葉酸と授乳

葉酸は妊娠中からずっと飲んできたけど、出産後も葉酸を飲むべきなのか、疑問に思う方が多いと思います。
そして、授乳中はどれくらいの量を摂ればいいのか、そしていつまで摂ればいいのか、そこまでは妊婦さんにあまりよく知られていません。

今回は、葉酸はいつからいつまで摂取すればいいのか、そして葉酸は授乳中にどんな働きがあるのかについてまとめてみました。

授乳中も葉酸は必要!

授乳中も葉酸が必要な理由として、まず葉酸は母乳を作り出す血液の元になり、母乳の栄養となる事です。
もし、授乳中に葉酸が不足すると、細胞分裂が上手く行われなくなり、母乳が作られず、また質の悪い母乳になると言われています。

質の悪い母乳を赤ちゃんが飲み続けると、赤ちゃんの知力や視力や体型などに影響を及ぼす恐れがあります。
また、葉酸は赤血球を作る事で、悪性貧血を予防・改善する効果があります。

そのため、葉酸不足になると、立ちくらみやめまいなど悪性貧血を起こす原因にもなります。
産後は胎児に栄養を与えて、さらに乳期は母乳で赤ちゃんに栄養を与えるので、母体の葉酸は不足しやすい状態になっています。

ですから、葉酸は妊娠初期だけではなく、産後や授乳中も摂取する事が大切となります。

授乳婦の葉酸はいつまで必要?

授乳婦の葉酸については、卒乳まで取り続けていくのをオススメします。
産後や授乳中の葉酸摂取量ですが、厚生労働省は1日に340μg摂る事を推奨しています。

そして、このうち100μgは、食べ物以外のサプリからの摂取が好ましいとしています。
通常の240μgに授乳婦100μg必要となります。

葉酸は産後の子宮の回復力の向上効果もあると言われています。
元気な赤ちゃんを育てるためにも、最低でも240μg、出来れば500μgを摂っていきましょう。

授乳期に葉酸を摂るメリット

授乳期に葉酸を摂るメリット

母体の体で作られる母乳は、血液から出来ています。
母体は授乳すればするほど、体から血液や栄養が出て行くので、新しい血液を体内で作る必要があります。

そこで必要なのが、ビタミンBの葉酸です。
授乳期には、肌が荒れたり、髪の毛がパサパサになって抜けやすくもなる時期です。

これは、母体の栄養が足らなくなる事によって起こります。
葉酸を摂る事で、母体の血液を作るのを助けて、赤ちゃんに良質な母乳を飲ませてあげる事が出来るのです。

また、赤ちゃんはどんどん大きく成長するので、葉酸は大切な栄養素なのです。
母体が授乳中も葉酸を摂取していれば、赤ちゃんは母乳を通して、栄養素を摂取する事が出来ます。

授乳中の貧血予防には葉酸と鉄が効果的

授乳中に特に必要とされていて、日々の食事の中でも不足しがちな栄養素とは、「葉酸」「鉄分」「カルシウム」の3つです。
授乳中にも葉酸を摂る事で、産後の疲労回復や赤ちゃんへの健康をサポートしてくれます。

そして、母体は自分の血液を母乳として赤ちゃんに栄養を供給しているため、授乳中のママは貧血になりやすい時期です。
赤血球を作るのに必要な鉄分も、意識的に摂取していきましょう。

次に、カルシウムは、赤ちゃんの骨の健康をサポートしてくれます。
これからどんどん成長する赤ちゃんのためにも、カルシウムは十分に摂取しておきたい栄養素です。

厚生労働省が推奨する授乳中に必要な葉酸摂取量

厚生労働省が推奨する授乳中に必要な葉酸摂取量

産後や授乳中の葉酸摂取量ですが、厚生労働省は1日に340μgの推奨量を推奨しています。
そして、このうち100μgは、サプリからの摂取が好ましいとしています。

授乳婦が葉酸を摂り過ぎる量とは?

授乳婦が葉酸を摂り過ぎる量

葉酸は貧血予防や、胎児の発育を助けてくれる働きがあります。
しかし、授乳中の葉酸の上限量に関しては、1000μgと定められています。

これ以上は、吐き気やむくみなど、過剰摂取による副作用に繋がる恐れがあります。
ただし、一時的に摂取過剰したからと言って、胎児に悪影響を及ぼす事は少ないです。

葉酸サプリは、摂取量を守れば特に心配はありません。
妊娠中から授乳期間にかけて、摂取目安量を守る事が最も大切です。

授乳期の葉酸の過剰摂取で赤ちゃんが喘息のリスクがある

授乳中に葉酸を毎日過剰摂取し続けると、赤ちゃん小児喘息になるリスクがあると言われています。
これは、オーストラリアのアデレード大学の研究発表によるものです。

妊娠後期に葉酸サプリを過剰に摂取し続けたら、副作用として子供が喘息になる可能性が統計学上、1.26倍になるというデータが発表されています。

しかし、葉酸サプリの摂取量を守って飲めば、その可能性は極めて低いのです。
極端にサプリを飲み過ぎなければ、心配はいりません。

また、喘息の可能性が指摘されるのは合成の葉酸であり、天然の葉酸であれば全く可能性はないです。
葉酸は水溶性ビタミンですから、取り過ぎてもすぐ尿などと一緒に排泄されてしまいます。

葉酸と授乳のまとめ

葉酸と授乳のまとめ

葉酸は産後の母体の疲労回復に働いたり、良い母乳づくりの元となります。
赤ちゃんを元気に健康的に育てるためにも、ぜひ卒乳まで、葉酸を引き続き摂っていきましょう。

そして、授乳中に飲むサプリは、原材料をきちんと確認して、自然由来のものを選ぶ事をオススメします。
授乳中に葉酸サプリを飲む上での注意点は、体内に蓄積されにくいのですが、過剰摂取すると副作用が起こる事もあります。

また、多くのビタミン配合の葉酸サプリなどは、摂りすぎると身体に負担が掛かる事もあります。
そのため、摂取量はいつも気を付けて飲みましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてみてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。