葉酸と水溶性

妊娠中の葉酸の必要性については、広く知られていて、多くの人が認知されている事でしょう。
葉酸は、お腹の胎児の健康な発育のためには欠かせない栄養素です。

そのため、厚生労働省も妊娠を計画している人、または妊娠の可能性がある人は、1日あたり400μgのモノグルタミン酸型葉酸を摂取する事を推奨しています。

では、ここで言う「葉酸」とはどのようなビタミンなのでしょうか。
ビタミンには水に溶けやすい「水溶性」の物と、油にとけやすい「脂溶性」の物があります。

今回は、葉酸「水溶性ビタミン」の特徴についてご説明していきましょう。

葉酸「水溶性ビタミン」の特徴

ビタミンは、「水溶性」のものと「脂溶性」のものがあります。
葉酸はビタミンB9とも呼ばれており、ビタミンB群の1つです。

ビタミンB群は、全て水溶性のビタミンになります。
水溶性ビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンH(ビオチン)があります。

水溶性ビタミンは、水で洗ったり火を通す事で、栄養の大半が失われてしまうという特徴があります。
ですから、食事から葉酸を摂ることは意外と難しいと言われているのです。

水溶性ビタミンは、水に溶ける性質があります。
そのため、葉酸を多めに摂ったとしても、尿として排出されていきます。

そして、水溶性ビタミンは溜め込めないため、欠乏症が起こる事があります。
そのため、毎日こまめに補う事が大切になります。

葉酸「水溶性ビタミン」の過剰摂取のリスク

葉酸に関しては、食品から摂る分には過剰摂取にはなりません。
しかし、サプリから必要以上に摂ると、まれに「葉酸過敏症」になる事があります。

葉酸過敏症とは、葉酸の過剰摂取による症状です。
毎日1,000μg以上もの葉酸を摂り続けると起こる可能性があります。

葉酸過敏症の症状としては、発熱、じんましん、かゆみ、呼吸障害などが挙げられます。
葉酸サプリの多くは妊婦向けに作られており、1日分が400μgに設定されているものが多いと言えます。

1日分の摂取量をしっかりと守っていれば、葉酸過敏症になる事はありません。
そのため、飲む量には気を付けましょう。

ビタミンB12欠乏症のリスク

また、葉酸を過剰摂取する事により、「ビタミンB12欠乏」の発見が遅れる事もがあります。
葉酸欠乏、またはビタミンB12欠乏によって起こる症状に、巨赤芽球性貧血が挙げられます。

これは、赤血球がきちんと作られずに起こる貧血の事です。
ビタミンB12欠乏は、貧血症状の他に下肢のしびれや運動失調などの神経症状が表れます。

ビタミンB12欠乏による貧血は悪性貧血ですから、早めの発見と治療が重要です。
この時、ビタミンB12欠乏に気付かずに葉酸を服用してしまうと、貧血症状は改善しますが、神経症状は改善しません。

葉酸の投与により、神経症状はさらに悪化してしまいます。
そして、ビタミンB12欠乏の発見が遅れてしまうというリスクがあります。

「水溶性ビタミン」のデメリット

葉酸は、水に溶けやすい水溶性のビタミンです。
そのため、通常の食生活で過剰になる事はほとんどありません。

例え、過剰摂取したとしても、不要な分は尿などで排出されます。
しかし、葉酸サプリから1000μg以上を毎日摂取したり、治療によって大量投与した場合などには、葉酸過敏症を引き起こすリスクがあります。

症状としては、発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などです。
1日の葉酸の上限摂取量は、20代女性は900μg、30代女性は1000μとなり、妊娠時も同様です。

1日に摂取したい推奨量は非妊時が240μg、妊娠時は480μgを意識して葉酸を摂るように心がけましょう。
サプリメントは、摂取量を守れば過剰摂取は防ぐ事が出来ます。

「脂溶性ビタミン」とは?

脂溶性ビタミンとは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンであり、油になじむ性質があります。
脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが挙げられます。

そして、脂溶性ビタミンは水に溶ける事なく、比較的熱による損失も少ないビタミンです。
脂溶性ビタミンは、油脂と一緒に摂る事で吸収率が上がります。

そのため、油を使った調理法などがオススメとなっています。
脂溶性は油に溶けやすく、皮膚や粘膜の健康を保ったりカルシウムの吸収や抗酸化に役立ちます。

「脂溶性ビタミン」のデメリット

脂溶性ビタミンは、体に吸収されやすく、摂った分だけ肝臓や脂肪に蓄積されていきます。
そのため、多量に摂取すると、過剰症を引き起こしてしまいます。

過剰症とは、肝臓などで貯蔵出来なくなったビタミンが、他の必要としない器官にまで流れてしまう症状です。
ただし、ビタミンEに関しては、過剰に取ったからと言って、何かしらの症状が出るといった事はまだ報告されていません。

脂溶性ビタミンも普通に食事から摂取する分には、過剰摂取を心配しなくても大丈夫です。
しかし、サプリによる摂取は、飲み過ぎると、知らぬ間に脂溶性ビタミンを体に溜め込んでしまい、副作用が起こる可能性があります。

水溶性ビタミンの葉酸を効率良く摂取する方法とは?

水溶性ビタミンの葉酸を効率良く摂取する方法

水溶性ビタミンは水に溶けやすく、熱に弱い性質があります。
そのため、調理の過程で栄養が、大半が失われてしまうと言われているのです。

葉酸を食品から摂るなら、出来るだけ生のまま食べられる物を選びましょう。
煮物やスープにした場合は、汁まで飲むことがポイントです。

葉酸だけでなく、美容に欠かせないビタミンCも水溶性です。
摂取する時は出来るだけ無駄にしないように意識しましょう。

水溶性ビタミンの葉酸はサプリで摂ると効率的

妊娠初期に必要な葉酸の量は1日400μgで、これは成人の必要量の2倍の量になります。
これだけの葉酸の量を野菜など食品だけで摂る事は難しく、葉酸サプリなどを併用していくと、効率良く摂る事が出来ます。

胎児の脳や脊髄などの神経が作られるのは妊娠初期です。
葉酸を初期に摂る事で、神経管閉鎖障害という胎児奇形を減らす事が出来る事が分かっています。

よって、現代では、妊娠する可能性のある女性は、積極的に葉酸を摂取する事が勧められるようになってきました。

妊娠に気づいてから葉酸を摂り始めても、決して遅くはありません。
しかし、神経管閉鎖不全の奇形のリスクを減らすためには、妊娠前から十分に摂取しないとなりません。

妊娠しようと考えている方は、葉酸を積極的に摂取していきましょう。

葉酸と水溶性のまとめ

葉酸と水溶性のまとめ

葉酸は水溶性ビタミンのため、身体に溜め込む事が出来ませんので、毎日こまめに補う事が大切です。
また、一度に葉酸を多く飲んでも、過剰摂取になり、逆効果になるので気を付けましょう。

葉酸サプリを利用する際には、摂取量を守る事が最も大切です。
お腹の赤ちゃんを健康に育てるためにも、葉酸は正しく摂取して、万全な出産の準備をしていきましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。