葉酸と肝臓

葉酸とは、妊娠中にお腹の胎児の成長や細胞分裂が多く行われる時に必要とされている栄養素です。
葉酸はビタミン群の一種であり、DNAの合成や細胞分裂などに関係しています。

最近では、葉酸の幅広い効果が分かっており、肝臓の機能を向上させる事が注目されています。
肝臓は、私たちの体の中で、解毒や代謝、栄養の貯蔵など健康に生きるための大切な働きをしてくれる臓器です。

妊娠中の定番サプリである葉酸サプリメントは肝臓の健康を保ち、サポート機能があります。
しかし、飲み方によっては、逆に肝臓の負担になる事もあるのです。

妊娠中に肝機能が低下すると、お腹の赤ちゃんにも悪影響が及ぶ可能性も出てくるので気を付けなければなりません。
そこで今回は、葉酸と肝臓の関係について詳しくお話していきましょう。

葉酸は肝臓の機能を健康に保つ

葉酸が肝臓の働きを助けてくれると言われている最大の理由は、肝臓の細胞の再生をサポート機能によります。
肝臓では、代謝や解毒、胆汁生成など、様々な機能を行っています。

そのため、細胞も傷付きやすくなっています。
しかし、葉酸を摂取する事で、肝臓が元気に回復するのです。

肝臓自体は再生能力が高い臓器ですので、半分以上切り取っても再生する能力があります。
しかし、アルコール摂取や脂肪肝などで肝臓自体が疲れてしまうと、再生も遅くなり、肝臓の機能も低下していきます。

そんな肝臓の細胞を健康に保ってくれるのが葉酸なのです。
葉酸を摂取する事により、傷ついた肝臓の細胞が再生する際にサポートしてくれるので、肝機能の回復も早くなります。

葉酸サプリは肝臓がんの予防になる?

葉酸サプリは肝臓がんの予防になる

葉酸は、肝臓がん、肺がん、直腸がん、卵巣がん、結腸癌、咽頭がんなど、様々ながんの予防出来ると言われいます。
葉酸を摂取する事で、細胞の遺伝情報ミスコピーを防ぐ事が出来るからです。

もし葉酸が不足すると、ミスコピーされた細胞が癌化していまう可能性があります。
葉酸が、がんの予防に効果的かどうかの医学的な証拠はまだ公表されていません。

様々な研究結果によると、葉酸不足の人はがんのリスクが高い事が分かっています。

しかし、気を付けなければいけない事は、既にがんになった患者が葉酸の過剰摂をすると、葉酸が抗がん剤を妨げてしまいます。
そして、がんの進行を早めてしまう危険がある事も指摘されています。

毎日、葉酸サプリを1000mg以上、過剰に摂取した場合、がんの発生リスクは2倍になったという研究結果があるのです。

肝臓に負担になる葉酸サプリとは?

肝臓に負担になる葉酸サプリ

葉酸サプリは医薬品ではなく、栄養補助食品の部類になるので、肝臓に対する副作用はありません。
葉酸自体には、肝臓に負担を掛けるような成分はなく、葉酸サプリの摂取目安量を守れば、肝臓に負担になる事はないのです。

しかし、葉酸サプリは肝臓に負担が掛かると言われている理由は、葉酸サプリの選び方によります。
葉酸サプリと一口に言っても、その原料や成分は様々であり、確かに肝臓に負担が掛かる商品も存在します。

では、肝臓に負担になりやすい葉酸サプリを見ていきましょう。

石油系由来の葉酸サプリ

葉酸には食品に含まれる「天然葉酸」とサプリメントに配合されている「合成葉酸」があります。
合成葉酸は吸収率が約90と高く確実に摂れるので、厚生労働省も妊娠中の女性に推奨しています。

そして、その「合成葉酸」には原料が石油系由来などの化学物質から出来たものと、食べ物などから出来た天然由来のものと2種類あります。
ドラッグストアなどで見かける安価なサプリに多いのが、石油系の化学物質を原料とした葉酸サプリです。

石油系の原料を使用した葉酸は、当然ながら、体内で栄養を分解する際に肝臓に負担を掛かります。
そして、妊娠中に葉酸サプリを毎日飲み続けると、肝臓で分解されるのに時間が掛かり、肝臓に蓄積されていくのです。

脂溶性ビタミンを配合した葉酸サプリは肝臓に蓄積される

脂溶性ビタミンは、肝臓に蓄積される栄養素です。
葉酸自体は水溶性ビタミンなので、必要の無い分が、その都度尿などによって排出されます。

しかし、体内に蓄積される性質を持つ脂溶性ビタミン(ビタミンA、K、D、E)は、摂り過ぎると肝臓に蓄積されますから肝臓に負担が掛かるのです。
脂溶性ビタミンは妊娠中に必要な栄養素ですが、過剰摂取には十分気を付ける必要があります。

化学合成添加物を多く含む葉酸サプリ

葉酸サプリには、多くの化学合成添加物を配合したものがあります。
サプリを飲みやすくするために、味や匂いを加えたり、合成着色料や保存料、食品添加物を配合しているのです。

食品添加物とは、そもそも厚生労働省が安全性を認めた物しか使用出来ません。
そのため、微量であれば人体に影響は無いとされています。

しかし、妊娠期間中に毎日飲み続けるサプリは、お腹の赤ちゃんに影響があるので、慎重に選ばなければなりません。
葉酸サプリの添加物は、肝臓での分解に時間が掛かり、負担になりやすいのです。

ネット通販に見られる高価なサプリは、天然由来のものが多く、安全性が高いと言えます。
しかし、どんなサプリにも必ず添加物は入っています。

長く飲み続ける葉酸サプリですから、内容成分をしっかり確認して、納得した上で選びましょう。

葉酸サプリで肝臓に負担になった時の副作用は?

葉酸サプリで肝臓に負担になったときの副作用

葉酸サプリは基本的には、飲み過ぎなければ肝臓に負担になる事はなく、体にも害はありません。
妊娠中の葉酸の摂取目安量は、1日平均400μgですので、摂取量を守る事が何よりも大切です。

葉酸の上下摂取量は1000μgです。
そのため、これを超えて飲むと、肝機能の不調が出て、体に副作用が生じる可能性があります。

これは葉酸サプリだけでなく、どんなサプリメントでも多く飲み過ぎる事は肝臓への負担は高くなるのです。

妊婦が葉酸サプリを過剰に摂取すると、アレルギー疾患等のリスクを高めるとも言われているのです。
葉酸サプリの飲み忘れても一度に大量に飲む事は避けて、1回分の摂取量をいつも守る事を心がけましょう。

肝臓に負担にならない葉酸サプリの選び方

肝臓に負担にならない葉酸サプリの選び方

肝臓に負担を掛けない葉酸サプリは、食品などの天然由来から抽出されて合成されたサプリを選ぶ事です。
次に、なるべく化学添加物がないサプリを選ぶようにしましょう。

化学添加物は肝臓で分解、解毒されますが、始めから添加物が入っていなければ、肝臓の負担はなりません。
そして、肝臓は必要以上に摂取された栄養素を貯蓄する働きがあります。

そのため、蓄積性のある脂溶性ビタミンの過剰摂取に配慮された葉酸サプリが良いでしょう。

葉酸と肝臓のまとめ

葉酸と肝臓のまとめ

葉酸には、身体の細胞分裂を助ける働きがあります。
もちろん、肝臓の細胞が生まれ変わる時も活躍する栄養素です。

最近では、葉酸の肝臓がんの予防効果についても注目されていて、肝臓の機能をアップさせてくれる栄養として認知されてきています。

葉酸サプリは飲む量さえ守っていれば、肝機能が悪くなったり、副作用の心配はありません。
しかし、既にがんに罹患されている方は、葉酸の過剰摂取には注意が必要です。

そして、妊娠中は肝臓に負担が掛かると、お腹の赤ちゃんにとっても悪影響が及びます。
妊娠中に毎日飲む葉酸サプリを選ぶ際には、価格や効果だけでは無く、原料と成分をチェックして、肝臓に負担にならないかどうかを確認しましょう。

もし肝臓が元々弱く、葉酸サプリを摂取することに不安がある場合には、医師に相談してみてください。
葉酸には、がん予防以外にも多くの身体に良い働きがあります。

そのため、もし葉酸の摂取が望ましいようであれば、積極的に摂取する事をオススメします。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてみてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。