妊娠の最短

妊活中は、生理予定日が近くなってくると、今月こそ妊娠出来たかな?と気になってしまいます。
妊娠が完全に成立するのは、子宮に受精卵が着床してからです。

しかし、人にとっては受精卵ができた時期から、つわりのような症状を感じる人がいます。
妊活中の人は、出来るだけ早く結果が知りたい所ですが、妊娠発覚する時期は、最短でいつ頃からなのでしょうか?

今回は、気になる妊娠発覚の時期や症状について紹介していきましょう。

妊娠検査薬は最短でどれくらいで反応する?

女性が妊娠に気が付くのは、生理が遅れてる時が多いようです。
生理が2〜3日遅れていて、「もしかして妊娠したかな?」と疑って妊娠検査薬を使って、妊娠が判明するという事が多いと言えます。

この時期は、生理開始予定日の数日後、薬局で買える検査薬が使用出来るのが予定日1週間後ですので、妊娠5週ぐらいになります。
妊娠を心待ちにしている女性は、少しでも早く妊娠を知りたいでしょう。

では、最短何日で妊娠が分かるかというと、胎のうが確認出来るのが早ければ妊娠4週なので、生理予定日ぐらいになります。
妊娠検査薬で最短で妊娠が分かるのは、生理予定日当日に使える早期妊娠検査薬です。

薬局で買える検査薬は、生理予定日から一週間後に使用するものが多いと言えます。
ただ、早期妊娠検査薬は、予定日当日から使用出来ます。

最短で妊娠を知りたいなら、予定日当日から判定出来ますので、早期検査薬を使用しましょう。

病院の妊娠検査は最短でどれくらいで判明する?

病院の妊娠検査は最短でどれくらいで判明する

早期検査薬を使うのが、最短で妊娠を知る方法になります。
早期妊娠検査薬は、hCG濃度が25mIU/mlで反応するため、一般の検査薬よりも低い濃度で判定できるのです。

そして早期妊娠検査薬は、生理開始予定日の2~3日前から使えるものが多いです。
出来るだけ早めに正確な結果を知りたい場合には、一般の検査薬でフライング検査をするよりも、早期妊娠検査薬を使った方が良いと言えます。

妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使用可能とされています。
しかし、ふだん生理不順になりがちな方の場合、生理周期が不安定で、生理予定日自体がいつなのか分かりません。

よって、妊娠検査薬を使用するタイミングが難しくなります。
この場合は、前回の生理開始日から、1ヶ月半程度経過してから、使用すると検査の精度が上がります。

最短で着床後いつから妊娠の症状が分かる?

最短で着床後いつから妊娠の症状が分かる

着床後によく見られる妊娠超初期症状は、着床出血です。
これは受精卵が子宮内膜にもぐり込む際に、子宮内膜を少し傷付ける事で起こる出血です。

ほとんどの場合、着床出血は1日程度で収まります。
しかし、数日以上続く事もあるので、生理と間違えてしまう可能性もあります。

生理周期を考えながら、生理予定日よりも早いタイミングで出血が見られるようなら、着床出血の可能性も考えられます。
受精卵が子宮内膜に着床する際に起こる痛みは、着床痛と呼ばれます。

着床時の症状としては、受精卵が子宮内膜に潜り込む時に、痛みを感じる人がいるようです。
足の付け根やお腹全体などに、チクチクするような痛みを感じると言われています。

ただし、着床痛を感じない人の方が多いので、痛みを感じないからといって心配する必要はありません。

妊娠初期が出るのは最短でいつ?

妊娠初期症状が現れる時期には個人差があります。
早い人だと、生理予定日の1週間前くらいから現れます。

生理開始予定日から14日前くらいの時期に排卵が起こり、この時に精子と受精すると受精卵が誕生します。
その後1週間ほどの時間をかけて受精卵が卵管を通って子宮に到着し、子宮内膜に着床すると妊娠が成立するのです。

妊娠が成立すると、妊娠初期症状が現れ始めます。
妊娠初期症状が現れる理由は、受精卵が子宮内膜に着床した後に分泌され始める「hCGホルモン」が大きく関係しています。

また、着床が成立すると「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2つの女性ホルモンの分泌量も増加する事も、体の変化を引き起こす原因です。

妊娠が最短で分かる方法は?

妊娠が最短で分かる方法

排卵日にタイミング法を行った妊活中カップルは、妊娠出来たか最短で知りたいと思います。
妊娠は、自宅で妊娠検査薬に陽性反応があったり、体調不良が気になって病院を受診したりする事で判明する場合がほとんどです。

中には検査薬を使う前から、排卵後の体調の変化で確信していたという妊婦もいます。
普段と体調が違っていても、目で見て妊娠を確認出来るのは、早くても妊娠2か月目に入る生理予定日当日です。

妊娠検査薬は、受精卵から出るホルモン「hCG」を検知して陽性・陰性の診断が出来ます。
通常、ドラッグストアなどで売っている妊娠検査薬は、検知出来るhCGが、50mIU/ml以上です。

薬剤師がいるお店では、説明を受けて、生理予定日当日から検査出来るタイプを購入出来ます。
これは、hCGが25mIU/mlから反応するため、出来るだけ早く結果が知りたい人にオススメです。

帝王切開後に二人目を最短で妊娠するためには?

帝王切開後に二人目を最短で妊娠するためには

一般的に、一人目の子が帝王切開だった場合は、子宮破裂などのリスクを考慮して、次も帝王切開での出産を勧められる事が多いのです。
次の妊娠に向けて、子宮が回復するのを待つために、次の妊娠まで最低1年は期間を開けるようにすると医師は助言しています。

また、上の子を授乳中に、生理が再開していなくても、排卵をしている事があります。
次の妊娠を望まない時期であれば、万が一の事を考えて、常に避妊をする事が大切と言えます。

帝王切開後の中絶手術は、子宮の傷を痛める危険性が高いと言われており、産後すぐの予期しない妊娠は、不安になることも多いからです。
帝王切開をするか経膣分娩をするかに関わらず、次の子の妊娠を望む場合、いつ妊娠するかは考えておきましょう。

特に、帝王切開後の次の妊娠や出産には、様々なリスクが伴います。
旦那さんやご両親とぜひ話し合ってみてください。

妊娠の最短のまとめ

妊娠の最短のまとめ

自宅で検査薬を使って、妊娠が判明したら、すぐに病院を受診して正常妊娠かどうか診断してもらいましょう。
妊娠が判明する時期は妊娠5週前後なので、エコー検査で胎のうが確認できる時期です。

子宮内に胎のうが確認出来る事で妊娠が成立します。
働いている女性は、職場への妊娠報告の時期は、妊娠10週ぐらいを目安にすると良いでしょう。

この時期になると、胎芽や心拍が確認できて、流産する確率が劇的に下がる時期です。
母子手帳も交付される時期なので、妊娠10週ごろ職場や上司へ妊娠報告しましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。