妊活の悩み

妊活中である事を友人や周囲の人に話すと、応援してくれたり、いろいろアドバイスをもらえたりします。
人に話す事で、ストレスや不安も自然に解消される事がありますよね。

しかし実際に、なかなか赤ちゃんを授からない不安が長年続くと友人や同僚にどこまで妊活の悩みを話せるか分からず、悩みをひとりで抱え込んでしまう事もあるでしょう。
妊活中は、同世代のおめでたのニュースが気になり、妊娠できないと自分だけが取り残されたような気持ちになるものです。

妊活や不妊治療を始めて、夫婦間の温度差に悩む女性も多くいます。
そこで今回は、妊活中によくある悩みや悩み解消のための方法をご紹介していきましょう。

妊活している女性に共通する悩み

妊活中の女性に共通している事は、妊活の期間がいつまで続くんだろうという「不安」と、自分だけが妊娠できないという「孤独感」です。
多くの方は、ネット上の妊活情報を調べてブログを読んだり、研究熱心になります。

しかし、いつまでたっても心の在り方が変わらなければ、妊娠に近づく事はできません。
例えば、生理不順があれば、それを改善するためにはどうすればよいのか行動に移しましょう。

妊活の悩みは行動に変えてみよう

生活習慣を見直して、バランスの良い食生活や適度な運動、そしてサプリで定期的な栄養素を摂取するなど基本的な事が出来ているでしょうか。
妊娠するために大切なのは、「どうすれば妊娠出来るか」というプラス思考になる事です。

妊活の期間が長すぎて「妊娠出来ない」と思えば、そこで暗い気持ちにならずに行動を変えてみましょう。
妊活のために仕事を辞めて、ストレスがなくなってから妊娠できた方は多くいるのです。

また、ウォーキングなど適度な運動をして、体調が良くなって妊娠できた方もブログに登場しています。
もし今の生活で妊娠できなかったら、何か工夫をして行動を見直してみましょう。

結婚してから妊活している期間が長いという悩み

子作りを始めて、1年以内で約8割のカップルは子宝に恵まれます。
そのため、妊活を続けた期間は約半年がもっとも平均的です。

なかには2年以上妊活を続けられた方もいます。
妊活は頑張ろうとするほど通院と仕事との両立に悩んだり、努力しても思うような結果が得られない事も増えるでしょう。

自分の将来の方向性に不安を覚える瞬間や、自分にとって大切な仕事を手放さなくてはならない方もいるのです。
妊活を行う上で大切な事は、妊娠しやすいからだ作りと心作りを意識しましょう。

長期の妊活の悩みは運動が効果的

妊活の期間が長い方は、運動不足の方が多いものです。
適度な運動は、子宮や卵巣の血流のupにつながり妊娠しやすくなります。

ただし、激しい運動によって活性酸素が大量に発生すると、卵子の質が下がり妊娠しにくくなるため軽い運動を心がけましょう。
また長い間、肥満気味の方はホルモンバランスが崩れやすいため、妊娠しにくくなります。

ただし、急激に痩せすぎると無排卵月経を引き起こす可能性があるため、短期間の急激な減量はせず計画的に体重管理をしましょう。

妊活している女性はストレスがたまりやすいのが悩み

妊活中にストレスが溜まっていると感じたら、好きな事で解消していきましょう。
例えば、アロママッサージは香りが脳内に働きかける事で、セロトニンの分泌が活性化してリラックスする事が出来ます。

またマッサージは、人に触れられる事でオキシトシンが分泌されるので、ストレスを抑制する効果が期待出来るのです。
妊活を始めると、どうしても体を大切にして家の中に閉じこもりがちですが、外に出て運動をする事も妊活にプラスになります。

太陽光を浴びると、一定のリズムで筋肉を緊張・緩和させる事ができ、セロトニンの分泌を増やす事が出来るのです。
近所をウォーキングして回るだけでも気分転換になり、十分効果が得られます。

妊活に悩み過ぎたら一時中断してみよう

また、長期的に妊活・不妊治療をやっていて、上手くいかないとどんどんストレスが溜まってしまいますよね。
そんなときは思い切って、妊活・不妊治療を、一度やめてみるのもいかもしれません。

頑張りすぎると精神的にも疲れてしまいますので、一部をやめてみて心を休ませる時間を作ってみるのも一つの選択肢です。
すると、ストレスが解消され自然と赤ちゃんを授かったという事もよく耳にします。

妊活している女性の悩みを相談するには?

妊活している女性の悩みを相談する

妊活中は、ストレスが溜まると、からだに決して良くはありません。
もし、辛くて誰にも打ち明けられない悩みがあるのなら、一人で抱え込まずに誰かに話してみましょう。

妊活中の悩みは人それぞれありますが、妊活で疲れてしまっている方は「他の人も同じなんだ」と安心して下さい。
不妊に悩む人の相談を受け付けてくれるオススメのセンターは各県に設置されている「不妊専門相談センター」です。

相談に乗ってくれるのは、看護師や助産師さんなどの医療従事者なので頼りになります。

妊活・不妊の悩みは専門相談センターに相談しよう

妊活や不妊の相談先は、こちら厚生労働省のページをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/funin-02-01.html

全国の相談窓口、電話番号、受付時間が確認出来ます。
施設によっては対面やメール相談を受け付けているところもあるようです。

相談先を紹介しているサイトも多くありますが、厚生労働省のページを見る方が宣伝などもなく安心。
匿名で大丈夫ですし、上手に話す必要はありません。

妊活や不妊に関しては、自分を知っている人より顔も名前も知らない人の方が、本音を話せる時があります。
もし今妊活について悩んでいる方は、思い切って電話してみてください。

妊活中の悩みは男性パートナーに相談しよう

普段、楽しい事や嬉しい事があった時、パートナーに「今日はこんな事があったよ」と話しますよね。
夫婦は日々の自然な会話から、何気なくお互いの出来事を共有していきます。

しかし、妊活や未来の赤ちゃんの話となると、なかなか本音で話し合えていない夫婦が多いのです。
多くの女性が、パートナーとのコミュニケーション不足によって、妊活中の男女の温度差を感じてしまっています。

妊活の悩みをパートナーに伝える事の大切さ

では、どうして妊活の悩みになると急に話せなくなるのでしょうか。
心のどこかに、妊活を頑張っている姿を一番近くで見ているパートナーには、察して欲しいという期待もあるかと思います。

ひとり孤独で考えていると小さな事が積み重なり「もしかして赤ちゃんを授かれないかも」という悩みをひとりで抱える事になるのです。
コミュニケーションで大事な事は、「伝える」事。

まずは理解してもらおうとせず、うまく表現できなくても気持ちを整理ができなくても、そのままのあなたの気持ちを伝える事が、妊活を成功させるための一歩になります。

妊活中の悩みはネット相談室を利用しよう

妊活初心者の方も不妊治療中の方も、どんな悩みも聞いてくれるカウンセラーに相談するのも良いでしょう。
ネット上には、いくつもの無料の電話相談があります。

この電話相談では、不妊体験者が不妊のさまざまなお気持ちを聞いてくれたり、アドバイスをもらえるのです。
ひとりで抱え込んでしまう前に、カウンセラーと電話で気軽に話してみるだけでもストレスは解消されるかもしれません。

妊活の悩みのまとめ

妊活の悩みのまとめ

妊娠を意識しすぎると、いつの間にかストレスが溜まっている事があります。
そのままでは妊娠によくないからとストレスを解消しようとして忙しくすると、逆にそれがストレスになってしまう事もあるのです。

妊活・不妊治療中にちょっと疲れてきたなあと思ったときは、旦那さんや周りの家族の力を借りましょう。
そうすれば、きっと妊活・不妊治療はいい方向に進んでいくのではないでしょうか。

何も考えずに始める事の出来る人の方が、圧倒的に早くに成果を出せるという話もよく聞きます。
もちろんバランスのよい食事で必要な栄養をとり、妊活によいとされる葉酸などをサプリで補う事も忘れないでください。

妊活中は、自分が自分らしくいられる時間を大切に過ごして欲しいなと思います。
生活のすべてで妊活を優先するのではなく、今出来る事をちょっとずつ積み重ねてみてはどうでしょうか。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。