葉酸と発達障害

発達障害や自閉症は、社会生活が困難になる障害です。
話がかみ合わなかったり、うっかり屋で怪我や失敗が多い、じっとしていられないという行動が見られます。

その原因は、脳や中枢神経の異常だと言われており、人口の5%前後が何らかの発達障害があると言われているのです。
最近の研究によれば、発達障害や自閉症は、妊娠中の葉酸摂取である程度予防出来る事が判明しました。

そこで今回は、なぜ葉酸で発達障害予防出来るのかについて説明していきます。

発達障害の症状・原因とは?

発達障害と一口に言っても、様々なものがあります。
かつては親の愛情不足やしつけが悪いなどと言われていましたが、生まれつきの脳の障害である事が解明されてきました。

その症状は様々で個人差もありますが、コミュニケーションが上手くいかない、目が合わないと言った特徴があります。
しかし、早期に発見し適切な療育を行う事で、症状を緩和し社会に出て立派に働く事も不可能ではありません。

妊娠中の葉酸摂取で発達障害のリスクは軽減する?

妊娠中の葉酸摂取で発達障害のリスクは軽減するのか

葉酸には細胞分裂をサポートする働きがあります。
赤ちゃんの脳や脊髄が作られる際に、DNAが正しくコピーされるのを助けるのです。

ですから、葉酸によって脳の障害の一つである発達障害のリスクが低減される事も十分に考えられるでしょう。
実際に、欧米などの研究によると、妊娠初期に葉酸を積極的に摂取していた女性から産まれた赤ちゃんの発達障害のリスクは、そうでない場合と比べて低い事が分かっています。

妊活中からしっかりと葉酸を摂る事は、赤ちゃんの発達障害を防ぐ事に繋がるでしょう。

発達障害は葉酸不足が原因?

妊娠中に赤ちゃんが発達障害を発症しているかは分かりません。
発達障害が判明するのは、1歳半または3歳健診といった乳幼児の健康診断もしくは小児科で発達の遅延を伝えられます。

また、幼稚園や小学校に通うようになって集団生活がスタートした後に、意思疎通や会話能力などにて困る事が増えて気がつく事もあるでしょう。
こういったきっかけがあり、医師に相談し判明する事が多いものです。

発達障害になる原因は、遺伝や妊娠中の葉酸不足で脳神経の発育が不十分である事が考えられます。
その他には母親の飲酒、喫煙といった原因も考えられるでしょう。

葉酸が自閉症以外の発達障害を予防出来るかは不明

最新の実験では、葉酸が発達障害や自閉症の他にも効果があるかどうか調査をしましたが、特に結果に差はありませんでした。
アスペルガー症候群や、特定の能力に不自由がある広汎性発達障害については予防出来るかどうかまだ分かっていません。

タバコを吸うと葉酸の発達障害への効果が下がる

母親が発達障害を予防するために葉酸を摂取しても、タバコはそれを消費してしまいます。
妊娠中にタバコを吸う事は、母体の血管を収縮して血液の酸素量を下げ、赤ちゃんを酸欠にしてしまうのです。

つまり、妊娠中に喫煙してしまうと、葉酸の効果で防げるはずの発達障害や自閉症、神経管閉鎖障害といった障害を予防出来なくなります。
赤ちゃんが発達障害になるリスクを下げたいのなら、妊娠中のタバコは絶対にやめましょう。

受動喫煙の危険性が妊婦さんにどんな影響を与えるか研究したところ、自閉症になる可能性が1.4倍になるというデータが出ています。
受動喫煙でも血液の中の酸素量が減ってしまい、赤ちゃんが一時的に酸欠状態になってしまうというのです。

タバコは受動喫煙でもお腹の赤ちゃんに影響しますので、妊娠中は周りの人も気をつけなければなりません。

男性も発達障害の対策に葉酸を摂るべき?

男性も発達障害の対策に葉酸を摂るべきか

発達障害や先天性奇形の原因は、女性ばかりにあるわけではありません。
男性の精子の染色体異常や奇形が原因となる場合もあるのです。

女性の卵子とは違い、日々新しく作られるのが精子。
男性の葉酸不足は、精子の遺伝子のコピーミスを招く事があるのです。

精子が作られるのには約3ヶ月かかります。
ですから、男性は最低でも妊娠を希望する3ヶ月前から葉酸をしっかりと摂る事で、精子の染色体異常や奇形を防ぎ、発達障害のリスクを低減する事が出来るでしょう。

葉酸と発達障害のまとめ

葉酸と発達障害のまとめ

妊娠前と妊娠中に葉酸をしっかりと摂る事は、発達障害や自閉症の予防に効果的だという事が研究データでも証明されました。
通常、葉酸は成人男女共に1日240μgが推奨されています。

妊娠期は400-440μg、授乳期では340μgが必要ですので、サプリを利用するなどして摂取していきましょう。
また、葉酸の過剰摂取には亜鉛の吸収障害が起こる場合が多く、不眠や胃腸の不調、発疹などの副作用が引き起こされる事があるので気をつけてください。

妊娠中は、食生活とともに生活習慣も見直して、サプリを併用しながら、赤ちゃんの発達障害の対策をしていきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり