安産と葉酸

安産とは、母体と赤ちゃんが健康な状態で、無事に出産出来る事です。
分娩(陣痛)の時間が短い出産や痛みが少ない出産が安産と思われる方も多いのですが、必ずしもそうではありません。

母体や赤ちゃんの健康に問題があれば、安産とは言えないのです。
ただし、出産中の痛みが時間が気になるのも当然と言えます。

なるべく痛みが少なく出産するためにも、安産に向けて今から出来る事を対策していきましょう。
妊娠中にとても大切な栄養素と言われている葉酸は、安産のためにも非常に有効だと言われています。

では、実際に葉酸を摂取していれば、安産出来るのでしょうか?
そこで今回は、葉酸と安産との関係について見ていきたいと思います。

妊娠中に葉酸を摂取すると安産になる?

妊娠中の女性にとって、葉酸は重要な栄養素です。
特に妊娠初期には、葉酸を摂取するように勧められています。

母子手帳などにも葉酸摂取を推奨する記述があります。
妊娠が分かったら、葉酸サプリなどで積極的に摂取していきたい栄養素です。

妊娠初期は、細胞分裂が特に活発な時期となっています。
そのため、葉酸の摂取によって、先天性の障害リスク性を減らす事が出来ます。

そして、妊娠5ヶ月頃の安定期になっても、葉酸は引き続き必要です。
妊娠12週を過ぎても、お腹の中の赤ちゃんはどんどん成長を続けていきます。

赤ちゃんが成長は、葉酸によって細胞分裂が正常に行われるのです。
そして、妊娠中期からは体がだんだんと出産に向けて準備を始めます。

出産のために体が血液を作る必要があります。
赤ちゃんの成長も加速していくために、栄養を運ぶ血液がどんどん必要になってきます。

妊娠中期以降には、安産に向けて継続的に葉酸を積極的に摂取していきましょう。

安産するための葉酸の摂取方法は?

安産するための葉酸の摂取方法

厚生労働省は、妊活中または妊娠中の方は神経管閉鎖障害の発症率を下げて、安産するために葉酸の摂取を推奨しています。
妊娠中に必要な1日に必要な葉酸セツ量は400μgとされています。

特に妊娠1ヶ月前と妊娠3ヶ月までは毎日400μgの葉酸を、食事以外のサプリで摂取するように厚生労働省が推奨しています。
妊娠中期と後期は480μgが必要量となります。

葉酸サプリは、この推奨量である400μgが考えられて配合されています。
そのため、正しく飲んでいれば、不足したり、飲み過ぎる心配もありません。

葉酸サプリは飲めば飲むほど良いものではなく、適切な量を守る事で安産の対策になります。
葉酸摂取上限量は1日当たり1000μgと定められていますので、過剰摂取には注意しましょう。

安産のための葉酸はサプリから摂ろう!

栄養素は、一般的にはサプリよりも食事中の野菜などから摂った方が良いとされています。
しかし、葉酸は水溶性のビタミンなので、食品に含まれる葉酸は、調理中に水や熱によって栄養素が溶け出してしまうデメリットがあります。

さらに、食品に含まれる葉酸は、体の中へ50%しか吸収されないという点もあります。
あまり効率的には、取り入れられないのです。

そのため、緑黄色野菜を多く食べたりしても、食事からではどのくらい葉酸を摂取出来たのか正確には分からないのです。
実際に、食物含有量よりはるかに少ない量の葉酸しか摂取出来ていないでしょう。

そういった点からも、厚生労働省は身体への吸収率が90%以上あるサプリからの葉酸を摂る事を推奨しています。
葉酸サプリは、毎日確実に、必要な葉酸量を摂取する事の出来るからです。

妊娠中の方は、葉酸サプリを摂る事で胎児の障害リスクを下げて、安産の対策になります。

安産に向けて葉酸以外に気を付ける事は?

安産に向けて葉酸以外に気を付ける事

安産のために葉酸を摂取する以外にしておく事は、日頃から呼吸法を練習しておくと良いでしょう。
出産の際、あまりに陣痛がひどいと息を止めてしまう事があります。

しかし、ママが息を止めると、お腹の赤ちゃんに酸素が送られなくなり、赤ちゃんが苦しんだり、なかなか出てこれなくなるのです。
そこで、毎日の呼吸のリズムを練習しておくと、陣痛が来てもリラックスして分娩に備える事が出来ます。

また、適度な運動、ウオーキング、ストレッチをするのも効果的です。
安産において重要な股関節の柔軟性を高められるストレッチも役立ちます。

そして、妊娠するとどうしても体重が増加してしまいます。
しかし、あまり体重が増え過ぎると、産道に脂肪が付き、赤ちゃんの通り道が狭くなってしまいます。

また、子宮収縮も鈍くなり、陣痛が起こりにくくなる傾向があります。
そのため、安産のために、適度な体重コントロールを心がけましょう。

安産のために必要な葉酸以外の栄養素とは?

葉酸は一番重要な栄養成分でありますが、安産のためには葉酸以外にも栄養素を摂取しなければなりません。
妊娠中の鉄分は、ヘモグロビンを生成するために必要な栄養素です。

血液は、身体の隅々まで酸素を送るヘモグロビンが働いています。
母体はお腹の中の赤ちゃんにも酸素を送るので、鉄分不足には必要不可欠です。

もし母体が鉄分が不足すると、貧血になる可能性があります。
そして、ビタミンB6は、つわりを和らげる効果があると言われています。

また、ビタミンB6は赤血球の生成に関わり、鉄分と一緒に摂る事で相乗効果が期待出来ます。
例えばカルシウムは、赤ちゃんの骨を形成する際に必要です。

母体がカルシウム不足になってしまいますので、骨粗しょう症になる恐れがあるので積極的に摂っていきましょう。

葉酸と安産のまとめ

葉酸と安産のまとめ

妊娠中は葉酸はもちろんの事、その他の鉄分やカルシウムも妊娠中に大変重要な栄養素です。
葉酸をサプリを選ぶ際には、安産に向けて、鉄分やカルシウムも含まれているものがオススメと言えます。

妊婦さん向けに作られていない葉酸サプリでは、鉄やカルシウムが入っておらず、単体のものが多いので、原材料をよくチェックしましょう。
元気な赤ちゃんを産むためには、葉酸の摂取、適度な運動、体重コントロールなど、今から出来る事をしていく事が大切です。

健康的なマタニティライフを送って、安産出来る事を祈っています。

当サイトでは、管理人も実際に利用した葉酸サプリを紹介しています。
葉酸サプリを検討している方は、参考にしてください。

●管理人も利用した安全でオススメの葉酸サプリです

数ある葉酸サプリの中でも、利用者トップの商品となっています。 出産経験のある社員スタッフによる継続的なサポートもありますので、安心して利用する事が出来ます。

“ベルタ葉酸”
【ベルタ葉酸が選ばれる理由】
  • 厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合
  • 葉酸以外の栄養素もバランス良く配合
  • 無添加・製造チェックを徹底(GMP)
  • 売上、人気度、満足度はトップ
  • 出産経験のあるベルタ社員が無料サポート
  • 美容成分6種類を配合
  • 飲みやすい形、大きさを徹底追及でつわりでも安心

>>管理人も利用した葉酸サプリを見てみる。