葉酸と奇形児

全流産の約90%が妊娠初期の流産であり、その原因は、ほとんどが染色体異常と先天性異常です。
染色体異常と先天性異常の違いは、染色体異常は「ダウン症」の原因になるもので、先天性異常は「奇形」の原因になるものです。

これらの異常が表れると、初期流産となり、出産は出来なくなってしまうのです。
しかし、まれに出産することがあり、それがダウン症や奇形児の赤ちゃんになります。

そこで、初期流産を予防するために注目されているのが葉酸です。
葉酸を摂取する事で、染色体異常と先天性異常の予防できるのでしょうか?

それでは早速検証してみましょう。

先天性奇形の原因とは?

先天性奇形とは、生まれる前から確認される異常の一つです。
先天異常は内分泌系や神経、知能の発達など様々なものがありますが、先天性奇形は主に形に異常が現れます。

疾患の名前で言うと、無脳症や二分脊椎症、ダウン症、口唇裂・口蓋裂、小眼症などがあります。
先天性奇形の明確なメカニズムは解明されていません。
しかし、先天性奇形を引き起こす可能性のある要因は、既にいくつか指摘されています。

妊娠中のアルコールは先天性奇形の要因

例えば、妊娠中のアルコールの摂取は、胎児に悪影響を及ぼす事が分かっています。
妊婦のアルコールにより引き起こされた奇形や障害を胎児性アルコール症候群と呼びます。

妊娠中にどの程度のアルコールが胎児への催奇性を示すかは個人差があるため、明確な基準は設定されていません。
よって、妊娠中は少量でも胎児に対して、悪影響を及ぼす可能性があるものという認識を持ち、アルコールを避ける事が重要です。

妊娠初期に妊娠に気付かず飲酒した程度ならば仕方ありません。
しかし、妊娠が判明したら、すぐに禁酒する事が常識です。

妊娠中のたばこは先天性奇形の要因

また、タバコに含まれるニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質は、胎児に対して悪影響を与えます。

喫煙は母体の血管を収縮させ胎児への血流量を減少させるために、栄養素や酸素が十分に供給されなくなります。
低体重などの発育不全を引き起こす可能性もあるのです。

その他にも、早産や流産の可能性も高まり、1日に喫煙するタバコの本数が多いほど比例します。
そして、タバコに含まれる有害物質には催奇性があります。

心臓や腹壁に対する奇形が増加して、口唇裂や口蓋裂も増加する可能性も考えられます。
妊娠中にどうしてもタバコをやめられない場合は、禁煙外来で治療をする事も可能です。

先天性奇形児の確率は?

先天性奇形児の確率

日本国内において、先天性奇形児が生まれる確率は新生児全体の約5%です。
その内、生命に関わりうる重篤な先天異常が発生する確率は、1~2%と言われています。

この確率の中には奇形だけではなく、内臓や内分泌系、神経系の異常も含まれています。
神経管閉鎖障害が発症するのは、日本では1万人に6人です。

延べ人数にすると、年間で約700人弱の胎児に発症しているのです。

葉酸が先天性の奇形児を予防出来る理由

葉酸が先天性の奇形児を予防出来る理由

特に妊娠初期である妊娠カ月頃までは、赤ちゃんの体の各器官、細胞が活発に形成される時期です。
この時期に妊婦が充分な葉酸を摂取する事で、胎児のDNAがしっかり合成されます。

妊娠中は、普段の食事に加えて葉酸サプリから240μg、妊娠初期は普段の食事に加えて400μgが必要です。 

妊娠前から妊娠12週までの時期に、1日に必要な葉酸量をしっかりと摂取し続けている妊婦は、葉酸が不足している妊婦に比べて、先天性奇形や先天性疾患を持った赤ちゃんが産まれる確率が、大幅に下がるという研究結果が出ています。

葉酸の効果により、先天性の奇形児を約70%低減させる事が出来るのです。

葉酸サプリで先天性の奇形児を予防しよう!

葉酸サプリで先天性の奇形児を予防しよう

冒頭に述べたように、葉酸が初期流産の原因の一つである先天性異常の奇形児を防止するのは世界中が認めている事実です。
アメリカの研究によると、葉酸の摂取で、胎児の先天性異常が70%、イギリスでは72%軽減、オーストラリアでは75%軽減されたデータが出ています。

そして、葉酸と先天性異常との関係は、日本の厚生労働省も認めています。
母子手帳にも妊娠初期は葉酸を積極的に摂取するように書かれているのです。

お腹の赤ちゃんの身体が作り始められる妊娠初期には、重要な栄養素である葉酸を摂取する事がとても大事と言えます。
葉酸はサプリからしっかりと摂取量を飲み続けて、障害リスクを防いでいきましょう。

先天性奇形児を予防する葉酸サプリの選び方

先天性奇形児を予防する葉酸サプリの選び方

葉酸を飲んでおけば、胎児の先天性異常が防止でき、初期流産の確率が下がる事が分かりました。
では、奇形児を防ぐための葉酸は何を基準に選べば良いのでしょうか?

厚生労働省が推奨しているのは、妊婦は普段の食事に加えて、葉酸サプリなどから「合成葉酸」を摂取する必要があるとしています。
合成葉酸の中でも石油由来ではなく、天然由来の方が安全性が高く、肝臓や腎臓の負担にもなりません。

また、葉酸サプリは葉酸単体ではなく、ビタミンB12や活性型に変換する作用のあるビタミンCやミネラルがバランスよく配合されたものが効率的です。
そして、食品添加物や保存料、香料や甘味料などが含まれているものを毎日摂取すると、生まれてくる赤ちゃんの健康問題に影響しますので、気を付けなければなりません。

葉酸と奇形児のまとめ

葉酸と奇形児のまとめ

葉酸には細胞の生まれ変わりや生成をサポートする働きがあり、弱った細胞を元気にする役割があります。
妊娠中に葉酸の必要摂取量を毎日摂り入れる事で、奇形児などの障害のリスクを減らす事が出来るのです。

妊娠中に奇形児を防ぐためは、葉酸サプリなどから、吸収力の高い合成葉酸を摂取する事がとても大切だと言えます。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてみてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。