葉酸と精子

妊活中の女性の中には、食事や葉酸サプリなどから、積極的に葉酸を摂取している方も多いと思います。
最近の研究では、葉酸の働きが妊活中の女性だけではなく、男性の精子の機能も高めてくれることが分かってきました。

妊活中の男性も、葉酸サプリが必要な理由は、葉酸は男性の精子を正常に保ってくれるためです。
健康な赤ちゃんを出産するために、とても大切な栄養素である葉酸は、実は男性にも必要な栄養素なのです。

そこで、今回は葉酸と精子の関係についてご紹介します。

葉酸サプリは精子の質を上げて妊活力をアップする

男性が葉酸サプリを摂取すると、精子の染色体異常を軽減する事が分かっています。
男性の葉酸摂取量と染色体異常の精子ができる割合を比較して、その関係性を調査した研究結果があります。

この研究によると、葉酸を必要量摂取している男性は、葉酸サプリを摂取していない男性に比べて、染色体異常が20%から30%低いという結果になったのです。
これまでは葉酸は女性に対する妊娠の影響ばかり述べられてきましたが、男性の精子への影響を調査した研究が明らかになり、男性が葉酸を摂るメリットがハッキリしました。

葉酸を摂取して染色体異常が少ない質の高い精子が多くなれば、染色体異常を防げるだけではなく、受精して妊娠力もアップする事が出来るのです。

葉酸サプリは精子の分裂を活発化させる

葉酸サプリは精子の分裂を活発化させる

葉酸は卵子同様に、精子の分裂にも関与します。
男性も葉酸を摂取する事で、染色体異常を回避して元気な赤ちゃんを迎える事が出来るのです。

精子の異常というと、精子の数が少ない状態になる乏精子症や、精子の運動能力が乏しい状態の精子無力症などがあります。
男性不妊の原因とされているこれらの症状にも、DNAの合成に使われる葉酸とビタミンB12を摂取すれば、精子濃度の改善に期待出来るとされています。

男性の場合は、葉酸によって活発な精子の割合が増えます。
しかし、精子の数が元々少なかったり、精巣に問題がある場合は、別の不妊治療が必要になりますので、医師に相談すると良いでしょう。

不妊の原因のひとつは男性の葉酸不足

不妊の原因のひとつは男性の葉酸不足

妊活のために女性は意識して葉酸サプリを摂取していても、男性は全く葉酸を意識していないという事はよくあります。
しかし、葉酸が不足している精子というのは、分裂がしっかりと行われずに、染色体異常が見られる事もあるのです。

そして、胎児の奇形の一種である神経管閉鎖障害の原因のひとつに、男性側の葉酸不足が原因となる事が多いという事も挙げられます。
これらの事からも、元気な赤ちゃんを授かるために、女性だけではなく、男性の葉酸摂取は必要だと言えます。

男性が葉酸を必要量を摂取する事で、受精率が高くなり、妊娠率や出産率が20以上向上するという研究データもあります。

妊活夫婦の男性が必要な葉酸の摂取量は?

妊活夫婦の男性が必要な葉酸の摂取量

男性の通常時の葉酸必要量は1日に200μgですが、妊活中の男性だと240~400μgです。
葉酸は緑黄色野菜のほうれん草や小松菜、ブロッコリーなどに多く含まれ、レバーや豆類からも摂る事が出来ます。

しかし、食品に含まれる葉酸は、熱や光に弱く、水に溶け出しやすいというデメリットがあり、調理すると栄養素の半分は減ってしまうのです。
積極的に葉酸が多い食品を取り入れても、葉酸量はわずかとなります。
また、吸収率が約50%程度しかないので、不足しがちになってしまいます。

特に妊活中の男性にとっては、普通より2倍近い量を摂取する事が必要とされています。
そのため、食事だけでは十分な量を摂取するのは難しいと言えます。

そこで、効率よく葉酸を摂取するためには、葉酸サプリを利用するのが一番効果的です。

妊活中の男性は葉酸サプリを利用しよう

葉酸は妊活中の方でなくても、健康な生活をサポートするための大切なビタミンです。
特に妊活中は、日頃から普段の食事に加えて、葉酸サプリを飲む習慣をつくり、効率よく必要量の葉酸を摂取するようにしましょう。

厚生労働省の推薦摂取量は、妊活中の葉酸の摂取量は、女性は食事以外での葉酸サプリから1日400μgとなります。
男性の葉酸摂取量としては、食事以外での摂取量は、1日あたり240μgを葉酸サプリで摂取するよう推薦されています。

摂取のタイミングは、通常女性は遅くても妊娠する1ヶ月前からがベストとなります。
男性の場合は精子が出来るまでに3ヶ月間掛かります。

そのため、染色体異常のリスクを下げるためにも、出来れば3か月前から飲み始める事をオススメします。
不妊対策の場合は、毎日意識して摂取しましょう。

葉酸と精子のまとめ

葉酸と精子のまとめ

葉酸は男性の精子と関係が深いとが分かりました。
葉酸が不足している男性は、精子の染色体数に異常が生じるリスクの高くなります。

そして、精子のDNA細胞の情報やコントロールが上手くいかないので、妊娠する確率が低くなり、また胎児の奇形のリスクが高くなるのです。
受精時に決定されてしまう、先天的な神経管閉鎖障害は女性側の葉酸不足だけでなく、男性側の葉酸不足も関係しています。

不妊の原因になる精子の異常を避けるためにも、妊活中は女性だけでなく男性も意識的に葉酸を摂取して妊娠力を上げていきましょう。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。