葉酸と花粉症

妊娠すると、女性の身体には様々な変化が起こります。
妊婦の中には、花粉症や喘息、食物アレルギーの症状が出る方も多く見られます。

特に花粉症に関しては、多くの妊婦が悪化する傾向にあります。
妊娠してから、初めて花粉症になったと言う妊婦もいます。

妊娠中は辛いつわりもあるので、花粉症になるのは、本当に大変ですよね。
実は、そんな妊婦中の花粉症の予防と緩和をするために、「葉酸」が効果的だと好評なのです。

葉酸サプリを飲むだけで、赤ちゃんの健康を守りながら、同時に花粉症の予防も出来たらとてもラッキーですよね。
そこで今回は、妊娠中の花粉症になぜ葉酸が役立つのか?

また、花粉症の薬と葉酸サプリを併用しても大丈夫か?について検証していきたいと思います。

花粉症でも安全に飲める葉酸サプリを見てみる。

葉酸が花粉症の改善・予防に効果的な理由

日本で最も多いアレルギーと言えば、やはり花粉症です。
特に、スギ花粉にアレルギーを持っているという人は非常に多く見られます。

アレルギーというのは、アレルゲンと呼ばれる物質が体内に入る事によって、免疫機能が過剰に反応しすぎてしまう防衛反応です。
特に妊娠中は、おなかの赤ちゃんの成長に必要な栄養を身体に取り込むので、アレルゲンも同時に、体内に入りやすくなります。

つまり、妊娠中はアレルギー症状が普段よりも出やすいのです。
そして、葉酸の花粉症に対する改善や予防の効果については、まだ科学的にハッキリとは確証していません。

しかし、葉酸の持つ様々な働きが、花粉症の症状を軽減する可能性は十分にあると考えられています。

妊娠中は花粉症になりやすい?

本来、身体に害のある物が体内に入ってきた時に、それらを撃退する作用が免疫です。
しかし、その免疫が身体に害の無い物に対しても作動してしまうのがアレルギーとなってます。

花粉症の場合は、花粉に対して免疫が過剰に働いてしまう症状。
妊娠すると、花粉症になりやすいのは、その免疫が低下してしまうからです。

また、妊娠してホルモンバランスが乱れる事により、鼻の粘膜が弱くなり、ストレス等により自律神経が乱れます。
そして、妊娠中は薬が飲めなくなる事なども、妊娠中に花粉症が悪化してしまう原因と考えられます。

頭痛や喉の痛み、顔の痛みや鼻づまりがひどい場合には、副鼻腔炎の可能性もあります。
あまりに辛い場合は、一度耳鼻科で相談してみるのも良いでしょう。

葉酸は免疫力を上げてアレルギーを改善・予報する

妊娠中は葉酸をしっかりと摂る事で、免疫力が高まり、花粉症が悪化するのを改善する事が出来ます。
また、妊娠中に花粉が悪化する原因には、自律神経の乱れもあります。

妊娠中は、環境や身体の様々な変化から心の変化も多く、自律神経が乱れやすいと言えます。
葉酸には、心をリラックスさせ自律神経を整える働きがありますから、花粉症の予防役立つのです。

そして妊娠中は、ホルモンバランスが乱れやすい時期でもあります。
ホルモンバランスが乱れると、鼻の粘膜が弱くなり、腫れやすくなると、花粉症が悪化しやすいのです。

葉酸には、ホルモンバランスを整える働きや、粘膜を強化する働きがあります。
妊娠中にしっかりと葉酸を摂る事で、ホルモンバランスの乱れを防ぎます。

そして、粘膜を強化する事から、辛い花粉症の予防の効果が期待出来るでしょう。

花粉症の予防・改善には葉酸をどれだけ摂れば良いの?

葉酸は、花粉症の軽減や予防に効果的な働きが期待できます。
しかし、食品に含まれる葉酸は加熱や水洗いに弱く、調理中に多くの葉酸が失われてしまいます。

そして、吸収率が約50%しかないため、毎日の食事だけで必要な葉酸の量を補給する事は難しいと言えます。
そこで、厚生労働省が推奨しているのが葉酸サプリです。

サプリに配合されている葉酸は、吸収率が約90%と高く、効率良く葉酸を摂る事が出来ます。
では、葉酸は毎日どのくらいの量のを摂取すれば良いのでしょうか?

1日に必要な葉酸量は、400μgとしています。
特に、妊娠1ヶ月前と妊娠3ヶ月までは、毎日400μgの葉酸を、食事以外のサプリで摂取するように厚生労働省が推奨しています。

葉酸サプリと花粉症の薬を併用しても大丈夫?

葉酸サプリと花粉症の薬を併用しても大丈夫

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんの重要な臓器が作られる大切な時期です。
そのため、花粉症の薬は極力控えるようにしましょう。

それ以降は、アレグラ等の市販薬は飲めるようです。
しかし、事前にかかりつけの医師に相談してみましょう。

市販薬を自己判断で飲むのは危険ですから、避けてください。
また、目薬や点鼻薬等は、妊娠中でもほとんど影響はありません。

花粉症で鼻水や目のかゆみ等がつらい時には、耳鼻科で相談してみると良いでしょう。

葉酸サプリは花粉症やアレルギー体質があっても飲める?

食品に含まれている葉酸は、アレルギー性は極めて低いと言えます。
食べ物からは、ほとんどの人はアレルギーは起こりません。

しかし、食品の葉酸ではなく、サプリから葉酸を摂ろうと思っている方は注意が必要と言えます。
なぜなら、葉酸サプリの成分は葉酸だけではなく、他の栄養素が含まれていたり、添加物が含まれているものもあるからです。

アレルギーのある妊婦の場合は、サプリメントの原材料の項目をチェックしてみましょう。
実は、食品衛生法関連法令によって表記が義務付けられているのは、「卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに」の7品目のみです。

その他のアレルゲンは、必ずしも記載されているわけではありません。
アレルギーのある人は、利用前にメーカーに安全性を問い合わせるなどしてみましょう。

花粉症の予防・改善には葉酸サプリがオススメ

花粉症の予防・改善には葉酸サプリがおすすめ

葉酸サプリには、ドラッグストアなどで買える安価なものと、ネット通販のものがあります。
特に花粉症やアレルギー体質の人は、高品質のネット通販のサプリを選ぶ事をオススメします。

安価な葉酸サプリは、大量生産のため、防腐剤や添加物を使用しています。
ネット通販限定のサプリは、原材料にもこだわった質の良さがあります。

葉酸サプリを選ぶ際には、コールセンターなどに質問してみるといいでしょう。
妊婦の時は、普段以上に自身の健康やアレルギーについても敏感になります。

妊娠中は、アレルギー症状が出やすい時期でもあります。
そのため、お腹の赤ちゃんのためにも、自分自身で守る努力をしていきましょう。

花粉症でも安全に飲める葉酸サプリを見てみる。

葉酸と花粉症のまとめ

葉酸と花粉症のまとめ

妊娠中に花粉症になったからと言って、直接赤ちゃんに影響する事はありません。
ただし、花粉症による咳やくしゃみを繰り返す事で腹圧がかかり、お腹が張りやすくなる事はあります。

自宅安静中などで、流産や早産が心配な場合には、産婦人科の医師に相談してみるのも良いでしょう。
そして、妊活中から妊娠中に葉酸サプリを選ぶ時には、なるべく無添加や天然かどうかをチェックしてみてください。

また、免疫機能を整えるビタミンB6や、アレルギー症状を抑えるビタミンCを積極的に摂るようにしてください。
そして、アレルギーを起こしやすいタンパク質は、摂り過ぎないように注意する事が大事です。

葉酸サプリを利用する場合は、葉酸を1000μg以上、過剰摂取にならないように気を付けましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、ぜひ試してみてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり