妊娠の最短

妊活していると、生理予定日が近づくにつれてソワソワしてきますよね。
妊娠したかなと気がつくのは、人それぞれ体に感じる変化が違います。

多くの場合は、吐き気や頭痛、腹痛といった体の変化を感じる人が多いですが、そのようなつわりの症状を全く感じない人もいるのです。
できれば早く妊娠した事が分かれば嬉しいのですが、実際に妊娠した事が分かるのは、最短でどれくらいなのでしょうか?

今回は、妊娠は最短でいつ分かるのか?という疑問について記載していきます。

妊娠検査薬は最短でどれくらいで反応する?

出来れば妊娠した事が早く分かれば嬉しいものですよね。
そのため、早めに妊娠検査薬を購入して準備しておくと良いでしょう。

大抵の場合、生理予定日が近づいてもなかなか生理が来なくて、妊娠検査薬を使うと陽性反応が出たというケースが多いのです。
卵子と精子が出会う受精卵となって着床が成功した場合、その日から最短で4週間目に妊娠検査薬が反応するという形になります。

妊娠の最短で分かる日程は、生理予定日前後です。
1日でも早く妊娠したかどうかをチェックしたい場合は、生理予定日当日から確認する事が出来ます。

しかし、フライングといって初日には反応しない場合があります。
そのため、あまりに早く使ってしまっても、上手く反応しない事があるのです。

よって、妊娠検査薬は生理予定日が過ぎてから使うと良いでしょう。

病院の妊娠検査は最短でどれくらいで判明する?

病院の妊娠検査は最短でどれくらいで判明する

一日でも早く正確に妊娠したかどうかを知りたい場合は、市販の妊娠検査薬ではなく、病院の早期検査薬を使ってチェックすると良いのです。
早期検査薬は血液の中のホルモン数値を調べて、その数値の高さにより、妊娠したかを判定出来ます。

早期妊娠検査薬は生理予定日当日の2、3日前から使う事が出来ます。
そのため、一般に販売されている妊娠検査薬よりも、最短で調べる事が出来るのです。

早期検査薬にしても妊娠検査薬にしても、どちらにしても生理周期がしっかり把握していないと、日数がずれて検査する事になってしまいます。
そのため、基本は基礎体温計を毎朝測り、自分の正確な排卵日を把握しておく事を前提となります。

最短で着床後いつから妊娠の症状が分かる?

最短で着床後いつから妊娠の症状が分かる

着床後によく見られる妊娠超初期症状は着床出血です。
これは受精卵が、子宮内膜を傷付ける事で起こる出血です。

この着床出血は1日前後で収まります。
しかし、数日以上続く事もあるので、生理と間違えてしまう可能性もあります。

生理周期を考えながら、生理予定日よりも早いタイミングで出血が見られるようなら、着床出血の可能性も考えられます。
受精卵が子宮内膜に着床する際に起こる痛みは、着床痛と呼ばれます。

着床時の症状としては、受精卵が子宮内膜に潜り込む時に、痛みを感じる人がいるようです。
足の付け根やお腹全体などに、痛みを感じると言われています。

ただし、痛みを感じない人も中にはいます。

妊娠初期が出るのは最短でいつ?

妊娠初期になると、頭痛や吐き気腹痛といった様々な症状が起こります。
そして、どのような症状が起きるかは個人差があり、人それぞれです。

また、妊娠初期症状が最短でいつ出るかというのも個人差があります。
妊娠初期症状が早い人では、生理予定日の一週間前から来る人もいれば、生理予定日の後に症状が出る人もいて人それぞれです。

多くの人は、近い生理予定日になってもなかなか来なくて不思議に思っている時に、吐き気や頭痛を覚えて妊娠が分かるという場合が多いです。
しかし、全くそのような妊娠初期症状がない人もいます。

生理の予定日に生理が来ない場合は、検査薬でチェックしてみてください。

妊娠が最短で分かる方法は?

妊娠が最短で分かる方法

妊活中の方は、なるべく早く妊娠出来たかを確認できれば嬉しいですよね。
市販の妊娠検査薬は、次回の生理予定日の2、3日後に検査する事が出来ます。

病院の早期検査薬の場合は、次回の生理予定日の2、3日前から確認出来るので、何日か早くチェックする事は出来るのです。
ただし、多くの女性は生理が遅いのに気づき、体調の変化吐き気や腹痛といった体調の変化を覚えて、妊娠が発覚するというケースが多く見られます。

早く確認したいという気持ちもありますが、妊娠検査薬がフライングになってしまう事も考えられます。
最短で確認したい場合は、早期検査薬を使ってチェックする事をオススメします。

帝王切開後に二人目を最短で妊娠するためには?

帝王切開後に二人目を最短で妊娠するためには

一人目を帝王切開で出産した場合は、二人目の場合も帝王出産のリスクが高くなります。
そのため、最短でも一人目の出産後は、1年間は子宮を休ませると良いでしょう。

産婦人科医師も一人目が帝王切開の場合は、1年間子宮を休めてから二人目を考えるように勧めています。
そして、一人目を授乳中に2人目を妊娠した場合は、子宮がまだ完全に正常な状態に戻っていない時に出産する事になり、流産リスクも考えられるのです。

ですから、一人目が帝王切開の場合は子宮を最低でも1年間休ませて、それから二人目を考えるようにした方が良いでしょう。

妊娠の最短のまとめ

妊娠の最短のまとめ

自宅で検査薬を使って妊娠が判明したら、すぐに病院を受診して正常妊娠かどうか診断してもらいましょう。
妊娠が判明する最短の時期は妊娠5週前後なので、エコー検査で胎のうが確認できる時期です。

子宮内に胎のうが確認出来る事で妊娠が成立します。
働いている女性は、職場への妊娠報告の時期は、妊娠10週ぐらいを目安にすると良いでしょう。

この時期になると、胎芽や心拍が確認できて、流産する確率が劇的に下がる時期です。
母子手帳も交付される時期なので、妊娠10週ごろ職場や上司へ妊娠報告しましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり