妊婦は大変

妊娠中は、何かと大変とよく言われます。
実際に多くの妊婦さんは、どんな事が何が大変だと感じているのでしょうか。

特に妊娠初期の妊婦さんにとっては、これから大変な時期に入ります。
そのため、どんな事が大変なのかを予め知っておきましょう。

そこで、今回は妊婦さんが大変な事をリストアップしてみました。

妊婦が大変なことは?

妊婦さんが一番大変なことは、つわりが挙げられます。
つわりの期間や重さには、個人差があります。

大抵の場合は、妊娠初期から胃や胸がムカムカしたり、吐き気に襲われる事が一般的です。
そして、臭いに敏感になり、好きな食べ物が食べられなくなったり、逆に食べ続けないと気持ちが悪くなるという方もいます。

さらに、妊娠中は、眠い、身体がダルいといった症状があります。
妊娠中の身体の感じ方は様々ですが、8割の妊婦さんが変化を経験しているのです。

妊娠中のつわりは、安定期で治まる事が多いと言えます。
しかし、期間にも個人差があり、出産直前まで続く人も稀にいます。

つわりの特徴は、遺伝する傾向が高いので、母親から話を聞いて、事前に対策をすると良いでしょう。

妊婦は買い物が大変

妊娠中、お腹が大きい状態での買い物はとても大変です。
いろいろ買ってしまい、荷物が重くなってしまう事もあります。

そこで便利なのが、宅配サービスやネットスーパーです。
妊娠中や乳幼児期の方には、メリットがいっぱいあります。

自宅でカタログやネットを見ながら買い物ができる宅配やネットスーパーなら、重い荷物を持つ必要がありません。
ネットスーパーなら、当日に配達してくれる事も魅力のひとつです。

また、妊娠中や乳幼児期の育児中の方は、配達料が無料や割引になるというお得なサービスもあります。
雑貨や衣類、ベビー用品などを扱っているカタログもあります。

妊娠中の外出出来ない時期の気分転換になるでしょう。

妊婦は食事を作るのが大変

妊娠中は、ブドウ糖の摂取が妊娠前よりも必要となります。
そのため、炭水化物や甘いものがどうしても食べたくなってしまいます。

すると、体重や血糖値、血圧が増え過ぎてしまうので、母体胎児ともに悪影響を与えてしまうのです。
妊娠中に食事を作るのは大変ですが、食事制限も行う必要があります。

産婦人科では、誤った食事制限は、栄養不足を招き胎児の成長を妨げるとして注意を呼びかけています。
まず妊娠中の体重というのは、1週間単位で約500g以上体重が増えていなければ問題ありません。

最終的には臨月では、妊娠前よりも10kgまで体重が増加されるのが理想と言われています。
妊婦さんが食事制限で改善するべきポイントは間食です。

例えば、菓子パンなどの間食には、炭水化物や糖分も含まれ、カロリーが高めと言えます。
食べ続けると、体重や血糖値が上昇してしまいます。

そのため、カロリーが低く、お腹が膨れるものに替えて食べるようにしてみるようにしてください。
これだけでかなりカロリーを削減出来て、血糖値や体重を抑制出来るでしょう。

妊婦が働くのが大変

妊娠中も無理のないように仕事を続けるには、身体がきつくなる前に対策を取っておくのがコツです。
身体がきつくなる要因をコントロールしていけば、それだけ体に掛かる負担も少なく出来ます。

例えば、妊婦にとってつわりがひどくなる要因のひとつである朝の通勤は、ラッシュに当たらないよう通勤時間をずらしてもらう事。
朝遅い時間にゆっくりと座って電車に乗れるのであれば、満員電車よりも体力を保てるからです。

また、あらかじめ勤務時間の短縮や、体に負担の掛からない部署への配置換えを申し出ておくのもひとつの方法と言えます。
勤務時間が短ければ、それだけ職場できつくなる可能性は低くなり、家で身体を休める時間が増えます。

妊婦が仕事の引き継ぎが大変

働く妊婦さんの大変な事は、引継ぎが終わらない事ではないでしょうか。
産後休暇は必ず8週間取らなければいけないのに対し、産前休暇は取らなくても良い事になっています。

よって、体調が良く、働きたいという希望があれば、出産直前まで働く事が出来るわけです。
妊婦さんが、いつまで仕事を続けていいのかについては、医学的な決まりはありません。

妊娠の経過が順調であれば、出産直前まで働くことも可能というわけです。
法律上では、出産予定日の6週間前、多胎妊娠は産前の14週間前から産前休業を取れます。

ただし、産前休業は必ず取らなくてはいけないわけではなく、自分で希望して会社に承認されれば取る事が出来ます。

双子の妊婦は大変

双子の妊婦は、生まれてからの期間がかなり大変になります。
例えば慣れないオムツ替えの作業は、分からなくならないように両方同時にします。

オムツの消費は激しいですが、二人一緒にした方が忘れないからです。
また、首の座っていない赤ちゃんを抱えて授乳するのは、とても疲れて大変と言えます。

オムツ替えたら授乳、オムツ、授乳…で一日が終わる事も多いのです。
授乳になれるまでは、上手く飲ませられません。

そのため、苦戦している間にもう一人が泣き出し、パニック状態になる事もあります。
搾乳したものを哺乳瓶に入れてパパと手分けしたり、抱き枕に上手く2人を並べて寝かせて哺乳瓶を支えて飲ませたり工夫が必要です。

母乳にこだわるのも良いですが、ある程度双子だから仕方ないと諦めて、混合やミルクにしても良いでしょう。

妊婦が旦那に大変さを分かってもらうために

妊婦が旦那に大変さをわかってもらうために

妊娠中、些細なことでも気に障り、特に身近にいる旦那さんの言動や行動に、妊婦さんがイライラする事はよくあります。
旦那さんに頻繁にイライラしてしまう事があれば、今はホルモンバランスのせいでイライラしているんだと言い聞かせてみてください。

イライラしたら深呼吸をするなど、少し時間を空けてイライラの原因を探り、どうしても伝えなければ解決しない内容であれば、理由を伝えてみましょう。
妊婦さんは、身体に影響のない範囲で気分転換を持つ事も大切です。

旦那さんだけでなく、実母や先輩ママ、妊婦仲間、地域の保健師さんといった、妊娠・出産の知識が豊富な相談相手がいると安心です。
身近にそうした相手がいなければ、SNSや掲示板を活用するのもよいでしょう。

ただし、必要以上に情報に振り回されないよう、あくまでも気晴らし程度にとどめておくと良いです。

妊婦が一番大変な時期は?

妊婦が一番大変な時期

生理予定日を過ぎて、1~2週間後くらいから吐き気、食欲低下、胸やけなどの消化器の不調を感じたら、それは妊娠初期の症状かもしれません。
妊娠初期症状である、この「つわり」の時期が最も大変な時期となります。

妊娠初期の吐き気の原因は、まだハッキリと分かってはいません。

理由の一つとしては、妊娠を継続させるためのホルモン分泌の変化が考えられます。
受精後は、卵巣からの「黄体ホルモン」が高い状態が続いたり、胎盤となる組織からは、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」というホルモンが分泌さる事が原因です。

妊娠は女性にとって喜ばしい事ですが、その反面、大きな変化にストレスを感じる事もあります。
そのため、自律神経のバランスが乱れて起きるとも言われているのです。

「つわり」は個人差が大きく、症状の始まる時期や期間は人によって異なります。

妊婦が大変なことのまとめ

妊婦が大変なことのまとめ

妊娠中は、ただお腹が大きいだけでも大変なのですから、それに痛みや不自由が重なれば、精神的にも大変なります。
妊婦さんの身体の痛みや思うように動けない、辛いという気持ちは我慢してはなりません。

小さな事でも周囲に甘えて、様々な面で助けてもらうと良いです。
先輩ママには、良いアドバイスを貰う事が出来るでしょう。

妊娠中のイライラは、ホルモンバランスの変化という、やむを得ない部分もあります。
そのため、夫婦で支え合って乗り越える事が大切です。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。