葉酸と肝臓

葉酸サプリと言うと、妊娠してる女性が飲むものというイメージがあるかもしれません。
確かに、葉酸には妊娠中お腹の胎児の成長をサポートする働きがあります。

ただし、最近は葉酸の健康に対するメリットも注目されるようになってきました。
肝臓はアルコールを継続したり体に不要なものを排出してくれたりする大切な臓器ですが、葉酸はその肝臓機能をアップさせてくれるのです。

では早速、葉酸サプリは肝臓の機能向上に効果的なのかを見ていきましょう。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

葉酸は肝臓の機能を健康に保つ

葉酸が肝臓の機能向上に効果的と言われているのは、葉酸には細胞分裂を促す効果があるため、弱った肝臓を健康に回復させる事が出来るという事です。
肝臓はアルコールの解毒や、老廃物を排出したりデトックス作用があります。

そのため、葉酸を摂取する事によってその作用が強化され、アルコールの摂取で弱った肝臓機能を強化してくれるのです。
日頃からアルコール多く摂取する方、暴飲暴食が多い方、食生活が乱れて肝臓が疲れている方は、葉酸を摂取すると効果が期待出来るでしょう。

葉酸サプリは肝臓がんの予防になる?

葉酸サプリは肝臓がんの予防になる

葉酸は、肝臓がん、肺がん、直腸がん、卵巣がん、結腸癌、咽頭がんなど、様々ながんの予防出来ると言われいます。
葉酸が、がんの予防に効果的かどうかの医学的な証拠はまだ公表されていません。

様々な研究結果によると、葉酸不足の人はがんのリスクが高い事が分かっています。
しかし、気を付けなければいけない事は、既にがんになった患者が葉酸の過剰摂をすると、葉酸が抗がん剤を妨げてしまいます。

そして、がんの進行を早めてしまう危険がある事も指摘されています。
毎日、葉酸サプリ1000μg以上を過剰に摂取した場合、がんの発生リスクは2倍になったという研究結果があるのです。

肝臓に負担になる葉酸サプリとは?

肝臓に負担になる葉酸サプリ

葉酸サプリは健康食品のため、肝臓が負担になるような副作用はありません。
ただし、葉酸サプリによっては、添加物や保存料、着色料と言った化学物質が多く含まれているものもあります。

長期的に飲むと、逆に肝臓の負担になってしまうのです。
肝臓を強化するために葉酸サプリを選ぶならば、なるべくオーガニックや無添加の葉酸サプリを選ぶようにしてください。

石油系由来の葉酸サプリ

ドラッグストアや薬局に販売されてる安価の葉酸サプリは、千円以下のものが多く値段が魅力的です。
ただし、安価な葉酸サプリは石油系由来の葉酸サプリが多く、化学物質が多く含まれています。

そのため、長期的に摂取するとアレルギーや肝臓の負担になってしまいます。
肝臓を強化する目的で葉酸サプリを摂取するならば、石油系由来のものではなく、食品由来の葉酸サプリを選ぶようにしましょう。

日本で販売されている葉酸サプリのほとんどが合成葉酸ですが、その合成葉酸には石油由来のサプリと食品由来の天然由来から作られた合成葉酸があります。
身体に良いのはもちろん、天然由来の合成葉酸の方で、価格は高めのものが多いのです。

肝臓強化のためには、価格だけでなく高品質の葉酸サプリを選びましょう。

脂溶性ビタミンの葉酸サプリは肝臓に悪い?

ビタミンには、水溶性・脂溶性があります。
脂溶性ビタミンは、摂取した分体内に蓄積されるので過剰摂取に気を付けなければなりません。

例えば、ビタミンAやビタミンEは取れば取れるほど体内に蓄積されていくので、取り過ぎると肝臓に負担になってしまいます。
気を付けなければならないのは、動物性の脂溶性ビタミンのレバーやうなぎ、オリーブ油です。

化学合成添加物を多く含む葉酸サプリ

葉酸サプリには、多くの化学合成添加物を配合したものがあります。
サプリを飲みやすくするために、味や匂いを加えたり、合成着色料や保存料、食品添加物を配合しているのです。

食品添加物に関しては、厚生労働省から認可が下りた物のみなので、人体への影響は少ないと言えるでしょう。
しかし、妊娠期間中に毎日飲み続けるサプリは、お腹の赤ちゃんに影響があるので、慎重に選ばなければなりません。

葉酸サプリの添加物は、肝臓での分解に時間が掛かり、負担になりやすいのです。
ネット通販に見られる高価なサプリは、天然由来のものが多く、安全性が高いと言えます。

しかし、どんなサプリにも必ず添加物は入っています。
長く飲み続ける葉酸サプリですから、内容成分をしっかり確認して、納得した上で選びましょう。

葉酸サプリで肝臓に負担になった時の副作用は?

葉酸サプリで肝臓に負担になったときの副作用

葉酸サプリは基本的には、飲み過ぎなければ肝臓に負担になる事はなく、体にも害はありません。
妊娠中の葉酸の摂取目安量は、1日平均400μgですので、摂取量を守る事が何よりも大切です。

葉酸の上下摂取量は1000μgです。
そのため、これを超えて飲むと、肝機能の不調が出て、体に副作用が生じる可能性があります。

これは葉酸サプリだけでなく、どんなサプリメントでも多く飲み過ぎる事は肝臓への負担は高くなるのです。

妊婦が葉酸サプリを過剰に摂取すると、アレルギー疾患等のリスクを高めるとも言われているのです。
葉酸サプリの飲み忘れても一度に大量に飲む事は避けて、1回分の摂取量をいつも守る事を心がけましょう。

肝臓に負担にならない葉酸サプリの選び方

肝臓に負担にならない葉酸サプリの選び方

肝臓に負担を掛けない葉酸サプリは、食品などの天然由来から抽出されて合成されたサプリを選ぶ事です。
次に、なるべく化学添加物がないサプリを選ぶようにしましょう。

化学添加物は肝臓で分解、解毒されますが、始めから添加物が入っていなければ、肝臓の負担はなりません。
そして、肝臓は必要以上に摂取された栄養素を貯蓄する働きがあります。

そのため、蓄積性のある脂溶性ビタミンの過剰摂取に配慮された葉酸サプリが良いでしょう。

⇒口コミ第1位の葉酸サプリを見てみる。
※管理人も試しました。

葉酸と肝臓のまとめ

葉酸と肝臓のまとめ

葉酸が肝臓の強化に効果的と言われているのは、葉酸には細胞分裂を促す効果があるためです。
肝臓はアルコールの分解や老廃物の排出など機能を果たしてくれます。

葉酸を摂取すると疲れた肝臓の働きが強化されて、肝臓機能をアップする事が出来るのです。
日頃からアルコールを多く飲む方、暴飲暴食をしてしまう方、食生活が乱れている方は、葉酸を摂取する事で肝臓の機能をアップさせる事が出来ます。

添加物が多い安価な葉酸サプリを選んでしまうと逆に肝臓の負担になってしまうので気をつけてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてみてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり