葉酸と老人

葉酸と言えば、妊婦さんなどのとりわけ若い女性に大切な栄養素というイメージが強いものですよね。
お腹の中の赤ちゃんが順調に成長するためには、普段より多くの葉酸が欠かせません。

妊娠や授乳期間を過ぎたら、その後はもう摂取しなくても良いのでしょうか。
しかし、実際にはそのような事はなく、年齢を重ねてもずっと摂取する事で良い効果が得られる事もあるのです。

ご老人がこの先も元気にイキイキと生活するためには、葉酸が必要になります。
しかし、葉酸は老人にどのような作用をもたらすのでしょうか。

そこで今回は葉酸は老人にも必要なのか、またどのように摂取したら良いのかを詳しくご紹介していきます。

葉酸が老人に与える効果とは?

若い人のための栄養素だと誤解されやすい葉酸ですが、老人にも年齢に見合った効果が期待出来ます。
葉酸はそもそも「造血ビタミン」と言われるほど赤血球を作るために必要な成分です。

そのため、年齢を重ねて食が細くなっていき、貧血に陥りやすくった人にも良い効果が期待出来ます。
若い人や女性だけに限らず、老人も意識して摂取する事で、日々の健康を維持出来るのです。

そして、驚くべきは健康維持の他にも年齢を重ねるごとに気になるあの病気を予防する働きも期待出来る事。
では葉酸を老人が摂取する事で、どんな病気の予防に繋がるのか見ていきましょう。

葉酸は老人の認知症を予防する

葉酸が老人に増えている認知症の予防に効果的だと実証する研究が、イギリスで行われました。
高齢者を2グループに分けて片方は1日に800μgの葉酸を摂取し、もう片方は摂取しない比較実験をしたのです。

すると、1日800μg摂取していたグループの多くは、脳の萎縮が抑えられていたという結果が出ました。
認知症は脳が次第に萎縮して、日常の様々な事を行えなくなる病気です。

一度掛かると治る事はないので、いかに予防するかが大切になってきます。
そこで、葉酸が老人の認知症を予防する作用がある事が分かり、今とても注目されているのです。

葉酸を老人が効率的に摂取するには?

葉酸を老人が効率的に摂取するには

葉酸を摂取すると良いと言いますが、老人は1日にたくさん食事をとる事が難しいものですよね。
少ない食事量の中で老人に必要な葉酸を摂取するというのは、とても厳しいのが現状なのです。

また食事量が少なくなるだけではなく、胃腸が弱っていたり傷付いている事もあります。
この場合は、いつもより吸収が悪くなってしまうのですね。

では、葉酸を老人が効率的に摂取するには、どのような方法をとれば良いのでしょうか。
1日に必要な240μgを、無理のない状態で摂取出来る方法をご紹介していきます。

葉酸はサプリメントから補うのが効率的

葉酸を摂取したいけれど、どうしても胃が弱っていて食事からは十分摂る事が出来ない。
そんな時に体に負担を掛けずに栄養素を取り込む方法が、サプリメントの活用です。

水でサッと飲むだけなので、胃が弱っている場合でも苦痛に感じる事は少ないでしょう。
葉酸サプリメントは主に妊婦さん向けに、たくさん販売されています。

しかし、それらの多くは1日に400μg摂取出来るものなので、老人には少し量が多いのです。
そのため、1粒に400μg入っているものではなく、数粒に分けて飲むタイプを選ぶと良いでしょう。

こうする事で、老人に必要な量の240μgを効率よく摂取する事が出来ます。
ただ高齢になるほど吸収率も下がるので、実際は200μgほどが体に吸収されていくと考えた方が良さそうです。

葉酸は食事からでは十分な摂取ができない

葉酸は老人に限らず、若い人でも食事から必要量を摂取するのがなかなか難しい栄養素。
納豆で言うと8パック以上、ブロッコリーだと1房以上食べなければ十分な量を摂取するのは厳しいのです。

こんな食事量は現実的ではないですし、胃腸の弱った老人にとってはより辛い事ですよね。
歳を重ねるとだんだん食事量が減っていき、それに伴って吸収される栄養素も減っていきます。

サプリメントに抵抗がある人も多いかもしれません。
しかし、葉酸に限っては食事から摂取するのは難しいのでサプリの手を借りる事も大切。

何より苦しい思いをして食事量を増やさなくても、コップ一杯の水で飲む事が出来るのでとても楽なのです。

葉酸を老人が摂取する際の注意事項はある?

葉酸を老人が摂取する際の注意事項はあるか

葉酸を老人が摂取するにあたって、若い人が飲むのとは違って注意する事が多くなります。
特にサプリメントは薬ではないにしろ、胃腸が弱っている高齢者には間違った飲み方で負担になる事もあるのです。

しかし、注意事項をきちんと守って葉酸を摂取していけば、老人も安全にサプリメントを飲む事が出来ます。
主に摂取する葉酸の量と、飲み方に注意が必要です。

これを意識するだけで、より効率的に葉酸を吸収出来るようになります。
老人が初めてサプリメントを服用するときは、様子を見ながら正しく服用するようにしましょう。

最小限から始めて1日の許容量を守る

老人に必要な葉酸の1日の摂取目安量は240μgですが、飲み始めはそれにこだわらず少ない量から始めてみてください。
いきなりフルの240μgから始めてしまうと、体に思わぬ負担が掛かってしまう事があります。

老人の場合は胃腸が弱っている事が多いので、葉酸は100μgあたりから始めていくと負担が少なく済むでしょう。
また1日の許容量は必ず守るようにして、葉酸のとりすぎには注意しましょう。

老人に関わらず過剰摂取は発疹などを起こしますが、高齢だとより症状が重くなる事もあります。
健康に良いものも、摂り過ぎるとかえって体にとって毒になるので気を付けてください。

コップ一杯の水で飲む事

葉酸のサプリメントなんて薬じゃないから、どんな飲み物で飲んでも平気と思う方もいると思います。
サプリメントに知識の少ない老人の方はそう考えている場合が多いのですが、実は違うのです。

葉酸は栄養素ですから、体内にきちんと吸収されなければ意味がありません。
コーヒーや紅茶といったカフェイン入りの飲み物は、吸収を妨げてしまいます。

そのため、サプリメントを飲む時は、水で飲むのが一番適しているのです。
そして、老人の場合は少ない水で飲む事で、胃に到達するまでに途中で引っかかってしまう事もあります。

そのため、コップ一杯の水を飲んで、しっかり胃に流してあげる事が重要なのです。
また、一部の薬は葉酸の吸収を妨げるので、薬剤師さんにサプリメントとの飲み合わせを確認する事も忘れないようにしましょう。

葉酸と老人のまとめ

葉酸と老人のまとめ

今回は葉酸は老人にも必要なのか、またどのように摂取したら良いのかを詳しくご紹介しました。
葉酸は女性だけでなく、老人にとっても良い効果が期待出来る栄養素。

特に認知症の予防効果の実証実験では、脳の萎縮が抑えられたという事で期待出来ます。
また、高齢になるとどうしても食事の量が減ったり胃腸の機能が低下するので、十分な栄養が吸収できなくなるでしょう。

そこで、サプリメントを利用すれば、老人に必要な1日240μgを手軽に摂取出来ます。
少しずつ様子を見ながら飲んでいき、コップ一杯の水で飲む事で吸収を上げられるのです。

気を付ける事も多いのですが、葉酸は老人にとても良い栄養素なので、ぜひサプリメントを活用していきましょう。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり