葉酸と青汁

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれていています。
簡単に摂取出来ると妊婦に注目されているのが「葉酸入りの青汁」です。

葉酸入りの青汁はネット通販でも人気商品で、各メーカーが競って販売しています。
栄養素はたっぷりありそうですが、果たして葉酸入りの青汁だけで、妊娠中に必要な葉酸を十分に摂る事は出来るのでしょうか?

そして、葉酸入りの青汁に含まれる葉酸量はどのくらいなのか。
今回は、妊娠中に葉酸入り青汁を飲む効果などを検証していきます。

葉酸入り青汁とは?

葉酸入りの青汁とは、緑黄色野菜の汁を絞ったものの事で、粉末を水に溶かして飲むタイプの他、タブレットやジェル状のものなどがあります。
使われている野菜は、緑黄色野菜の王様とも言われている栄養素が非常に豊富なケールと大麦若葉です。

ケールに含まれている葉酸量は、120μgで、大麦若葉には650μgの葉酸が含まれています。
ケールは緑黄色野菜の王様とも言われている野菜で、栄養価が非常に高いことで知られています。

昔は青汁とはケールそのものであり、そのため青汁は苦くてまずいイメージが定着していました。
しかし、最近主流の大麦若葉はケールのように苦味や青臭さもなく、非常に飲みやすいので人気があります。

青汁は独特な苦味や臭いで苦手な方も多いと思います。
しかし、最近の青汁は小松菜やヨモギ、明日葉を混ぜることで改良が進み、とても飲みやすいものが多くなっています。

人気メーカーの葉酸入り青汁の葉酸量を比較

人気メーカーの葉酸入り青汁の葉酸量を比較

葉酸入りの青汁には、どれくらいの葉酸が含まれているのか、各メーカーの商品を比べてみました。
人気メーカーの中で多い順に記載すると、まず「青汁三昧」の葉酸量は断トツで178.2μgでした。

次にヤクルトの22μg、ステラの21.9μg、やずやの20μg、ファンケルとアテニアが13〜30μg、ダイショーが16μg、サントリーが8.91μg、世田谷自然食品が8.3μg、山本漢方12μgとなっています。

もともと青汁は普段の食生活では不足しがちな栄養素を摂り入れる事が目的の健康食品ですから、葉酸は青汁の中の栄養素の1つという位置づけになっています。
最近では妊婦さん向けに青汁の含有量を多くしている青汁もあるようですが、成分表にも記載されていないものも多いのです。

それは、青汁に葉酸は一応含まれてはいますが、配合量は思ったよりも多くないと言えます。
緑黄色野菜は生の状態だと沢山の葉酸を含んでいますが、加工されると栄養素が減ってしまう場合もあるからです。

よって、青汁だけで妊娠中に必要としている摂取量を十分に摂ることは難しいと言えます。

葉酸入り青汁は無農薬・無添加が人気!

葉酸入り青汁は無農薬・無添加が人気

青汁は健康的なイメージがあり、自然食品だからといって安心・安全とは限りません。
例えば、野菜は農薬や化学肥料と反応して、硫酸イオンを発生させます。

この硫酸イオンは少量なら問題ありませんが、多量だとガン発症の原因にもなる物質です。
いくら栄養価が高い原料を使っていても、育て方や製法によって栄養価がかなり落ちる事もあります。

しかし、100%無農薬・化学肥料不使用で製品化させるのはとても難しい技術が要ります。
そして、仮に出来たとしても高価な製品となり、毎日飲み続けるのは金銭的にも厳しくなるでしょう。

妊娠中に葉酸入りの青汁を飲むならば、なるべく安全性の高い、無農薬、無添加のものを選ぶ事をオススメします。
青汁を選ぶ際には、公式サイトをよく見て、気になる事はお問い合わせセンターに聞いてみると良いです。

妊娠中に葉酸入り青汁を飲む効果は?

妊娠中に葉酸入り青汁を飲む効果

青汁に含まれる栄養素はかなり多く、ビタミン剤として摂るには素晴らしい内容です。

青汁には、食物繊維、タンパク質、脂質、糖分、鉄、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、カリウム、マグネシウム、ベータカロチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、SOD酵素、クロロフィル、グルコシルイソビテキンが配合されています。 

妊婦さんやお腹の胎児のために葉酸はとても大切ですが、ビタミンやミネラルなどのその他の栄養素も非常に重要です。
青汁であれば、1日1杯飲むだけで葉酸だけでなく、その他の栄養素もふんだんに取り込む事が出来るので効果的です。

妊娠中の貧血予防に効果的

妊婦さんの20%は貧血だと言われています。
鉄欠乏性貧血の予防・改善には鉄、葉酸、ビタミンB12が全て豊富に揃ったなレバーを食べると良いと言われます。

しかし、妊娠中にはレバーが苦手な人も少なくありません。
そこでオススメなのが、毎日青汁を飲むことで、鉄分を補給して、貧血の予防・改善に役立ちます。

青汁に含まれる鉄分は植物性でヘルシーです。
どのメーカーの青汁も、鉄、葉酸、マンガン、銅、ビタミンCが含まれていて、妊娠中の貧血に効果的な栄養素を効率良く摂る事が出来ます。

青汁は、貧血対策ならば、特に鉄の多い大麦若葉、明日葉、クマザサの青汁がオススメです。

葉酸入り青汁だけで妊娠中に必要な葉酸量を十分摂れる?

葉酸入り青汁だけで妊娠中に必要な葉酸量を十分摂れる

葉酸はビタミンB群の一種であり、水溶性ビタミンなので、水に溶けてしまう性質があります。
青汁へと加工する過程で葉酸はかなり失われてしまうのです。

ケールや大麦若葉といった素材の葉酸含有量は高くても、青汁になった途端に少なくなってしまうのです。
青汁だけで妊娠中に必要な1日分の葉酸量を摂る事は難しいと言えます。

青汁は栄養不足を解消するためであればオススメの飲み物です。
しかし、葉酸を補う目的なら、やはり青汁よりも葉酸サプリメントで補う方が効率的です。

妊娠中に必要な葉酸はサプリで補うのが効率的!

多くの青汁には、葉酸の表記がない事が多いのです。
妊娠中に必要な量の葉酸を青汁だけから摂る事は難しいと言えます。

青汁は栄養豊富な点が魅力的ですが、飲み過ぎるとカリウムなどの過剰摂取になってしまう恐れもあります。
青汁は食物繊維も多いので、人によっては下痢などの症状や下痢が続き、子宮にも影響が出て、流産などの危険性も高くなってしまいます。

やはり、青汁や日頃の食品から不足している葉酸量は、葉酸サプリから摂るのがオススメです。
葉酸サプリの身体への吸収率は約90%もあり、1日に必要摂取量を確実に摂る事が出来ます。

葉酸サプリは合成葉酸ですから、健康効果も期待できるという厚生労働省によるデータもあります。
パッケージにある必要量を守れば副作用の心配はなく、妊娠中でも安心です。
そのため、妊娠中は青汁ではなく、葉酸サプリをメインに葉酸を摂る事をオススメします。

青汁と葉酸のまとめ

青汁と葉酸のまとめ

葉酸入りの青汁は栄養素は素晴らしく、妊娠中にも嬉しい効果がいっぱいあります。
手軽に栄養補給が出来るので、妊娠中には便利ですね。

しかし、葉酸を摂る目的で青汁を飲んでも、妊娠中に十分な葉酸量を摂取する事は出来ませんので、気を付けましょう。

厚生労働省は葉酸は日頃の食品の他、サプリメントから摂取する事を推奨しています。
妊娠中は葉酸不足にならないためにも、そして過剰摂取しないためにも、葉酸サプリを利用する事をオススメします。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。