葉酸と認知症

厚生労働省の推計によると、日本は今から10年後には、認知症患者数約700万人になるそうです。
これは、65才以上の5人に1人が認知症になる計算になります。

しかし、認知症とは老化現象のひとつです。
誰でも年齢と共に、緩やかに脳の機能は衰えていきます。

ただし、毎日の食事や栄養素を少し意識するだけで、脳の老化を遅らせる事は出来ます。
まずは、野菜不足やカロリーの摂り過ぎ偏った食生活を改めて、毎日の食生活を見直す事が認知症予防になるのです。

そこで今回は、葉酸と認知症との関係について見ていきたいと思います。

葉酸の認知症予防の効果とは?

認知症になる原因は、脳の神経細胞の健康が保たれない事、そしてホモシステイン値の上昇が主な原因です。
そして、最近はビタミンB群の一種である葉酸の欠乏が関係しているとも言われています。

葉酸の欠乏は、食生活の乱れ、アルコールの摂取などが原因となります。
葉酸を摂取すると認知症予防に繋がると言われる理由は、脳の神経細胞の維持に関与しているからです。

そして、認知症の原因物質であるホモシステインを代謝して、低下させたりする役割がある事も挙げられます。
この事は、カリフォルニア大学などで葉酸の認知症への有効性が証明されています。

認知症は、脳の神経細胞の維持が上手くいかずに、脳萎縮から始まったり、ホモシステインといった物質の上昇によって起きます。
よって、葉酸にある神経細胞の維持やホモシステインの低下によって、認知症予防に繋がるのです。

葉酸はホモシステインを低下させ認知症予防になる

葉酸を摂取すると、血液中のホモシステイン数値を下げる事が出来ます。
そのため、動脈硬化を予防して認知症予防になります。

葉酸には造血作用があるため、たっぷり血液を作り、全身に多くの血液が行き渡るようになるのです。
すると、血液がサラサラとなり血管がスムーズになり、動脈硬化の予防に役立ちます。

血液をサラサラにして血流をアップするだけで、動脈硬化や認知症といった様々な症状に効果的です。
特に認知症は脳への血液が十分に不足していないと発生します。

そのため、葉酸の摂取によって血流をアップさせて、血行良くすると良いでしょう。

葉酸は脳の神経細胞を健康に保つ

葉酸は血液中の悪質なアミノ酸であるホモシステイン数値を下げて、認知症を予防します。
主に認知症の場合は血管がスムーズに流れておらず、血行不良や血液が十分でない事によって起こるのです。

そのため、葉酸を摂取すると脳まで、血流が循環して血管がスムーズになります。
そして、ホモシステインがなくなっていきます。

葉酸を摂取する事で、脳の神経細胞を活発にして認知症を予防出来るというわけです。

葉酸不足や欠乏はうつや認知症に繋がりやすい

葉酸不足・欠乏はうつや認知症に繋がりやすい

葉酸が不足したり欠乏する事によって、貧血や体の冷えなど様々な症状が現れます。
中でも、葉酸不足によって「ホモシステイン」の代謝が滞ると、認知症などのリスクが上がると言われているのです。

また、葉酸の欠乏によって引き起こされる「巨赤芽球性貧血」の症状には、うつ症状が挙げられます。
葉酸は脳の神経伝達に関わっているため、不足すると精神的な面に影響が出る事があるのです。

認知症予防に効果的な葉酸はですが、不足すると反対に認知症に繋がりやすいと言えるでしょう。

葉酸はビタミンB12と一緒に働き認知症を予防する

葉酸はビタミンB12と一緒に働き認知症を予防する

認知症に原因の一つに、「脳の毛細血管の血行不良」が挙げられます。
葉酸とビタミンB12は、一緒に働く事で血液を作り出す栄養素。

血液が十分に作られると、全身の血行が良くなります。
自ずと、脳に運ばれる血液も増えるのです。

葉酸とビタミンB12を一緒に摂る事で、脳の血行不良が原因で起こる認知症の予防に効果的と言えるでしょう。

認知症予防には葉酸サプリから摂ろう

葉酸を食事から摂取しようとすると、ビタミンAの過剰症が起きやすくなります。
また、食事から十分な摂取をするのは吸収率が50%程度しかないのです。

そのため、吸収力が90%程度ある葉酸サプリを利用するのをオススメします。
サプリメントの場合は、しっかりと400μgが配合されている事も多く、葉酸以外のビタミンB群も含まれているのがメリットです。

例えば、ビタミンB6やビタミンB12がある場合は、認知症に繋がるとされるホモシステイン値の低下が相乗効果的に期待出来ます。

厚労省が推奨する認知症予防のための葉酸摂取量

厚労省が推奨する認知症予防のための葉酸摂取量

認知症の発症リスクを低下させるためには、アメリカやイギリスなどでは、葉酸の摂取が推奨されています。
1日に最大で800μgは摂取した方が良いとされており、最低でも400μgの摂取量は必須と言われています。

日本では、サプリからは400μgを確保して、葉酸が多く含まれる食事を意識して摂取する事を推奨されています。
つまり、食事とサプリを合わせて、1日800μgの葉酸を補給する事です。

特に高齢者の場合は、胃の機能低下によって少量の葉酸では、栄養を十分に取り込む事が難しいと言えます。
そのため、多めに摂取した方が良いとされています。

若年性認知症の発症年齢は18歳からですから、なるべく早めの摂取で対策を摂っていきましょう。

葉酸と認知症のまとめ

葉酸と認知症のまとめ

葉酸サプリと言えば、妊活中や妊娠中の人が飲む専用サプリというイメージがあります。
しかし、葉酸の持つ造血作用や抗酸化作用は、認知症の予防にも効果的なのです。

加齢と共に体内に活性酸素が増えて脳へ血液がしっかり回らなくなります。
しかし、葉酸サプリによって、血管をスムーズにして認知症を予防出来ます。

葉酸は、緑黄色野菜にも多く含まれています。
しかし、吸収率や効率的な面を考えると、葉酸サプリを摂取した方がしっかり体内に吸収出来るのでオススメです。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

【2018年度版!口コミで人気の葉酸サプリ総合ランキング3選】
妊活、妊娠中に厚生労働省もオススメする葉酸サプリのランキングを掲載しています。葉酸サプリを選ぶ際の参考にしてください。
  1. ベルタ葉酸

    ベルタ葉酸
    【ベルタ葉酸のポイント】
    ・厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
    ・葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
    ・無添加・製造チェックを徹底(GMP)
    ・出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
    ・美容成分6種類を配合
    ・売り上げ第1位
    >>ベルタ葉酸の口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  2. 価格 初回限定3,980円
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
    ・サポート体制あり
  3. ララリパブリック

    ララリパブリック
    【ララリパブリックのポイント】
    ・厚生労働省推奨の葉酸400μg配合
    ・葉酸の他、妊娠中に必要な栄養素を配合
    ・国産野菜ミックスパウダー配合
    ・GMP工場にて製造
    ・成分や製造が開示されている
    ・美容成分も配合
    >>ララリパブリックの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  4. 価格 2,980円(定期コース限定)
    特典 ・送料無料
    ・定期購入あり
  5. プレミン

    プレミンの記事下
    【プレミンのポイント】
    ・厚生省推奨の葉酸400μgを配合
    ・時期毎に必要な栄養を摂取可能
    ・全成分の含有量、原産国を開示
    ・GMP認定よりも厳しい工場にて製造
    ・定期コースの縛りが一切ない
    ・男性用もあり夫婦で飲める
    >>プレミンの口コミ・評判を見てみる。
    >>公式サイトを見てみる。
  6. 価格 3,580円(定期コース初回)
    特典 ・送料無料
    ・初回全額返金保証
    ・サポート体制あり