葉酸と冷え

女性は冷え性に悩む方が少なくありませんが、冷え性はからだに様々な弊害をもたらします。
これから妊活を進めていく方には、早めに冷え性を改善させる事が妊娠するための近道。

妊活から妊娠中に飲むサプリとして有名な「葉酸」は、造血のビタミンとも呼ばれています。
葉酸は正常な血液を作り出して、血流促進する働きを持つ栄養素。

ですから、葉酸サプリを継続して摂ると、血行が促進されて冷え症の改善が期待出来るのです。
妊活を始める方、そして妊娠中の方は、葉酸を積極的に摂取して冷え性を改善・予防して、生活習慣に気を付けていく必要があります。

そこで今回は、葉酸サプリが冷え性を予防出来る理由についてご紹介しましょう。

妊活中や妊娠中に冷えが良くない理由

妊娠前や妊娠中は体を冷やしてはいけないと言われています。
なぜなら、冷えが起きると子宮や生殖器の機能が低下するという事が様々な研究により解っているからです。

妊活中の女性、妊娠中の女性にとって、体を冷やす事は明らかに良くはありません。
妊活中の女性にとって、冷えは不妊にも繋がる可能性もあります。

冷えにより生殖器の機能低下によって、受精が困難になるのです。
妊婦さんの場合は、母体だけでなく胎児への悪影響も出てきます。

例えば、体が冷えてしまうと、通常よりもつわりがひどくなったり、早産や難産の原因にもなるのです。
妊活中は、冷えが解消されれば、妊娠しやすい体にもなります。

そして何よりも、健康な妊娠生活を過ごす事ができ、安産にも近付く事が出来ます。

葉酸サプリで冷え性が改善出来る!

葉酸サプリで冷え性が改善出来る

葉酸は、造血作用があり、血液を作る際に必要になる栄養素。
葉酸を十分に摂取する事で、血液が作られ血液の量が増えるので、体温を維持する働きがあるのです。

葉酸により、血流が良好になった身体は、血液の熱が運ばれやすくなるため身体が温まりやすくなって冷えが改善されていきます。
葉酸に加えて、ビタミンB群とビタミンEも同時に摂取するのがオススメ。

妊娠中は、冷えによる母体や胎児への悪影響もしっかり防ぐ事が出来ます。
葉酸は水溶性ビタミンのため、食品から摂取すると調理法によっては栄養が失われる事も。

その点に気を付けながら、妊活女性や妊娠中は食品からの摂取だけでなく、葉酸サプリを併用して必要な摂取量を摂っていく事をオススメします。

葉酸サプリは造血作用で冷えとりに効果的

妊娠中だけでなく、葉酸は冷え対策に役立つとされています。
冷え性の主な原因は、血行が悪くなり貧血状態であるためです。

葉酸サプリにより体内の血行が良くなれば、体温が上昇し冷えを感じなくなるでしょう。
実際に外気温に関わらず、血行が良い人は冷えを感じにくく、低体温になりにくいという報告もあります。

葉酸サプリを摂取する事で鉄分も補給出来るので、貧血予防になり同時に血流を促進してくれるのです。
葉酸サプリにより血流が良くなると、特に足先などの末梢血管の動きが良くなるので、下半身の冷えを解消してくれます。

そして、子宮や卵巣などの温度低下も防いでくれるのです。
葉酸サプリを摂取する事で、内側から冷え対策をする事ができ、妊娠期の冷えによる不快症状を軽減する事が出来ます。

葉酸サプリは血流アップして冷えとストレス改善になる

妊娠中は、強いストレスをずっと感じていると、胎児の成長に影響が及ぶ可能性があります。
胎児の喘息やアレルギー、アトピーなどの症状を起こす確率が高くなるのです。

また、母体の血液循環、栄養のめぐりも悪くなります。
その事から胎児に必要な栄養が十分届かずに、発育障害が見られたり胎児の情緒に影響が及んだり、早産などの原因になるのです。

こうしたストレス状態の緩和には、葉酸サプリが役立ちます。
葉酸は、脳の神経に働きかけ精神状態を安定させたり気持ちを穏やかに保つ効果があるのです。

葉酸サプリを十分取り入れる事で気持ちが落ち着き、ホルモンバランスの乱れや環境の変化、つわりなどの不快症状からくるストレスを抑える事が出来ます。

葉酸サプリは冷えを解消して卵巣や子宮を整える

葉酸には、ホルモンバランスを整える働きがあります。
ホルモンバランスとは、エストロゲンとプロゲステロン、この2つの女性ホルモンの事。

妊活中、子宮内膜をしっかりと厚くするには、この女性ホルモンのバランスが重要です。
葉酸サプリを摂る事で、女性ホルモンのバランスが整い、結果的に子宮内膜がしっかりと厚くなります。

子宮内膜を厚くして、エストロゲン等の女性ホルモンを分泌するのは卵巣。
ですから、卵巣機能が低下する事は、子宮内膜の環境にとって良くないのです。

身体が冷えると血行が悪くなり、卵巣等の臓器の働きが悪くなります。
葉酸には、血液を作り出し全身の血行を良くする働きがあります。

それにより、卵巣や子宮にしっかりと栄養や酸素が行き渡り、ホルモンの分泌が正常になり子宮内膜が厚く柔らかくなるのです。

葉酸を摂取せずに冷えが悪化するとどうなる?

葉酸を摂取せずに冷えが悪化するとどうなる

妊活中の女性にとって、冷えは不妊の原因になります。
冷え性の最も大きな理由は血行不良です。

血行が悪くなると、末端に血液がしっかりと送られなり、栄養素も運ばれなくなります。
結果的に、体の先端や手足が冷えやすくなってしまうのです。

妊活中に冷えを解消し妊娠出来たという実例もありますので、妊娠に向けて冷えを解消する事を勧める医師もいます。
妊活中から妊娠中の冷えは血流を悪くさせるため、骨盤内の血流が悪くなり子宮や卵巣の機能低下に繋がる恐れがあるのです。

冷え性の方は、血行不良や冷え性による不快症状・ストレスが、妊娠に悪影響を及ぼしているかもしれません。
冷え性に対して、体質だと諦めずに妊娠に向けた健康的な身体づくりを目指して、冷えの改善をしていきましょう。

葉酸と冷えのまとめ

葉酸と冷えのまとめ

葉酸サプリは、冷え性に悩む女性の救世主となります。
ただし、葉酸はからだに貯めておく事が出来ない栄養素です。

葉酸は水溶性ビタミンの仲間なので、その日使用されない分は、尿となって排泄されていきます。
ですから毎日継続して、葉酸サプリを摂り入れる習慣を身に付けましょう。

そして、妊活中から妊娠中は出来るだけリラックスした状態を保つよう環境を整える事が大切。
一人で落ち着ける時間を見つけたり、旦那さんとゆっくり話す時間を取り分けたり、ストレス解消を心がけてみてください。

そうすれば、葉酸サプリから冷え性やストレスが解消され、安定したマタニティライフを送る事が出来るでしょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。