葉酸とグラノーラ

手軽に美味しく食べられて栄養も豊富という事で、人気が高いシリアルのグラノーラ。
栄養面で優れている事から、妊婦もよく食べているイメージです。

しかし、グラノーラには、妊婦に特に必要になる葉酸は含まれているのでしょうか。
葉酸といえば妊娠前から妊娠初期の時期に十分な摂取をしていると、胎児の先天異常のリスクを下げられる作用があります。

グラノーラは基本的にドライフルーツや穀物などが豊富に含まれていますが、葉酸以外にも妊婦に必要な栄養素が含まれていそうですよね。
そこで今回はグラノーラの葉酸含有量と、妊婦が食べるのに適している理由をご紹介していきます。

グラノーラの葉酸含有量はどのくらい?

グラノーラの葉酸含有量はどのくらいなのか気になるところですが、実はグラノーラ自体には葉酸はほとんど含まれていないのです。
しかし、葉酸を後から栄養素として添加しているものもあるので、それぞれどのくらいの葉酸が含まれているのか見ていきましょう。

カルビー「フルグラ」

グラノーラの中でも一番人気であるフルグラには、1食あたり67μgの葉酸が摂取出来るよう添加されています。

日清シスコ「ゴロッとグラノーラいちごづくし」

ゴロッとグラノーラは種類のバリエーションが豊富なのが特徴ですが、いちごづくしの場合は1食あたり68μgの葉酸が含まれています。

ケロッグ「フルーツグラノーラ」

シリアルといえばケロッグの名前を頭に浮かべる人が多いですが、ケロッグから販売されているフルーツグラノーラも葉酸が60μg含まれています。

有名なグラノーラには、葉酸が60μg以上添加されている事がわかりました。
ビタミンなどの他の栄養素も、後から添加しているのがグラノーラの特徴です。

実際にグラノーラを食べてみました!

グラノーラと一口に言っても、数多くの種類が売られています。
今回は、アサヒから発売の「ぎゅっとグラノーラ」という商品を購入して、実際に食べてみました!

グラノーラ試食

パウチに入っており、中はこんな感じ。
封を開けた途端、クッキーのようないい香りがします。

グラノーラ一口サイズ

一口サイズのグラノーラは、ポロポロこぼれないのでとても食べやすいのが嬉しいポイント!
持ち運んで何処でも食べられるのが良いものですね。

凄く甘いのかと思っていたら、意外と薄味。
甘さ控えめで噛み応えもあるので、妊娠中のおやつにピッタリと言えるでしょう!

グラノーラが妊婦に適している理由

グラノーラが妊婦に適している理由

グラノーラは妊婦にとって必要な栄養素をバランスよく含んでいます。
葉酸は1日の必要摂取量400μgには足りませんが、ほかの栄養素で妊婦の健康をサポート出来るのでしょうか。

妊娠中は体がいつもの状態とは違って、ほんの少しのきっかけで体調不良に陥りやすくなります。
貧血や便秘などのマイナートラブルを防ぐためにも、グラノーラを食べて栄養補給をするのが大切なのです。

また、グラノーラに含まれるドライフルーツは、つわりの時に食欲不振でも食べやすくなっています。
グラノーラが妊婦に適している理由は、葉酸の摂取を目的にしなくてもその他に良い事がたくさんあるのです。

グラノーラは鉄分が豊富で貧血予防になる

グラノーラには種類によって違いはありますが、どの種類にも5mgの鉄分が含まれています。
葉酸の含有量は1日の摂取目安量の6分の1にも満たないのですが、鉄分は1日の摂取目安量の半分も摂取出来るんですね。

妊婦は赤ちゃんに多くの栄養を血液にのせて胎盤を通して運ばなければならないので、普段よりも血液量が1.5倍に増量します。
しかし、血液の量が増えたからといって、血液の成分が増えるわけではないので多くの妊婦が貧血になりやすくなります。

グラノーラには鉄分だけでなく、ビタミンCも含まれています。
ビタミンCは鉄分や葉酸の吸収を高めて、より効率よく体に取り入れるために活躍してくれる栄養素です。

グラノーラを妊婦が食べる事で、美味しく鉄分補給が出来て貧血を予防出来るのですね。

グラノーラは食物繊維が豊富で便秘解消に良い

グラノーラには大麦などの穀物が多く含まれるので、食物繊維も含まれています。
パッケージなどにも、食物繊維が多い事をアピールしているグラノーラも多いですね。

妊婦は赤ちゃんが成長するごとに腸が圧迫されるので、約7割が便秘に悩まされています。
また、妊娠初期はホルモンの影響で腸の動きが鈍くなって、便秘になりやすくなるのです。

食物繊維を摂取する事で腸の動きが活発になったり、便のカサを増やして便秘が改善する事があります。
便秘薬に頼る妊婦も多いので、食べ物で解消が出来るのはありがたいですよね。

そんな妊婦に嬉しい食物繊維ですが、ひとつ注意点があります。
グラノーラには不溶性食物繊維も豊富に含まれているため、便秘が酷い場合には余計にお腹が苦しくなって悪化してしまう事があるのです。

特にオールブランは不溶性食物繊維の含有量が多いので、元から便秘気味の人は食べ過ぎに注意しましょう。

葉酸が必要な妊婦がグラノーラを食べる際の注意点

葉酸が必要な妊婦がグラノーラを食べる際の注意点

葉酸が必要な妊婦がグラノーラを食べる際に、注意したい事があります。
それはグラノーラは意外と糖分が高く、太りやすい食べ物だかという事。

1食あたりの砂糖の量は、なんと小さじ2杯分に相当するのです。
妊婦は体重管理が難しい他、尿に糖分が混じりやすくなります。

そのため、グラノーラから葉酸を取り入れようとたくさん食べ過ぎると、カロリーオーバーとなってしまうんですね。
グラノーラは葉酸の摂取を目的に食べるのではなく、おやつ代わりに食べる程度でちょうど良いのです。

葉酸はサプリから効率よく必要な分を摂取するようにして、食べ過ぎには注意したいですね。
ベルタの葉酸サプリには1日に必要な葉酸のほか、妊婦が摂取したいビタミンやミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれています。

葉酸サプリとグラノーラを合わせて、毎日取り入れていきましょう。

葉酸と妊婦のグラノーラまとめ

葉酸と妊婦のグラノーラまとめ

グラノーラの葉酸含有量と、妊婦が食べるのに適している理由をご紹介してきました。
グラノーラ自体には葉酸はほとんど含まれていませんが、人工的に1食あたり60μgほど添加しているものが多いでしょう。

妊婦が1日に摂取したい葉酸の量は400μgなので、グラノーラからだけでは必要な分を取り入れる事は難しいのです。
ただし、グラノーラは、妊婦にとって良い栄養素も含んでいます。

鉄分は1日に必要な量の半分程度を摂取出来、妊婦に多い貧血を予防する事が出来るでしょう。
また、食物繊維も含まれているので、便秘解消にも役立ちます。

ただ、オールブランを食べ過ぎてしまうと不溶性食物繊維の摂取量が多くなって、逆に便秘が悪化する可能性があるので注意してください。
グラノーラからでは十分な葉酸の摂取は難しいので、葉酸サプリを使って効率的に摂取していくようにしましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり