葉酸と水溶性

ビタミンは大きく分けて水溶性と脂溶性に分類されます。
そして、妊娠中に必要な栄養素の一つである葉酸は水溶性ビタミンです。

水溶性ビタミンの特徴は、水や熱に弱いと言えます。
そのため、食材を洗ったり炒めたりしてる間に、その成分がなくなってしまいます。

水溶性ビタミンは体内にはその栄養素を閉じ込める事が出来ません。
毎日摂取しないといけないと特徴があるのです。

そこで、今回は妊娠中にしっかり摂取しておきたい水溶性ビタミンの葉酸を効果的に摂取する方法を紹介します。

葉酸「水溶性ビタミン」の特徴

ビタミンは、水溶性と脂溶性に分けられます。
葉酸とビタミンCは水溶性ビタミンに分類され、水や熱に弱いという特徴があります。

そのため、食材を水で流したり油で調理した時に、その栄養素が少なくなってしまうのです。
そして、水溶性ビタミンは体内に貯めておく事が出来ないため、毎日摂取しないといけないという特徴があります。

一方で、脂溶性ビタミンは、水や熱に強く体内に閉じ込める事が出来ます。
毎日摂取しなくてもある程度体に溜める事が出来るのです。

ですから、脂溶性ビタミンは過剰摂取すると、身体に副作用のような症状が起こるため気を付けなければなりません。

葉酸「水溶性ビタミン」の過剰摂取のリスク

水溶性の葉酸に関しては、食品から摂る分には過剰摂取にはなりません。
しかし、サプリから必要以上に摂ると、稀に「葉酸過敏症」になる事があります。

葉酸過敏症とは、葉酸の過剰摂取による症状です。
毎日1000μg以上もの葉酸を摂り続けると起こる可能性があります。

葉酸過敏症の症状としては、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害などが挙げられます。
葉酸サプリの多くは妊婦向けに作られており、1日分が400μgの配合量になっている物が多いと言えます。

1日分の摂取量をしっかりと守っていれば、葉酸過敏症になる事はありません。
そのため、飲む量には気を付けましょう。

ビタミンB12欠乏症のリスク

葉酸は水溶性ビタミンのため、多く摂取したとしても尿から体外へ排出されます。
しかし、サプリメントから過剰摂取してまうと、ビタミンB12欠乏になった事に気付かないリスクがあります。

ビタミンB12欠乏とは貧血の一種なのですが、悪性の貧血になるため早期発見する必要があります。
ビタミンB12欠乏になった事に気が付かずに葉酸を摂取すると、貧血の症状が起こります。

葉酸を摂取し過ぎてしまうと、様々な副作用があり、ビタミンB12欠乏に気が付かないため、進行が進んでしまうリスクがあるのです。
ですから、葉酸の摂取目安量はしっかり守って、上限量の1000μgを超えないように気を付けてください。

水溶性ビタミンの葉酸のデメリット

水溶性ビタミンの葉酸のデメリットは、水や熱に弱く、食品から取ろうとすると調理中に葉酸含有量が減ってしまう事です。
そのため、食品から摂る場合は、なるべくサラダや野菜スティックといった生で摂ると良いでしょう。

そして、水溶性ビタミンは取り過ぎた分は尿で排出されます。
そのため、食品からの過剰摂取の心配はほとんどありません。

しかし、葉酸サプリから大量に摂取した場合は過剰摂取のリスクがあるのです。
葉酸の1日の上限摂取量は1000μgとなっています。

それ以上は摂取しないように心がけてください。
例えば、葉酸サプリを飲み忘れたからと言って2回ぶん飲んだり、早く効果を実感したいために量を増やして飲むのは、過剰摂取となるのでやめましょう。

脂溶性ビタミンとは?

脂溶性ビタミンとは、水や熱に強いビタミンです。
調理中に水で洗ったり油で炒めても、しっかり栄養素を失う事なく保つ事が出来ます。

そして、脂溶性ビタミンは身体に摂取すると溜め込む事が出来るため、毎日摂取する必要もありません。
しかし、体に溜め込む事が出来るため、サプリで摂取すると過剰摂取となるのです。

脂溶性ビタミンで有名なのは、ビタミンAとビタミンEがあります。
例えば、ビタミンAはにんじんに含まれる植物性ビタミンAの場合は問題ありません。

しかし、レバーに含まれる動物性ビタミンAを過剰摂取すると、妊娠中は胎児に悪影響を及ぼすので気を付けなければなりません。

「脂溶性ビタミン」のデメリット

脂溶性ビタミンは体内に蓄積されやすいと言えます。
そのため、レバーや豚肉、牛肉といった肉類を毎日摂取すると、ビタミンAがどんどん体内に蓄積されていきます。

通常であれば特に問題ではありません。
しかし、妊娠中に動物性のビタミンAを過剰摂取すると、流産や早産といったリスクが高くなります。

水溶性ビタミンの葉酸を効率良く摂取する方法とは?

水溶性ビタミンの葉酸を効率良く摂取する方法

水溶性ビタミンは水や熱に弱いのが特徴です。
食材を水で洗ったり油で調理していると、その栄養素が無くなってしまうデメリットがあります。

そのため、水溶性ビタミンを食品から摂取する場合は、生で摂ると良いでしょう。
妊娠中は生野菜のサラダを摂取すると、葉酸を多く摂取する事ができ、酵素も同時に取れるのでオススメです。

また、水溶性ビタミンを効率的に摂取するには、食品だけではなくサプリメントを利用すると効率的に摂取できます。
葉酸やビタミンCの水溶性ビタミンのサプリメントは体内へ90%以上吸収出来るので効率良いのです。

水溶性ビタミンの葉酸はサプリで摂ると効率的

妊娠初期に必要な葉酸の量は1日400μgで、これは成人の必要量の2倍の量になります。
これだけの葉酸の量を野菜など食品だけで摂る事は難しく、葉酸サプリなどを併用していくと、効率良く摂る事が出来ます。

妊娠初期には器官形成がされますので、非常に重要な時期です。
葉酸を初期に摂る事で、神経管閉鎖障害という胎児奇形を減らす事が出来る事が分かっています。

よって、現代では、妊娠する可能性のある女性は、積極的に葉酸を摂取する事が勧められるようになってきました。
妊娠に気づいてから葉酸を摂り始めても、決して遅くはありません。

しかし、神経管閉鎖不全の奇形のリスクを減らすためには、妊娠前から十分に摂取しないとなりません。
妊娠しようと考えている方は、水溶性ビタミンの葉酸を積極的に摂取していきましょう。

葉酸と水溶性のまとめ

葉酸と水溶性のまとめ

葉酸は水溶性ビタミンのため、身体に溜め込む事が出来ませんので、毎日こまめに補う事が大切です。
また、一度に葉酸を多く飲んでも、過剰摂取になり、逆効果になるので気を付けましょう。

葉酸サプリを利用する際には、摂取量を守る事が最も大切です。
お腹の赤ちゃんを健康に育てるためにも、葉酸は正しく摂取して、万全な出産の準備をしていきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり