分裂の際のDNAのコピーミスによって引き起こされる事も多いのです。

葉酸には、細胞分裂をサポートする働きがあります。
DNAが正しくコピーされるのを助けるのです。

ですから、妊娠中に葉酸を摂る事で、ダウン症のリスクを減らす事が出来ると言えるでしょう。

葉酸は染色体異常・ダウン症も予防出来る記事

葉酸を妊娠初期に摂取する目的は、先天性の神経管閉鎖障害のリスクを防止する事です。
そして近年、葉酸を摂取する事で染色体異常を防止して、ダウン症の発症リスクを下げる事も、医学会の研究データとして発表されました。

葉酸を摂取する事で、先天性の神経経管閉鎖障害とダウン症のリスクどちらも予防出来る事が分かったのです。

葉酸サプリで染色体異常・ダウン症の確率が下がる?

葉酸サプリで染色体異常・ダウン症の確率が下がる

葉酸は、先天性異常リスクを70%も防止出来ると証明されています。
しかし、染色体異常に関しての具体的なデータは、残念ながらまだハッキリはしていません。

しかし、葉酸が染色体異常も予防出来る事は、先程の医学誌の記事からも分かってきています。
今の段階で、葉酸は先天性の障害を防ぐので、染色体異常も防ぐ効果があるのではないか?という事が分かっています。

葉酸が染色体異常を予防出来るかについての正確な検証は、これからという段階。
先天性異常と染色体異常のどちらを予防するにしても、葉酸は妊娠期間中にプラスに働く事は間違いないようです。

葉酸を摂る際には、食品からも重要と言えます。
しかし、厚生労働省は吸収率の良い葉酸サプリをオススメしています。

葉酸サプリは染色体異常・ダウン症を予防出来る?

葉酸サプリは染色体異常・ダウン症を予防

葉酸サプリを摂取する事で、染色体異常を予防してくれます。
そのため、加齢による生殖機能が低下しても、ダウン症を予防出来るのです。

妊活を始めたら女性だけではなく、男性も一緒に葉酸サプリを摂取する事で、卵子と精子の老化を緩めて染色体異常を予防して、ダウン症のリスクを下げてくれます。
ただし、卵子と精子が出会って受精卵になる時に細胞分裂が行われるため、その時に多くの葉酸を摂取していなければなりません。

葉酸サプリでダウン症の予防するためには、妊活中からしっかり摂取すると良いでしょう。

葉酸で染色体異常を予防するならサプリから摂るのがオススメ

葉酸を摂取して染色体異常を防止するならば、サプリメントから摂取する事をオススメします。
食品から摂る葉酸は、含有量が熱や水に流されてしまいます。

さらに、吸収率が低いため、意多くの量を摂る事が難しいのです。
厚生労働省によると、妊活中や妊娠中に必要な量は、サプリメントから400μgと言われています。

葉酸サプリを毎日必要摂取量をしっかり飲み続けて、健康的な生活を心がけ、赤ちゃんの染色体異常のリスクを少しでも減らしていく対策をしていきましょう。

男性も葉酸で染色体異常・ダウン症の予防出来る?

今までは葉酸サプリを摂取する目的は、葉酸が細胞分裂を促して先天性の神経管閉鎖障害を予防するためでした。
そして最近、葉酸は染色体異常を予防して、ダウン症のリスクを下げる効果がある事も分かっています。

これから妊活をされる方は、葉酸を摂取する事で卵巣機能がアップし、通常に排卵が行われるようになります。
男性は、葉酸サプリを飲む事で精巣機能がアップして、精子の質や量を向上させる事が出来るのです。

そのため、妊活するカップルは女性だけではなく、男性も葉酸サプリを摂取して、染色体異常が原因であるダウン症予防をしていきましょう。

葉酸サプリは高齢出産の染色体異常・ダウン症予防に効果的なの?

葉酸サプリは高齢出産の染色体異常・ダウン症予防に効果的

日本は高齢出産が増えており、それに伴いダウン症の患者が多く増えています。
ダウン症が増えた原因は、高齢出産だけではありません。

葉酸サプリが普及した事によって、本来は早産や流産になったものが、葉酸サプリのおかげで出産されるようになった事が考えられます。
子供がダウン症になる明確な原因は明らかにはされていません。

しかし、生殖機能の老化により、受精の時に染色体異常が生じる事が関係しているのです。
妊活中からしっかり葉酸サプリを摂取していると生殖機能がアップして、卵巣機能が向上して正常に排卵されるようになります。

男性も葉酸によって精子の質や量が上がるため、染色体異常を予防する事が出来ダウン症予防になります。
これから高齢出産を迎える妊活カップルは、男女共に葉酸サプリを摂取して、染色体異常であるダウン症を予防してきましょう。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

葉酸サプリと染色体異常のまとめ

葉酸サプリと染色体異常のまとめ

今まで葉酸サプリを摂取する目的は、先天性の神経管閉鎖障害を予防する目的で推奨されていました。 
しかし、近年になって葉酸サプリが染色体異常を予防して、ダウン症を防いでくれる事も分かったのです。

これから高齢出産に向けて、子供が健康に生まれてくるかどうか心配な方も多いでしょう。
高齢出産は生殖機能の低下に伴い、染色体異常や障害のリスクが高くなっていきます。

そのため、男女共に葉酸サプリを摂取して、染色体異常によるダウン症を予防してきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり