葉酸とカフェイン

コーヒーやお茶は、毎朝の目覚めに飲んでいる方が多いですよね。
しかし、葉酸サプリを飲んでいる妊婦さんは、カフェインが気になります。

葉酸とカフェインは一緒に飲んでも大丈夫なのでしょうか。
今回は、妊婦中に気になる葉酸とカフェインの関係を検証します!

妊婦は葉酸とカフェインを一緒に飲んでも大丈夫?

「妊婦さんは必ずしもカフェインを飲んではダメ!」というわけではありません。
カフェインは、妊婦さんにも良い働きをしてくれます。

例えば、血管拡張により血流が良くなり、全身に熱が届きやすくなるので、身体が温まり冷え性対策になるのです。
そして、カフェインには、血管拡張による血流改善効果があります。

血液の巡りが良くなると、身体の余分な水分も排出されるため、むくみ改善にもなります。
しかし、葉酸を飲んでいる方は、カフェインの摂取量に注意しなければなりません。

なぜなら、カフェインは飲み過ぎると、葉酸など身体の栄養素の吸収を阻害してしまうからです。

妊娠中はカフェインを適量に抑える

妊娠中はよくカフェインを控えた方が良いと言われますよね。
そのため、妊娠中はコーヒー緑茶を我慢している方も多いでしょう。

しかし、妊娠中はカフェインを全く摂ってはいけないという意味ではありません。
コーヒーを飲みたいのに、妊娠期間中にずっと我慢していると、逆にストレスになるのです。

妊娠中にカフェインをとっても良いとされる量は、1日100mgまでとなっています。
ただし、この目安量は産婦人科によって意見が異なりますが、大抵の場合1日100mgまでが基準です。

これは、コーヒーカップ1日一杯から2杯にあたり、それ以上飲むと飲み過ぎになってしまいます。
つまり、1日1杯から2杯程度であれば、特に胎児に影響する心配はありません。

カフェインの過剰摂取は葉酸の吸収を阻害する

カフェインは利尿作用があります。
取り過ぎると、葉酸や鉄分などの栄養素が尿と一緒に排出されてしまいます。

せっかく葉酸を摂取しても、栄養素が身体に吸収されなくなってしまうのです。
そして、カフェインに含まれるタンニンは、鉄分の吸収を妨げる作用があるため、妊婦中の貧血に繋がる可能性もあります。

血液が薄くなると、赤ちゃんに送る血液も不足してしまいます。
そのため、栄養や酸素がしっかりと行き届かなくなってしまいます。

さらに、妊娠中にカフェインを大量に摂取していると、流産や低体重児の出産のリスクが高まります。
大量のカフェインは、赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼすのです。

ですから、妊娠時のコーヒーは1日2杯までに止めておきましょう。
カフェインの過剰摂取で葉酸を無駄にしてしまわないように、気を付けなければなりません。

妊娠中のカフェイン・葉酸の摂取上限量は?

妊娠中にカフェインの摂取上限量は、100mg〜200mgとネットの書き込みによって様々です。
産婦人科によって意見が異なります。

大抵の場合、妊娠中のコーヒーは1日1杯から2杯程度までが良いとされています。
コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶にもカフェインが含まれています。

そのため、カフェイン入りの飲み物は、1日1杯から2杯までと覚えておくと良いでしょう。
コーヒーが好きな妊婦さんもいると思います。

妊娠中にずっとコーヒーを我慢しているとストレスとなり、葛藤と戦う事になります。
そこまで我慢する必要はないので、1日1杯ぐらいは普通に飲んでも大丈夫です。

カフェイン入りの飲み物は、1日2杯以上飲むと飲み過ぎになります。
そのため、早産や流産の可能性リスクも考えられますので控えるようにしましょう。

抹茶に含まれるカフェイン量は?

抹茶には、カップ一杯150mlあたり45mgのカフェインが含まれます。
妊娠中のカフェインは1日100mgまでが目安ですから、2杯までに抑えておきましょう。

カフェインがあっても抹茶が妊婦に効果的な理由

カフェインがあっても抹茶が妊婦に効果的な理由

抹茶にはカフェインが多く含まれています。
しかし、葉酸を含めて栄養素が良いので、妊娠中に少量飲む事は効果的です。

例えば、抹茶には妊娠中に必要な下記の栄養素が含まれています。

  • 葉酸
  • 鉄分
  • ミネラル
  • カルシウム
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンA

抹茶にはマルチビタミンのような素晴らしい栄養素が多く含まれています。
妊娠中の栄養補給に最適です。

しかし、抹茶にはカフェインが入っているので、1日1杯から2杯までにしておきましょう。

抹茶は葉酸が豊富!

抹茶はカフェインは多いのですが、妊婦さんにとって必要な葉酸が豊富な事です。
抹茶1杯には、およそ葉酸40μgほど含まれています。

妊娠中の1日の推奨摂取量は400μgですので、抹茶1杯で10分の1も補えます。

葉酸とカフェインのまとめ

葉酸とカフェインのまとめ

妊娠中のカフェインは必ずしも悪いものではなく、妊婦にも冷え性改善やむくみ防止効果なとが期待出来ます。
しかし、飲みすぎると葉酸の吸収を阻害してしまって、尿素と一緒に流れてしまいます。

くれぐれもカフェインの取り過ぎには気を付けましょう。

当サイトでは、管理人も利用したオススメの葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり