葉酸とめまい

妊娠中は普段と体の状態が異なるので、いつもは全くないのに突然めまいが起こる事があります。
そんな時に妊婦さんにおなじみの葉酸を摂取する事で、症状の予防効果が期待出来るのです。

そもそも妊娠中にめまいが起こるのはなぜなのでしょうか。
また、葉酸がどのように作用して、症状を予防していくのかも気になりますよね。

葉酸は単体で摂取するのではなく、他の栄養素との兼ね合いも重要になります。
そこで今回は、妊娠中に多いめまいの症状を葉酸で予防する事について、詳しく説明していきます。

妊娠中にめまいが多い原因はなぜ?

妊娠を意識した段階から、葉酸などの栄養を積極的に摂取するように推奨されています。
これは赤ちゃんの健康のためでもありますが、お母さんの健康を守る役割もあるのです。

妊娠中にめまいが多くなる原因は、赤ちゃんに栄養をたくさん送るためにお母さんの血液量が増加する事にあります。
つまり、血液の水分が増えて血中の成分が薄まってしまうのです。

赤ちゃんへは血液に栄養や酸素などをのせて、胎盤を通して運ばれます。
なんと妊娠後期にはお母さんの血液量はおよそ1.5倍にもなると言われ、その分多くの鉄分が必要になるのです。

また、妊娠初期は葉酸などの必要な栄養がつわりなどでなかなか摂取できず、全体的な栄養が足りない事が多くなります。
葉酸は造血ビタミンと呼ばれるほど、血液の赤血球を作る重要な役割を担っているのです。

そのため、単に鉄分だけをとるのではなく、葉酸の摂取が必要なのですね。

葉酸でめまいが予防出来る理由

葉酸でめまいが予防出来る理由

妊娠中というと初期から葉酸の重要性はよく聞きますが、鉄分は意外と落とし穴になっています。
めまいを予防するには、葉酸だけでなく鉄分も多く摂取する必要があるのです。

葉酸は妊娠中によく起こるめまいの原因、鉄欠乏性貧血に対して良い効果が期待出来ます。
これは、体内のビタミンB12と結びついて血液中の赤血球を作り出して、ヘモグロビンの数値を上げてくれるからです。

妊娠中は最低でも3回の血液検査がありますが、鉄欠乏性貧血はこの検査ですぐに判明します。
医師に貧血を指摘されたら、葉酸をより積極的に摂取する事が効果的です。

妊婦さんに必要な葉酸の1日の摂取目安量は400μgと、通常時の240μgよりかなり多くなっています。
そのため、めまいの予防のためには普段の食事とあわせて、サプリなどを効率的に利用していく必要があるでしょう。

葉酸が赤血球を作るサポートをする

葉酸を摂取する事で、鉄欠乏性貧血によるめまいを予防する効果が期待出来ます。
葉酸には、血液を作り出す造血作用があるのです。

葉酸はビタミンBの一種で、赤血球をより多く生産するためにサポートする栄養素。
お腹の赤ちゃんの先天異常を予防するなどの効果が印象的ですが、実は妊娠中の貧血によるめまいを防止してくれる効果も期待出来ます。

妊娠中は血液量が増えるために、普段貧血気味でない人でもめまいなどの症状が起こりやすくなってくるのです。
そのため、毎日十分な量の葉酸を摂取する事で、鉄欠乏性貧血が原因のめまいを予防出来ます。

葉酸でめまいを予防する方法

葉酸でめまいを予防する方法

葉酸でめまいを予防していくには、血液の成分である赤血球が十分作られるように必要量を摂取する事が重要です。
妊娠を意識した時から、1日に摂取したい葉酸の量は400μg。

葉酸が多く含まれている納豆を例にすると、1パックで約60μgを摂取する事が出来ます。
そうなると1日7パックを消費する必要があり、あまり現実的ではありません。

レバー類には非常に多くの葉酸が含まれていてめまいに効果的と思われがちですが、同時にビタミンAの過剰摂取になりやすいのです。
妊娠初期のビタミンAの過剰摂取は、赤ちゃんの奇形などを誘発するのでオススメはできません。

食事を通して葉酸をある程度摂取する事は出来ますが、めまいを予防するための必要量を摂取するのは難しいのが現状です。

葉酸の働きを助ける栄養素を摂取してめまい防止

妊娠中は葉酸さえ必要量摂取していれば、めまいを予防出来る訳ではありません。
しかし、葉酸は単体で摂取しても、あまり赤血球を増やす事は出来ないのです。

葉酸の働きを助ける栄養素を同時に摂取する事で、初めて作用を最大限活かす事が出来ます。
特に相性の良い栄養素は、ビタミンB12とビタミンCです。

ビタミンB12は赤血球の主成分であるヘモグロビンを、葉酸と力を合わせて作り出す栄養素。
ビタミンB12も不足してしまうと赤血球を作り出せなくなって、貧血によるめまいを起こしてしまいます。

ビタミンCは葉酸の働きを活性化する働きがあって、鉄分とも相性がいいので欠かす事ができません。
葉酸が含まれた食品をとる際には、ビタミンCを含む果物や野菜などを合わせるとめまい予防にはバッチリですね。

葉酸のサプリメントで効率的に摂取してめまいを予防

めまい予防や赤ちゃんの健康維持のため1日に必要な葉酸400μgを摂取するには、納豆7パック分が必要になります。
食事からだけでは十分な葉酸を摂取する事ができず、めまいの予防がなかなかできないのです。

これを解決するためには、葉酸のサプリメントを服用して効率的に摂取する事をオススメします。
葉酸のサプリメントには1日に必要な400μg、そして作用を助けるその他のビタミンB群やビタミンCなどが含まれているものがあります。

たくさんの食材を食べるより水で飲むだけで、めまいの原因である貧血を予防するのに必要な栄養素を摂取出来ます。
食欲の出ない妊娠初期や後期も、サプリメントの摂取で簡単に栄養補給が出来るのですね。

葉酸とめまいのまとめ

葉酸とめまいのまとめ

妊娠中に多いめまいの症状を、葉酸で予防する事についてご紹介してきました。
葉酸は赤ちゃんの健康のために摂取するイメージが強いのですが、実はお母さんの健康を支える働きもあるのです。

妊娠中は血液量が増えるために鉄欠乏性貧血になりやすく、赤血球が足りない状態になります。
そこで葉酸がビタミンB12と協力して赤血球を作り出すので、貧血によるめまいを予防する効果が期待出来るのです。

ただし、めまいを予防するための十分な量の葉酸を摂取するには、サプリメントを利用していく必要があります。
食事のみでは葉酸400μgを摂取するのは難しいので、葉酸の働きを助ける他の栄養素と合わせて効率良く取り入れていきましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。