葉酸と無脳症

妊娠中に欠かせない栄養素である葉酸ですが、大事な時期に不足すると無脳症のリスクが上昇する事が分かりました。
葉酸は赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても良い効果をもたらすものですよね。

無脳症は赤ちゃんの先天異常である神経管閉鎖障害のひとつで、体は正常なのに生まれつき脳が作られない病気です。
つまり、お腹の中では生きていられるのですが、外に産まれてくると生きる事が出来ないシビアな状態と言えます。

無脳症などの神経管閉鎖障害は、葉酸を妊娠中十分な量を摂取していれば約7割防げる病気なのです。
そこで、今回は葉酸不足と無脳症のリスクについて、詳しくご紹介していきます。

葉酸と無脳症の関連性とは?

葉酸を摂取する事で無脳症の予防に効果的だという事が、欧米などの様々な研究により分かってきました。
妊娠初期の様々な器官の形成時に葉酸が不足する事で、うまく脳が作り出せなくなるのが原因の一つです。

葉酸には赤血球を作るサポートをしたり、神経や細胞を正しく作っていく働きがあります。
そのため、葉酸を妊娠中に必要な量摂取すれば、無脳症をはじめとする神経管閉鎖障害の多くは予防出来る可能性が高いのです。

無脳症は医師が中絶を勧める唯一の病気だとも言われているので、こうした悲しいリスクはなるべく排除していきたものですよね。
日頃の食生活はもちろん、サプリメントを利用しながら葉酸を摂取するのは妊娠中とても重要なら事だと言えるでしょう。

葉酸不足は無脳症の原因になる?

葉酸は意識的に摂取しないと、なかなか1日の摂取目安量に届かない事が多いものです。
さらに、妊娠中の場合には通常時の2倍ほどの葉酸が必要になるので、余計に不足しやすいのでしょう。

そうなると、妊娠初期の段階で神経や脳細胞の生成作業がう上手く行われず、無脳症のリスクが高まるのです。
葉酸不足は赤ちゃんに十分な成長を促すためのサポートができずに、様々なトラブルのリスクが上がる原因になります。

葉酸は主に赤ちゃんの成長のためにサプリメントなどを利用している人が多いですが、食事からだけではなかなか十分な量の摂取はできないのです。
そのため、サプリメントをうまく活用した1日の必要量まで補う必要が出てきます。

妊婦さんが無脳症を予防するために摂取したい葉酸の量

妊婦さんが無脳症を予防するために摂取したい葉酸の量

妊婦さんが赤ちゃんの無脳症を予防するためには、どのくらいの量の葉酸を摂取する必要があるのでしょうか。
妊娠していない時は1日に240μgが必要になりますが、妊婦さんの場合は倍程度の400μgを摂取しなければなりません。

毎日葉酸を400μgを摂取する事で、妊娠初期の赤ちゃんの器官形成が正常におこなわれて無脳症のリスクを下げてくれるのです。
400μgと言われてもピンときませんが、食品で例えると納豆7パックほどの量となります。

そのため葉酸はサプリメントから摂取しなければ、なかなか現実的な量とは言えないのです。
また妊娠中は体調も安定しないので、あまりご飯を食べられない人もいます。

サプリメントなら摂取した葉酸の量がすぐわかりますし、手軽に飲めるので妊婦さんには最適と言えるでしょう。

妊娠してから葉酸を摂取するのでは無脳症は防げない?

妊娠してから葉酸を摂取するのでは無脳症は防げないのか

葉酸は妊娠中に必要な栄養素ですが、妊娠が分かってから摂取し始めるのでは少し遅い事があります。
人によっては妊娠に気付くのが遅れる事もあるでしょう。

その頃にはすでに、赤ちゃんの器官の大部分ができあがっている可能性が高いのです。
そうなると無脳症のリスクを下げるのはあまり期待できない事もあります。

予想外の事もあるので難しいかもしれませんが、できれば妊娠を意識した時期から葉酸を摂取する事で無脳症予防にも効果が期待出来ます。

妊娠中に葉酸を一番必要とする時期

妊娠期間は40週と長いですが、この中で一番葉酸を必要とするのはどの時期なのでしょうか。
実は赤ちゃんがまだあまり育っていないと思いがちな、超初期から必要になるのです。

一般的に4週目から8週の間に最も赤ちゃんの器官形成が進むので、この時期に葉酸を400μg毎日摂取する事が重要でしょう。
しかし、この初期の時期は人によってつわり等自覚症状がない場合もあって、すぐに妊娠に気付けない事も多くなります。

いつ妊娠したかわからない事も少なくないので、日頃からサプリメントで葉酸を定期的に摂取していれば安心ですね。
無脳症を予防するためには、早めに行動していくようにしましょう。

葉酸と無脳症のまとめ

葉酸と無脳症のまとめ

今回は葉酸不足と無脳症のリスクについて、詳しくご紹介してきました。
葉酸は赤血球を作るサポートをする他にも、神経などを作り出す作用があります。

そのため赤ちゃんの器官のほとんどが作られる妊娠初期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害の無脳症リスクが上昇してしまうのです。
無脳症を予防するには1日400μgの葉酸を毎日摂取する必要があります。

特に妊娠初期に摂取する事が大切なので、妊娠を意識した時から早めにサプリメントを利用して取り入れていきましょう。
妊婦さんだけでなく、妊活中の人も積極的に摂取していきたいものですね。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり