葉酸のリスク

葉酸と言えば妊娠中の女性にとって欠かせない栄養素です。
妊婦は葉酸を摂取した方がリスク回避のために良い、という知識を持っている人は沢山います。

しかし、漠然と妊娠中のリスクを低減するとは言っても、具体的にどのような効果が期待出来るのでしょうか。
また、どのくらいの量や適切な摂取時期などを理解しておくのも大切です。

サプリで摂取する際のポイントなども併せて知っておく事で、妊娠中の不安を低減する事が出来ます。
そこで今回は葉酸の摂取によって、妊娠中の色々なリスクを低減する事について詳しくご紹介していきましょう。

葉酸を摂取すると妊娠中のリスクが低減する

葉酸の摂取が妊婦さんに推奨される理由は、妊娠中に起こる色々なリスクが低減されるからです。
妊娠中は、赤ちゃんに優先的に栄養を送る必要があるため、お母さんは貧血になりやすい状態にあります。

この血液(赤血球)を作り出す手助けをしてくれるのが、葉酸なのです。
これが葉酸が「造血ビタミン」と呼ばれる理由なのですね。

妊婦に起こる健康的リスクを抑える働きがあるので、特に大切な栄養素とされているのです。
そこで、妊娠中どのくらいの葉酸を摂取するのがリスクを抑えるのに効果的なのか、見ていきましょう。

どのくらいの葉酸を摂取するのが効果的なの?

葉酸は1日に通常時で240μgの摂取を推奨されています。
しかし、妊婦さんの場合はその倍近くの400μgを摂取する必要があるのです。

ただ葉酸は食べ物からだけでは、よほどの量をとらなければ400μgはなかなか摂取できません。
特に妊娠初期の場合はつわりで食事量が落ちるので、余計に栄養の摂取が難しくなります。

しかし、サプリメントなどで1日400μgを摂取する事で、お母さんと赤ちゃん共にリスクを回避出来る確率が上がるのです。
そして、妊娠してからではなく、できれば妊娠する3ヶ月前から葉酸を摂取する事が理想的。

赤ちゃんの脳や様々な臓器が形成されるのは、本当に初期の段階です。
そのため、妊娠に気づく前に、出来る限り良い環境を整えておくのがベストなのですね。

妊婦が葉酸を摂取するとどんなリスクが回避出来る?

妊婦が葉酸を摂取するとどんなリスクが回避出来るのか

妊婦が葉酸を摂取する事で、具体的にどんなリスクが回避出来るのでしょうか。
葉酸はお母さんの健康だけではなく、赤ちゃん側のリスクの低減にも効果的。

これは、母子ともに健康なマタニティライフを送る上でとても重要な事であり、葉酸がそれに深く関わっているのです。
妊娠中は体調が通常の状態とは異なり、お母さんのちょっとした症状が悪化する事もあります。

また赤ちゃんの様々な器官が形成される段階や遺伝子レベルで問題が起きると、その後重大な影響を及ぼす危険があるのです。
そんなリスクを低減して、少しでも安心していけるように葉酸が活躍してくれるでしょう。

葉酸はダウン症のリスクを低減する

葉酸を摂取する事で、染色体異常のひとつであるダウン症のリスクの低減が期待出来ます。
葉酸には、細胞分裂の際に遺伝子が正しくコピーされるのをサポートする働きがあるのです。

また、葉酸の摂取で神経管閉鎖障害などの先天性奇形の予防も期待出来ます。
多くの妊婦さんが気になる染色体異常ですが、高齢になればなるほど確率は上がるのです。

妊娠時の年齢を考えて、積極的に葉酸を摂取しておきましょう。

葉酸のサプリはどんなリスクがある?

葉酸のサプリはどんなリスクがあるか

葉酸は、食べ物からの十分な摂取が難しいため、サプリメントから効率的に取り入れている妊婦さんが多いものです。
しかし、サプリもきちんとしたものを選んだり、健康に良いからと飲み過ぎてしまうとリスクが上昇してしまいます。

葉酸のサプリは数多く販売されていますが、どんなものを選べばいいのか。
また1日に、どれくらいの量までなら摂取しても大丈夫なのか気になってしまいますよね。

葉酸の摂取が逆に妊婦さんにとってリスクにならないように、きちんと知識を身に付けておくと安全に取り入れる事が出来るでしょう。
では、サプリの摂り過ぎによるリスクと、サプリの選び方について詳しく説明していきます。

葉酸の取りすぎは喘息のリスクが上昇する?

妊婦さんにおける葉酸の1日の摂取目安量は、400μgとなっています。
しかし、中には健康のためにと、倍以上の1000μgを摂取してしまう人もいるのです。

これは実はとても良くない事で、赤ちゃんが産まれた後に喘息にかかるリスクが高くなる事が研究などから分かっています。
オーストラリアの研究では毎日1000μg以上の葉酸を摂取していたお母さんから産まれた赤ちゃんは、1.26倍喘息に掛かりやすいとの事。

特に妊娠後期に大量摂取した場合にリスクが上昇するのですが、赤ちゃんも大きく成長しているのに影響があるの?と不安になりますよね。
赤ちゃんがある程度育ってからは、奇形というよりも胎児毒性が気になる時期にさしかかります。

サプリの多くが石油系の原料を使用した添加物や葉酸を含んでおり、これが成長した赤ちゃんにとっては毒になってしまうのです。
葉酸サプリと一口に言ってもその品質は様々ですから、よく吟味して安全性の高いものを選びましょう。

添加物の少ない葉酸サプリでリスクを避けよう

葉酸サプリの種類は沢山ありますが、それぞれ添加物を使用に関しては差があります。
もちろん、無添加のものも添加物が多いものもあるので、リスク回避のためにも見極めが大切になるのです。

一般的に薬局などで気軽に購入出来るものは、添加物が多い印象があります。
通販などで手に入るサプリは無添加にこだわっていますが、その分値段は高いのです。

しかし、普段よりリスクが上昇するデリケートな状態の妊娠中。
そして、お腹の赤ちゃんのためにも、できれば無添加の葉酸サプリを選ぶ事をお勧めします。

また、1粒飲めば1日の必要量を摂取出来るタイプのものが良いでしょう。
つわり中などは何粒も飲むのが辛い時があるので、サッと飲むだけで済む方が楽です。

サプリに含まれる添加物がどのようなリスクを与えるか妊娠中は分からないので、体に優しいものを選びましょう。

妊娠初期に葉酸を摂取するとどんなリスクが低減出来る?

妊娠初期に葉酸を摂取するとどんなリスクが低減出来るか

葉酸を積極的に摂取したい時期として、一番に妊娠初期が挙げられます。
これは妊娠初期のうちに、赤ちゃんの大部分の器官や形が作られてしまうためです。

赤ちゃんの色々なリスクを低減するチャンスは、初期のうちしかないとも言えるでしょう。
そのため、なるべく早い時期に摂取する事で、リスク回避に繋がるのです。

葉酸が不足する事で、赤ちゃんにとって時に命に関わるような先天異常のリスクが上昇する可能性があります。
葉酸は神経管閉鎖障害の予防に効果的であり、主に2つの病気の発症率を低減するのです。

無脳症の発症率を下げる

無脳症は、葉酸が不足する事で発症のリスクが上がると言われる赤ちゃんの先天的な病気の一つです。
本来は頭蓋骨が形成されて脳が出来ていくのですが、無脳症の場合はその名前の通り脳がない状態になります。

頭から下は健康に発達していくのですが、脳がないために生きて産まれる事が難しいのです。
妊娠初期から中期にエコーで発見される事が多く、ほぼ妊娠継続が出来ません。

葉酸は、このような重症な病気のリスクを低減するという事から、妊娠が分かる前からの摂取が勧められています。
毎日の葉酸サプリ摂取で、妊娠初期のこうしたリスクを低減出来るのは嬉しいものです。

二分脊椎症の発症率を下げる

葉酸不足による神経管閉鎖障害のもうひとつのリスクとして、二分脊椎症が挙げられます。
脊椎の骨がうまく形成されない事で、下半身の麻痺などが起こるのが特徴です。

また、頭に水が溜まる症状が同時に起こる事も多く、脳へのダメージも大きい場合があります。
直接命に関わる事は少ないですが、運動面や知能面で障害が出る事もあるのです。

二分脊椎症は、妊娠初期にビタミンAの過剰摂取があった場合などにリスクが上昇します。
しかし、妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を毎日400μg摂取する事で、70%もリスクを低減出来る事が分かりました。

そのため、妊娠を意識した時期からしっかりと葉酸を摂取する事が、二分脊椎症のリスクを低減させるひとつの方法なのです。
妊娠初期を過ぎれば赤ちゃんの体の形成はほとんど終わっているので、それまでは積極的に摂取していきたいですね。

葉酸とリスクのまとめ

画像の説明

今回は葉酸の摂取によって、妊娠中の色々なリスクを低減する事について詳しくご紹介してきました。
妊婦さんは貧血になりやすいのですが、葉酸は赤血球を作る働きがあるので妊娠中は欠かせない栄養素です。

また、赤ちゃんのダウン症や神経管閉鎖障害のリスクを低減する効果も期待でき、妊娠前や妊娠初期からの摂取が勧められています。
しかし、妊娠後期に葉酸をとり過ぎると、逆に赤ちゃんが産まれてから喘息になりやすいなどのリスクも。

葉酸は食べ物からでは十分な量を摂取出来ないので、サプリでとるのが効率的です。
1日400μgの摂取目安量を守っていれば問題はありませんので、なるべく早い時期から葉酸を取り入れていきたいものですね。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。