葉酸と神経

赤ちゃんに起こる先天異常の一つである神経管閉鎖障害は、妊娠初期の葉酸不足が原因で発症するとわかっています。
よって、現在は世界中で、妊娠初期に葉酸を十分に摂取するように勧められています。

では、葉酸は神経管閉鎖障害とどのように関係しているのでしょうか?
葉酸サプリが赤ちゃんの先天性疾患の一つにである神経管閉鎖障害を予防する理由をご紹介します。

神経管閉鎖障害とは?

神経管閉鎖障害とは、中枢神経の幹となる神経管の一部が何らかの原因によって塞がらず、様々な症状として現れる障害です。
脳や脊髄が作られる妊娠初期に起こるとされています。

神経管閉鎖障害は大きく分けて、神経管の上部が塞がらない「無脳症」と、下部が塞がらない「二分脊椎」の2つ。
無脳症の場合は、字の通り脳が無い状態ですから、生まれても死産の可能性が極めて高いと言えます。

一方、神経管の下部が塞がらない事で起こる二分脊椎は、神経の一部が背骨の外に出てしまい、神経の癒着や損傷が起こってしまうのです。
しかし、その症状には個人差があり様々。

主に排尿や排便の障害や、下半身の麻痺などが起こるとされています。

葉酸不足による神経管閉鎖障害のメカニズムとは?

神経管閉鎖障害の原因の一つが、葉酸不足です。
葉酸は、細胞分裂に深く関わる栄養素で、DNAが正しくコピーされるのをサポートしてくれます。

しかし、赤ちゃんの脳や脊髄が作られる妊娠初期に葉酸が足りないと、細胞分裂の際にDNAのコピーミスが起こる事があります。
これが、葉酸不足によって「無脳症」や「二分脊椎」などの神経管閉鎖障害が起こるメカニズムなのです。

厚生労働省が葉酸を推奨する理由は神経管閉鎖障害の予防

厚生労働省が葉酸を推奨する理由は神経管閉鎖障害の予防

妊娠初期の葉酸不足は、神経管閉鎖障害の原因の一つとなっています。
この事からも葉酸の摂取が重要という事が、分かると思います。

日本でも厚生労働省は、葉酸サプリメントから1日400μg以上摂取する事を推奨しています。
妊娠前から葉酸サプリを摂取し続けると、神経管閉鎖障害の発症リスクを70~80%減らせると多くの研究で判明しています。

ただし、厚生労働省は、葉酸の上限摂取量を1日1000μgとしていますので、過剰摂取には注意しましょう。

葉酸不足による神経症状とは?

葉酸不足による神経症状

葉酸不足になると、胎児の先天性異常のリスクが上がるだけでなく、精神面に影響を与えて様々な神経症状も引き起こします。
葉酸不足は月経前のイライラの悪化やうつ病を招くのです。

うつ病患者の場合は、4人に1人が葉酸が不足していたという研究結果もあります。
ビタミンB群には、様々な神経症状を緩和させる効果が期待出来ます。

胎児が神経管閉鎖障害になる

胎児が神経管閉鎖障害を発症してしまう主な原因は、妊娠初期の葉酸不足である事が分かっています。
妊娠初期4週目頃の胎児は、胎芽と言われる時期で、大きさや1.5~10mm程度です。

5週目頃には細胞の増殖が非常に活発になり、脳や脊髄、心臓の基礎が作られ始めます。
神経管閉鎖障害の発症には、遺伝的な要因が関係している場合もあるので、自力で100%防ぐ事は出来ません。

しかし、妊娠初期に葉酸を積極的に摂取する事で、リスクを予防できる確率は高まります。
そのため、出来れば妊活中から葉酸の摂取を始めましょう。

葉酸とビタミンB12は神経痛の改善に役立つ

葉酸とビタミンB12は神経痛の改善に役立つ

妊娠中に葉酸とビタミンB12が欠乏すると、めまい、立ちくらみ、手足の痺れなど、貧血状態になる事があります。
お腹の赤ちゃんに栄養や酸素を運ぶのは血液です。
そのため、血液が足りなくなると、お腹の赤ちゃんが栄養不足や酸欠状態に陥ってしまいます。

その他に、正常な神経機能の維持の役割をしているビタミンB12が欠乏する事によって、神経症状が現れる事もあります。
葉酸はビタミンB12と共に働くので、葉酸サプリを選ぶ時は、ビタミンB12配合の物を選ぶと良いと言えます。

葉酸と神経のまとめ

葉酸と神経のまとめ

神経管閉鎖障害の発症率を低減するためには、妊娠初期である妊娠4週目から12週目までの期間に、葉酸を摂取する事が最も大切です。
妊娠初期までに胎児の脳や脊髄の重要な部分の形成が行われます。

そのため、葉酸サプリはこの時期にはしっかり飲む必要があります。
そして、神経管閉鎖障害は、葉酸だけでなく、ビタミンB12も深く関わっています。

この時期に、葉酸とビタミンB12を不足させないように意識して摂取しましょう。

当サイトでは、管理人が実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり